牟礼の阿弥陀寺で「あじさい祭」



咲き始めたばかりのヤマアジサイ=5月30日午後2時ごろ

 境内に80種4千株のアジサイが植えられている阿弥陀寺(牟礼、林寛孝住職)で、6月1日(木)から30日(金)までの1カ月間、恒例の「あじさい祭」が開催される。5月30日現在、仁王門と本堂正面左側の池周辺の一部のヤマアジサイが咲き始めたばかりで、6月18日(日)の「花供養」のころには見ごろを迎えそうだ。
 同寺のアジサイは1975年ごろから植..
続きを読む
2017年05月31日(水) No.3840 (未分類)

幸せますカレンダー 6月


駐日セルビア大使秘書 長門ティヤナさん来防



(左)長門さん(右端)の指導でセルビア料理作りに挑戦する誠英高の生徒たち
(右)生徒たちが作ったセルビア料理。左手前から時計回りにチキンパプリカッシュ、ショープスカ・サラータ、ラファエロ、プロア


 2020年の東京五輪・パラリンピックで、市がバレーボールチームのホームタウンに登録されたセルビアの駐日大使館(東京)で大使秘書をしている長門ティヤナさん(40)が25〜26日の2日間、来防して..
続きを読む
2017年05月30日(火) No.3838 (未分類)

アニメ映画「マイマイ新子」が特別上映



舞台あいさつを行った片渕監督と蘯さん

 イオンシネマ防府(中央町・イオン防府店内)で27日、防府市を題材にしたアニメ映画「マイマイ新子と千年の魔法」が1回限定で上映された。上映後は同映画の片渕須直監督(56)と原作者の蘯のぶ子さん(71)の2人が登場し、舞台あいさつを行った。
 昨年11月に公開された片渕監督によるアニメ映画「この世界の片隅に」の大ヒットを受けてのご当地アンコール上映。片渕..
続きを読む
2017年05月29日(月) No.3837 (未分類)

三田尻病院がアペックスと協定



災害に対応するため新たに自販機が設置された(写真は左から小泉取締役、豊田院長)

 地域災害拠点病院に指定されている三田尻病院(お茶屋町)に、大規模災害に備えた「災害対応型自動販売機」が1台設置された。設置にあわせて同病院と、自動販売機の設置管理会社であるアペックス(東京都)およびアペックス西日本(大阪府)が災害時における協定を結び、25日に調印式が行われた。
 この自販機は紙カップに飲料..
続きを読む
2017年05月26日(金) No.3836 (未分類)

カネボウ跡のバイオマス発電所 6月着工に向けて安全祈願祭



左・安全祈願祭でくわ入れをする山本社長(左端)ら
中・バイオマス発電所の建設予定地
右・バイオマス発電所の完成予想図

 カネボウ防府工場跡地(鐘紡町)でバイオマス発電所の建設計画を進めている、産業ガス大手のエア・ウォーター(大阪市)と中国電力(広島市)が設立した「エア・ウォーター&エネルギア・パワー山口」(防府市鐘紡町)は24日、建設予定地で安全祈願祭を執り行った。6月中旬までに着工し..
続きを読む
2017年05月25日(木) No.3835 (未分類)

ツバメの巣に元気なヒナ鳥たち



巣から5羽の兄弟が顔を覗かせる

 防府天満宮の境内にある飲食店「さかたり」の軒先では、ことしも蛍光灯の上にツバメの巣が作られて、元気なヒナ鳥が顔を覗かせている。5羽の兄弟のようで、まだ産毛がほんの少し残っている。巣立ちは今月末頃だろうか。なお、隣の蛍光灯にもツバメの巣がある。
2017年05月24日(水) No.3834 (未分類)

桑山八幡宮で奴・長持行列



左・やり持ち役を務めた桑山中の野球部員たち
中・みこしを担ぐ野球部員ら
右・御旅所で執り行われた神事

 桑山八幡宮(桑山2丁目)で21日、御例大祭・御神幸祭の奴・長持行列があった。今年は、やり持ちやみこし担ぎに近隣の桑山中(野村浩之校長)野球部員10人が初参加。伝統の祭りを次世代へ受け継いでいこうという動きがみられた。
 中学生のほか、晒石奴長持保存会メンバーや地区住民ら約60人が参加。..
続きを読む
2017年05月23日(火) No.3833 (未分類)

