マツダ中島さん創意工夫功労で文科相表彰



村岡知事(左)から中島さんに表彰状が手渡された

 県庁で19日に「創意工夫功労者賞」の伝達式があり、村岡嗣政知事が県内の技術者8人に文部科学相からの表彰状を手渡した。文科省が「科学技術週間」(16〜22日)に合わせて、鉱工業や農林水産業などで技術向上に取り組んだ人らを表彰するもので、今年度は全国で971人が選ばれた。
 防府市からは、マツダ防府工場の中関地区で班長を務める中島健太郎さん(42)..
続きを読む
2018年04月23日(月) No.4078 (未分類)

県立農大に促進センター



左・移住就農促進センターの看板を除幕する村岡知事(右から2人目)ら
右・新規就農サポーターズの紹介もあった開所式

 県外からの新規就農者を増やそうと、県立農業大学校(牟礼)に整備が進められていた農業体験・研修施設が完成した。「やまぐち移住就農促進センター」と命名。3月から約1年間、県内での就農に向けて実習を行う県の担い手養成研修に参加する20〜60代の約20人が使うほか、首都圏在住者などをタ..
続きを読む
2018年04月20日(金) No.4077 (未分類)

「新国富指標」学ぶ



「新国富指標」について説明をする馬奈木氏

 地域の自然や住民の健康などを「資本」と位置づけて数値化し、富や豊かさを測る「新国富指標」を用いたまちづくりの在り方を学ぶ会が17日、市役所であり、県や周辺市を含む行政関係者ら約80人が参加。地域の価値を測る新たな指標として注目されていることもあり、熱心に耳を傾けていた。
 同指標は、森林・農地・水産物といった自然資本、住民の教育や健康といった人的..
続きを読む
2018年04月19日(木) No.4076 (未分類)

佐波川の「かわまちづくり」整備範囲を拡大へ



整備計画が進められている佐波川(本橋付近)

 防府市と国土交通省が協力して進めている佐波川周辺の整備計画「新橋地区かわまちづくり」。新たに玉祖と華城、古祖原の3地区を追加し、整備範囲を拡大する。散策やサイクリング、各種スポーツ、イベント、学習の場としての範囲を広げ、利用促進を目指す。
 平成26年に登録された当初の整備対象は新橋・本橋、高井地区など。これまでに新橋付近から上流の人丸橋付近..
続きを読む
2018年04月18日(水) No.4075 (未分類)

5回目の「防府さかな祭り」



子どもたちが夢中になって魚のつかみ取りに挑戦した

 新築地町の県漁協防府地方卸売市場と、隣接する道の駅・潮彩市場防府で15日、5回目となる「防府さかな祭り」(県漁協吉佐支店など4団体でつくる実行委主催)が開かれた。近海でとれた新鮮な魚介類の販売や魚のつかみ取りなど多彩な催しが展開され、家族連れらで終日にぎわった。
 小3生以下を対象にした魚のつかみ取りでは、600匹以上の魚を特設プールに..
続きを読む
2018年04月17日(火) No.4074 (未分類)

総合型地域スポーツクラブ発足



総合型スポーツクラブ防府の設立総会であいさつする坪郷会長

 幅広い世代が、求めるレベルに応じて多様なスポーツを楽しむことができる総合型地域スポーツクラブが15日、市内で発足した。運動を身近に感じてもらおうと、国が進める事業の一環で、県内では50クラブ目となり、今回の設立で全19市町で出そろった。
 設立されたのは「総合型スポーツクラブ防府」。この日、約70人が集まって設立総会が市文化福祉会館(..
続きを読む
2018年04月16日(月) No.4073 (未分類)

市内32店舗でスタンプラリー 女性たちが協力し新企画



スタンプラリーをPRする青木さん(左)と吉本さん

 市内で店舗などを営む女性らによる新企画「防府deスタンプラリー」が10日から始まった。エステサロンや美容室、洋服販売など32の参加店舗でスタンプを集めるとさまざまな景品が当たる。10月31日(水)まで。
 各店舗で1千円以上の利用をするとスタンプを押せる。スタンプは店ごとの特徴がデザインされ、集めればそれぞれの個性も楽しめる。
 5個を集め..
続きを読む
2018年04月13日(金) No.4072 (未分類)

航空自衛隊 南・北基地で入隊式



【左】パイロットを目指す68人が入隊した
【右】南基地は763人が入隊した

 市内にある航空自衛隊の南北両基地で入隊式があり、おろしたての制服に身を包んだ隊員たちが新たな門出を迎えた。

 北基地(基地司令=山頭彰1等空佐)で9日、第73期航空学生の入隊式が開かれた。競争倍率約31倍の難関を乗り越えた全国の18〜21歳の68人(うち女性5人)が入隊し、パイロットの道への大きな一歩を踏み出した。..
続きを読む
2018年04月12日(木) No.4071 (未分類)

