マツダ招待サッカー大会



サッカー少年たちが熱戦を繰り広げた

 「第37回マツダ招待サッカー大会」(市サッカー協会主催)が18日〜19日、浜方の市陸上競技場などで開催。市内外から過去最多の36チームが参加し、12歳以下のサッカー少年たちが熱戦を繰り広げた。
 決勝戦は、下関市同士の対決となり、ミレニオ・アスレティッククラブがセイザンフットボールクラブU―12を2―0で下し初の総合優勝を決めた。ミレニオの主将で、宇部・厚南小..
続きを読む
2018年08月20日(月) No.4162 (未分類)

佐波川で恒例の灯ろう流し



ほのかな明かりを揺らめかせながら流れていく灯ろう=16日午後7時15分ごろ

 盆明けの16日夕刻、本橋たもとの佐波川河川敷で、恒例の灯ろう流しがあり、先祖の霊を送り出そうと集まった大勢の市民たちが、ろうそくの火のともった灯ろうを水面に浮かべていった。
 防府市仏教団(八木靜也団長)の主催で半世紀以上にわたり、毎年この日に開催している。今年も5宗派、27の寺が参加。午後に約1カ月ぶりとなるまとま..
続きを読む
2018年08月17日(金) No.4161 (未分類)

護国神社で追悼慰霊祭



参加者が全員で戦没者に黙とうした

 終戦から73回目の夏を迎えた。市内出身の戦没者をまつる桑山1丁目の市護国神社(齋藤周子宮司)で12日、追悼慰霊祭が行われ、約30人が国のために命を落とした英霊に哀悼の意を表した。
 参加者全員で黙とうをした後、主催する市護国神社奉賛会の小松宗介会長は「戦後は価値観の多様化が進んでいるが、忘れてはならないのは今日の発展はご英霊のたまものということ。安らかに静..
続きを読む
2018年08月16日(木) No.4160 (未分類)

Yamakatsuが市長訪問 来月開幕「まち博」元気にPR



Yamakatsuのメンバーらが市長室を訪問した

 市内各所で多彩な体験イベントが用意された「ほうふ 幸せます まち博」のPRで活躍するアイドル「Yamakatsu」(旧山口活性学園)の5人が7日、市役所の池田豊市長を表敬訪問した。5人はイベントの開催内容などを報告し、池田市長は「持ち前の元気を発揮していただいて、防府を盛り上げて」とエールを送った。
 まち博は市の明治維新150年記念..
続きを読む
2018年08月10日(金) No.4159 (未分類)

第26回防府ひょうたん祭り



力作を出展した受賞者たち

 第26回「防府ひょうたん祭り」が松崎町のまちの駅うめてらすで、4〜6日に開かれた。県内のひょうたん愛好家らでつくる「山瓢の会」(全日本愛瓢会山口支部・田中幹夫会長・30人)の主催。
 同会のメンバーが集まり、さまざまなひょうたん作品の展示が行われた。6日には品評会と「山瓢の会」の総会も行われた。
 品評会では出展作品の審査が行われ、最優秀賞、部門別優秀賞などの..
続きを読む
2018年08月09日(木) No.4158 (未分類)

炎天下で咲くサルスベリ



元気に花が咲いたサルスベリ

 国分寺町の周防国分寺(福山智大住職)で、サルスベリが赤や白の花びらを咲かせ始めた。炎天下が続き少し遅れ気味の開花で、6日現在で3〜4分咲き程度。満開は8月中旬ごろという。
 市などが支援して平成17年に植樹した。本尊薬師如来の花とされ、福山住職は「この夏の暑い時期、一生懸命に美しく咲くサルスベリの花を見て、元気になってもらえれば」としている。
2018年08月08日(水) No.4157 (未分類)

地域で介護予防・生活支援のすすめ



「やまぐち元気アップ体操」を参加者が楽しんだ

介護予防や生活支援を地域で行っている体験談を紹介する「市民フォーラム」が5日、デザインプラザHOFU(八王子2丁目)で開催。約150人が参加し、高齢者支援「お助け隊」を組織した自治会の話を聞いたり、介護予防に効果のある「やまぐち元気アップ体操」を体験した。
 まず基調講演で、市職員が間近に迫る超高齢社会に対応するため、「高齢者が支え合う地域..
続きを読む
2018年08月07日(火) No.4156 (未分類)

防府天満宮の花火大会



音楽やレーザー光線に合わせてさまざまな花火が打ち上がった

 防府天満宮(鈴木宏明宮司)「御誕辰祭」のフィナーレを飾る恒例の花火大会が、5日夜に開催された。境内を埋め尽くす大勢の人でにぎわう中、約4千発の花火が盛大に打ち上がった。(4面に関連記事)
 夏の名曲「夏祭り」などの音楽やレーザー光線を使った演出が特徴で、大小さまざまな花火とともに防府の夜空を彩ると、大きな歓声があちこちから上が..
続きを読む
2018年08月06日(月) No.4155 (未分類)

戦争の悲惨さ学ぶ



戦争体験を語る青木さん

 市文化福祉会館(緑町1丁目)で7月28日に、夏季学ぼうやセミナー「戦争体験語り部会」が開かれた。講師は戦争体験語り部会理事長の青木岩夫さん。
 青木さんの父の出征場面や学校の運動場を畑にしての食糧確保、広島・長崎への原爆投下、天皇陛下の玉音放送などについて話があった。
 山口子ども文化研究会による紙芝居「人間魚雷回天」の上演や原爆写真展も同時に開かれた。
2018年08月03日(金) No.4154 (未分類)

自動車産業の技術革新を学ぶ



マツダの今後の自動車作りを説明する工藤執行役員

 自動走行や電気自動車(EV)といった自動車産業の技術革新に対応するため、県などでつくる県自動車産業の構造改革に向けた研究会実行委員会は7月30日、ルルサス防府(栄町1丁目)でキックオフセミナーを開催。市内外の部品・素材メーカーや販売会社などから約150人が出席し、最先端の技術と構造変化への現状と課題を学んだ。
 経済産業省自動車課の眞柳秀..
続きを読む
2018年08月02日(木) No.4153 (未分類)

お寺企画の「サマースクール」



明照寺(佐野)の開会式で手を合わせる児童

 自然とふれ合いながら仏の教えを学ぶ「お寺に触れる。サマースクール」(主催=浄土真宗本願寺派防府組)が7月25日に開かれた。市内の小学生21人と中学生1人の計22人が参加し、美祢市の秋吉台でバーベキューなどを楽しんだ。子供たちに仏の心を持ってほしいとの思いで始まり、今年で12回目。
 開会式が佐野の明照寺で開かれた。住職らから焼香の作法やお経の読み方な..
続きを読む
2018年08月01日(水) No.4152 (未分類)