空自北基地で航空祭



「F―16」の曲芸飛行を見学する人たち

 田島の航空自衛隊防府北基地(基地司令・山頭彰1等空佐)で21日、恒例の「防府航空祭」が開催され、市内外から多くの人が訪れ、展示飛行を楽しんだり、普段は見ることができない航空学生の教育現場を見学したりした。
 毎年多くの航空ファンらの期待が集まる展示飛行では、航空学生の訓練機「T―7」をはじめ、「ブルーインパルス」にも使われる「T―4」、空自の主力戦..
続きを読む
2017年05月22日(月) No.3832 (未分類)

ソラール新館長に松本浩さん就任



新しく館長に就任した松本さん(ソラールの太陽望遠鏡前)

 市青少年科学館ソラールの新館長に松本浩さん(53)が、4月1日付で就任した。松本館長はソラール開館当初から学芸員として勤務し、「叩き上げ」で館長職に上り詰めた。「県内唯一の科学館として、子供たちがしっかりと科学に興味を持てる場にしたい」と意気込みを語った。
 松本館長は防府市出身。牟礼小、国府中、防府西高、岡山理科大理学部卒。市内..
続きを読む
2017年05月19日(金) No.3831 (未分類)

開出で20日と21日にオープンガーデン バラ約100本の咲く庭で



色とりどりのバラが咲くくもん開出教室

 色とりどりのバラ約100本が並ぶくもん防府開出教室(開出本町3―23)の庭で20日(土)と21日(日)の10時〜16時にオープンガーデンが行われる。
 バラの世話をする田中達夫さんと田中あけみさんが、多くの人に見てもらおうと毎年この時期に開催するもので、5回目。
「バラをゆっくり楽しんでもらえたら」と田中さん。
 21日にはトールペイントのガーデニンググ..
続きを読む
2017年05月18日(木) No.3830 (未分類)

富海に市有三世代住宅を建設予定



市有三世代住宅建設が予定されている富海小中学校南側の敷地

 市は地域創生の取り組みの一つとして、富海地域をモデルに市有三世代住宅の建設を予定している。予定地は大字富海2698番地1および2701番1で、敷地面積は計2826平方叩建築棟数などは未定。すぐ北側には富海小中学校、東側には富海保育所が位置している。
 10月以降に建設工事と入居申し込みが始まり、来年3月に入居開始予定。建設され..
続きを読む
2017年05月17日(水) No.3829 (未分類)

防府天満宮で「金鮎祭」



国分寺の福山住職(左)から鈴木宮司に若鮎が手渡された

 6月1日(木)のアユ漁解禁を前に、防府天満宮で15日、恒例の「金鮎祭」が執り行われた。漁協関係者など約80人が参列。佐波川漁協が解禁前に特別に捕獲した体長約20センチの若アユ12尾を奉納し、ことしの豊漁と安全を祈願した。
 天満宮の祭神・菅原道真が昌泰4年(901)に防府へ立ち寄った際、世話になった礼として、周防国分寺で国司に「黄金の鮎」..
続きを読む
2017年05月16日(火) No.3828 (未分類)

第20回村田杯中学校サッカー



優勝した高川学園中

 第20回村田杯中学校サッカー大会(主催:市サッカー協会)が13・14日、浜方の市陸上競技場などで開催され、高川学園中が2年ぶり4回目の優勝を決めた。準優勝は桑山中、3位は周陽中(周南市)。
 防府市や山口市、周南市などから16チームが参加。決勝戦は、高川学園と桑山中の市内対決となった。高川学園が前半に猛攻を仕掛けて7得点を獲得。そのまま最後まで高川学園が集中力を切らさず戦..
続きを読む
2017年05月15日(月) No.3827 (未分類)

市スポーツ少年団本部総会



杉山本部長から表彰状を受ける河村さん(左)

