阿弥陀寺で防火訓練



左・消防署員らが裏山に向かって放水
中・地域の人らがバケツリレー
右・子供も水消火器を体験

 牟礼の東大寺別院阿弥陀寺(林寛孝住職)で21日、防火訓練が行われた。檀家による阿弥陀寺自衛消防隊、坂本自治会、市消防署から約50人が参加し、ポンプによる消火活動やバケツリレーに取り組んだ。
 訓練は文化財防火デー(1月26日)を前に、昭和41年からほぼ毎年実施されている。
 この日は、本堂西の裏..
続きを読む
2018年01月23日(火) No.4010 (未分類)

春日神社で「大寒みそぎ」



冷水の中で手を合わせる参加者たち=20日早朝

 牟礼の春日神社(佐伯博祥宮司)で20日、冷水に入って無病息災を願う「大寒みそぎ」が行われた。早朝の6時半、8歳から82歳までの115人(女性16人)が参加。男性はふんどし姿、女性は白装束姿で冷水に入り、手を合わせた。
 当日の気温は4・2度、水温は12度。参加者らは、佐伯宮司とともに境内を走り、かけ声や腹式呼吸、みそぎの歌を歌って体を温めた。その後..
続きを読む
2018年01月22日(月) No.4009 (未分類)

誠英高で一般入試



緊張感に包まれた教室内で試験開始を待つ受験生

 高校生の受験シーズンが幕を開けた。市内の高校のトップを切って、誠英高(東三田尻、降矢順治校長、691人)で18日に一般入試が実施された。市内11校、市外・県外40校の計51校から受験生が集まった。
 この日は8時半ごろから受験生が続々と同校内の会場に入り、9時10分から試験が始まった。午前は国語、数学、英語を行った後、午後は普通科特別進学コースで社..
続きを読む
2018年01月19日(金) No.4008 (未分類)

赤絵付けの「西浦焼」並ぶ



約130点の西浦焼が並んだ

 桑山の市文化財郷土資料館で企画展「西浦焼三代の美―美しき技と色の世界―」が開かれている。江戸末期に西浦で3代続いた焼物で、独特の赤絵が映える大鉢などを中心に約130点が並ぶ。3月11日(日)まで。
 西浦焼は、江戸末期に西浦の庄屋に招かれた萩の陶工・吉田土作が萩焼をベースとして始めた。以後、昭和7年まで3代にわたって西浦で製作。土やデザインなどさまざまな創意..
続きを読む
2018年01月18日(木) No.4007 (未分類)

スポーツ少年団交流駅伝


一斉にスタートする45チームのランナーたち

 第17回市スポーツ少年団交流駅伝競走大会が14日、市スポーツセンター陸上競技場(浜方)を発着点とする古浜地区周回コースで開催された。
 6区間12・8キロ(1区2・3キロ、2〜6区2・1キロ)に男女合わせて45チームが参加し、熱い走りを見せた。
  ◇  ◇  ◇
 上位の結果は、次の通り。(敬称略)
 【男子】高学年の部…|羇悒汽奪ー=49分19秒..
続きを読む
2018年01月17日(水) No.4006 (未分類)

まち博フォーラムに110人 プレ開催の参加率76%



プログラムの実施者が感想や課題を話し合った

 昨秋にプレ開催された「ほうふ幸せますまち博」の成果と課題を検証し、今秋の成功につなげるフォーラム(市などでつくる市観光資源活性化協議会主催)が13日、栄町1丁目のルルサス防府多目的ホールで開かれた。主催者から、51日間で実施した21の体験型プログラムに計390人(イベント系の参加者は除く)が参加し、参加率は約76%で約6割が防府市民だったことなどが報..
続きを読む
2018年01月16日(火) No.4005 (未分類)