大崎の玉祖神社で玉の祭



古眼鏡に火をつける神職

 大崎の玉祖神社(氷室亘宮司・吉野尊次郎禰宜)で8日、春の大祭「玉の祭」が行われた。古眼鏡たき上げ神事や占手神事、日本鶏展覧会などが行われた。
 同神社の祭神は三種の神器の一つの八坂瓊勾玉(やさかにのまがたま)を造った玉祖命。「玉の祭」は同神社がこの祭神に因んで全国で唯一の眼鏡・時計・宝飾業界などのための神社とされることから、業界の発展と玉の精神に則って円満開運..
続きを読む
2018年04月11日(水) No.4070 (未分類)

老松神社の神職が交代 齋藤周子さん宮司に



老松神社などの宮司となった齋藤さん

 お茶屋町の老松神社の宮司が交代し、齋藤周子(ちかこ)さん(47)が跡を継いだ。齋藤宮司は「宮司としての重責を感じる日々だが、神様に奉仕するという初心を忘れず、これからも続けていきたい」と決意を語った。
 1月14日、神社本庁から正式に任命され、県内で21人目、市内では唯一の女性宮司となった。老松神社のほか、妙見神社(車塚)や護国神社(桑山)、厳島神社(松..
続きを読む
2018年04月10日(火) No.4069 (未分類)

天神山の酒垂神社 天満宮参道横へ移築



関係者が神事を執り行って移設を完了させた

 防府天満宮北側の天神山にある「酒垂神社」が、天満宮茶室芳松庵南側の表参道に移築された。8日に遷座祭と毎年の例祭が移設先で行われ、神事のほか日本酒やぜんざいの振る舞いなどもあり、多くの参拝客でにぎわった。
 同神社の歴史は、鎌倉時代の1195年にまでさかのぼる。奈良・東大寺の再建に取り組んだ僧・重源(1121〜1206年)が、その成功に感謝して..
続きを読む
2018年04月09日(月) No.4068 (未分類)

米国モンロー市へ 市民訪問団を派遣



モンロー市に派遣される市民訪問団

 米国モンロー市との姉妹都市提携締結25周年を記念して、防府市は、市民35人で構成する市民訪問団をモンロー市に派遣する。5日、市役所で団結式が開かれ、団長を務める杉山一茂教育長が「市とモンロー市の交流が深まるよう、楽しく親睦を深めていきたい」とあいさつした。この規模の派遣団は、両市の交流事業で過去最大という。
 派遣期間は21日(土)〜27日(金)の5泊7日。..
続きを読む
2018年04月06日(金) No.4067 (未分類)

障害者の雇用促進に向けて 市と商工会議所が連携へ



協定書を手にする松浦市長(右)と喜多村会頭

 市と防府商工会議所は4日、障害者の雇用の促進で連携するための協定を結んだ。障害者の実習受け入れ企業の拡大や助成金制度の説明会などを実施し、障害者が働きやすい環境作りを協力して進める。
 4月から民間企業の義務である障害者雇用の割合が2・2%に引き上げられる法改正を受けたもの。市によると、自治体と商工会議所が障害者雇用に関する協定を結ぶのは県..
続きを読む
2018年04月05日(木) No.4066 (未分類)

台道の岩淵山観音寺秘仏御開帳



7年ぶりに公開された秘仏

 台道の岩淵山観音寺(森江裕孝住職)で1日、7年に1度の「秘仏御開帳」が行われ多くの参拝者が訪れた。
 岩淵観音は弘法大師開創と伝わる子安観音奉安の霊場として古くから信仰され、室町時代には大内弘世公勧請の周防三十三観音霊場第二十六番札所として栄えた。現在も安産・子育て・子宝祈願のお寺として親しまれている。
 8時から行われた法要で、山の観音堂に安置されている..
続きを読む
2018年04月04日(水) No.4065 (未分類)

36人が市役所の仲間に



新規職員の代表が服務の宣誓を行った

 市役所の入所式が2日に開かれ、新規採用職員となった18歳から42歳までの36人(男性20人、女性16人)に、松浦正人市長が辞令を手渡した。市幹部らも出席し、新規職員らとお互いに自己紹介を行った。
 松浦市長は「市をより素晴らしい都市にしていく一員として、市民目線の市政に心がけてほしい」と激励。新規職員を代表して岡藤光洋さんが「全体の奉仕者として、誠実かつ公正..
続きを読む
2018年04月03日(火) No.4064 (未分類)

2基目のガントリークレーン



三田尻中関港で供用を開始した2基目のガントリークレーン

 県が三田尻中関港で整備を進めていた2基目のガントリークレーンが完成し、1日から供用が開始された。自動車部品などコンテナ貨物の旺盛な需要に対応。作業の効率化や20フィートコンテナ換算で年間約6万個の取扱量の増加などに期待がかかる。
 同クレーンは、レール上を横へ移動しながらコンテナを船に積み下ろしする。高さは最大で60叩長さは69叩..
続きを読む
2018年04月02日(月) No.4063 (未分類)