 市内のスポーツ少年団を統括する市スポーツ少年団本部(本部長=杉山一茂教育長、事務局=文化・スポーツ課内)は11日、市役所で本年度総会を開催。長年にわたって市スポ少に貢献した新田ミニバス男子(団員数17人・継続登録年数16年)など2団体、協和剣道の指導者、河村勝彦さん(育成指導歴27年)など5個人を表彰した。
 総会には各団体の保護者や指導者ら約80人..
続きを読む
2017年05月12日(金) No.3826 (未分類)

中関幼稚園児が稚アユを放流



園児らが元気良く稚アユを放った

 6月1日のアユ漁解禁を前に、佐波川の人丸橋近くの河川敷で10日、中関幼稚園の年長園児59人が稚アユ約3500匹を放流した。園児に水資源の大切さを体験してもらおうと、佐波川漁協(清水玉夫組合長)などが20年前から続けている。
 水流沿いに並んだ園児たちは、約10センチの稚アユが数匹入ったバケツを手に持つと、漁協関係者らに支えられながら勢いよく稚アユを放った。最後..
続きを読む
2017年05月11日(木) No.3825 (未分類)

「幸せの鐘」をルルサスに設置



鐘を鳴らす上田さんと吉田さん

 防府商工高校機械科の生徒2人と地元企業が共同で、地元ブランド「幸せます」をイメージした「幸せの鐘」を完成させ、「幸せますスポット」となっているルルサス防府(栄町)の広場で生徒らが音色を響かせた。
 制作したのは機械科3年の上田将さん(18)と吉田樹さん(17)。地元企業と協力して実施する同高独自の学習制度によって、牟礼のアボンコーポレーションで昨年5月から約..
続きを読む
2017年05月10日(水) No.3824 (未分類)

東松崎町の「スマイルほうふ」でタペストリーの贈呈式



タペストリーを持つ金田社長と吉村駅長

 地域住民や来訪者が求める観光・地域情報を備え、人と人との出会いと交流を促進し、まちづくりの回遊拠点としての機能を有する施設として、市が認定する「幸せますステーション」の第1号となった周防国分寺前の「スマイルほうふ」(東松崎町)で6日、同ステーションのロゴ入りタペストリー(壁掛け)の贈呈式が行われた。
 同ステーションは、市観光資源活性化協議会(会..
続きを読む
2017年05月09日(火) No.3823 (未分類)

月輪寺薬師堂で20年ぶり本開帳



左・20年ぶりの本開帳となった「南無薬師瑠璃光如来」
中・川へ向けて運ばれる精霊船
右・仏面をつけた人との握手会もあった

 山口市徳地上村の月輪寺(中村棟俊住職)で5日、薬師堂の大祭が開かれた。20年ぶりに本尊の「南無薬師瑠璃光如来」の本開帳があり、秘仏を一目拝もうと多くの参拝者が訪れた。
 この薬師如来像は木造で、聖徳太子の作と伝えられ、特に目や耳の病に霊験あらたかとして、多くの人の..
続きを読む
2017年05月08日(月) No.3822 (未分類)

市庁舎建設の検討会終わる



玉祖地区で開かれた市庁舎建設の検討会

 4月1日から28日まで、市内16地域で市が実施した「市庁舎建設に関する検討会」が終了した。計659人が参加し、関心の高さがうかがえると同時に、現有地での建て替えを求める意見も多く出た。市は、検討会で集まった意見を5月末をめどに庁内で集約し、ホームページなどを通じて公開するとともに、3月に市議会が現有地での計画を策定することを求める付帯決議を全会一致で可..
続きを読む
2017年05月02日(火) No.3821 (未分類)

幸せますフェスタに7万人



おんなみこしがまちを盛り上げた(大鳥居前)

 ゴールデンウィーク初日となる4月29日、防府市では市街地を中心に「春の幸せますフェスタ」が開催された。快晴の下で「おんなみこし連合渡御」や「カレーフェス」などが催され、家族連れなど約7万人(主催者発表)がさまざまなイベントを楽しんだ。
 おんなみこし連合渡御では、市の天神おんな神輿をはじめ道後温泉まつり女神輿、山口祇園祭女神輿などのほか、一般..
続きを読む
2017年05月01日(月) No.3820 (未分類)