56回目の国衙どんど焼き



正月飾りなどに火を入れる

 今年で56回目となる国衙子ども会主催の「国衙どんど焼き」が13日、周防国衙跡(国衙3丁目)で開かれた。時折、小雪が舞う極寒の中、地域住民らが持ち寄った正月飾りなどを燃やし、1年の平穏と無病息災などを願った。
 国衙町内会長の笹井節子さんたちのあいさつに続き、佐波神社の田中和実宮司らによる神事が執り行われた。松崎小6年上川高之介君と松尾希歩さんが「地区の行事にすす..
続きを読む
2018年01月15日(月) No.4004 (未分類)

鞠生幼稚園児が防犯訓練



防府署員が身を守る方法を園児らに教えた

 防府署は10日の「110番の日」に合わせて、華浦の鞠生幼稚園(香川敬園長)で不審者侵入や声かけに備える「110番教室」を開催した。園児たちに110番通報の方法を指導し、不審者対応訓練などを実施した。パトカー見学もあった。
 年中・年長の園児約140人が参加。訓練では不審者に扮した関係者が教室に登場、110番通報を行って園児たちが服の色や帽子などと..
続きを読む
2018年01月12日(金) No.4003 (未分類)

市内一周駅伝兼貞永杯中学校駅伝



K’S倶楽部が独走し、赤星選手がゴールテープを切った

 新春恒例の「第75回市内一周駅伝兼第20回貞永杯中学校駅伝」が7日、浜方の市陸上競技場をスタート地点として開催された。一般男女、中学校男女の計4部に123チームが参加し、健脚を競った。
 男子一般・高校の部(6区間33・7キロ、ゴール=陸上競技場)は88チームが出場し、K’S倶楽部が1時間48分26秒の好記録で優勝を決めた。2位の高川学園高陸..
続きを読む
2018年01月11日(木) No.4002 (未分類)

安全願う「釿始式」



左・藤本社長らが奉仕した「釿始式」
中・新成人が矢を射る「弓始式」
右・参加した新成人と関係者ら

 防府天満宮(鈴木宏明宮司)で、年明けの恒例となっている2つの神事があった。「釿始式(ちょうのはじめしき)」は5日に執り行われ、建築業界の仕事始めとして、奉仕役の市内建設業者と神職らが、古式にのっとった儀式で今年1年の工事の安全を祈願した。
 江戸期の地誌「防長風土注進案」にも記述が残..
続きを読む
2018年01月10日(水) No.4001 (未分類)

第70回市成人式



左・式典会場の新成人
右・20歳の宣言を行った5人

 緑町1丁目の市公会堂で7日、第70回となる成人式が開かれた。今年のテーマは「新しい地図を一緒に描こう」。式は新成人を中心とした若者で構成する成人式実行委員会や誠英高茶道部、市赤十字奉仕団、青少年ボランティアの協力で行われた。今年は平成9年4月2日から平成10年4月1日までに生まれた男性647人、女性609人の合計1256人が対象。
 オ..
続きを読む
2018年01月09日(火) No.4000 (未分類)

青果物地方卸売市場で初競り



七草などが初競りにかけられた

 市公設青果物地方卸売市場(植松)で5日、市場関係者や来賓の松浦正人市長ら約50人が集まっての年賀式が開かれた。式の後には、防府青果の村上耕一社長の第一声により初競りが行われ、イチゴや七草などが競りにかけられた。
 この式は、年頭にあたり野菜・果実などの安定供給や市場の活性化に取り組む決意を新たにするため、市公設卸売市場協力会が主催して毎年開かれている。
..
続きを読む
2018年01月05日(金) No.3999 (未分類)

平成30年の幕開け 天満宮参拝者は47万人



さい銭を投げ、願い事をする参拝客=2日午後2時半、防府天満宮

 2018(平成30)年が幕を開けた。19年4月末で天皇陛下が退位されることに加え、平成も30年の節目を迎えるなど、大きな変化を迎える年となる。3が日の市内は好天に恵まれ、寒さも和らいだ穏やかな年明けとなった。
 県内最大の45万人が参拝すると予想された防府天満宮(鈴木宏明宮司)には、市内外から多くの初もうで客が訪れた。同天満宮によ..
続きを読む
2018年01月04日(木) No.3998 (未分類)

幸せますカレンダー 1月