2月 幸せますカレンダー


阿弥陀寺で初不動



祈願者が納めた護摩木を炎に投じる林住職

 今年最初のお不動さま(大日如来の化身とされる仏)の縁日となる28日、牟礼の東大寺別院・阿弥陀寺で初不動が行われた。本堂の大護摩供養では、林寛孝住職が燃え上がる炎の中に祈願者の納めた護摩木を次々と投じて、今年の家内安全や交通安全、商売繁盛などを祈願した。
 この日は雨にも関わらずたくさんの参拝者が石段を上がって本堂を訪れており、両手を合わせて般若心..
続きを読む
2016年01月29日(金) No.3473 (未分類)

山口短大でワークショップ



話し合いをする大学生たち

 大学生に働く意味やワーク・ライフ・バランスについて考えてもらうワークショップ「聞こう語ろう『山口で働く』最前線」が27日、山口短大(台道)で開かれ、1年生約80人が参加した。
 県が本年度立ち上げた新規事業で、出産や育児などに伴う女性の長期キャリア形成や、社会に出る直前の大学生の不安を解消することなどを目的に実施。昨年7月の県立大(山口市)を皮切りに始まり、今回..
続きを読む
2016年01月28日(木) No.3472 (未分類)

市内の寺などで防災指導



文化財の防火対策などを確認する消防職員

 第62回文化財防火デーの26日、市消防本部は市内3か所で、文化財建造物等への立ち入り検査と防火・防災指導を行った。
 岩畠の極楽寺(小林正純住職)には、同本部予防課の職員2人と市文化財課職員1人の計3人が訪問。小林住職から建物の建て増しが行われていないかを聞いたり、消防設備の点検が定期的に行われているかを書類で確認。1981年に市の有形文化財に指定..
続きを読む
2016年01月27日(水) No.3471 (未分類)

地方創生の包括連携協定結ぶ 防府市と山口銀行らタッグ



福田頭取(左)と松浦市長(中央)と矢儀社長(右)が握手した

 地方創生に関わる様々な分野で協力するため、防府市と山口銀行、そのグループ子会社の蝪截唯藤如Γ擅錬裡泥廛薀鵐縫鵐阿裡骸圓25日、「地方創生に係る包括連携に関する協定」を結んだ。
 市役所で調印式があり、松浦正人市長、福田浩一頭取、矢儀一仁社長が協定書にサインし、今後の連携に向けて手を取り合った。防府市が同様の協定を金融機関と結..
続きを読む
2016年01月26日(火) No.3470 (未分類)

重要文化財消防訓練実施



一斉放水

 国分寺町の周防国分寺で24日、重要文化財消防訓練が雪の中行われた。周防国分寺では平成17年以来の訓練となった。
 重要文化財消防訓練は毎年1月26日の文化財防火デーに合わせて行われる訓練。文化財防火デーは昭和24年1月26日奈良法隆寺金堂の火災をきっかけに昭和30年に制定され、文化財を多く所蔵する寺社や施設で、全国的に文化財火災防ぎょ訓練が実施されている。
 既に牟礼の東大寺別院阿弥..
続きを読む
2016年01月25日(月) No.3469 (未分類)

高校生県議会を初開催



代表質問に立つ松原さん

 県議会本会議場で20日、第1回やまぐち高校生県議会が開催され、県内17校から推薦された47人の「議員」が村岡嗣政知事ら県執行部と県政の課題について議論を交わした。
 7月にも実施される参院選から選挙権が18歳以上に引き下げられるのを受け、政治に関心を持ってもらおうと初めて企画。議事進行は、実際の議会と同様に畑原基成議長が務め、村岡知事や各部長らが答弁に立った。
 生..
続きを読む
2016年01月22日(金) No.3468 (未分類)

春日神社の大寒みそぎ



「はらえどのおおかみ」と唱えながら心身清める

 牟礼の春日神社(佐伯博祥宮司)で大寒みそぎが執り行われ、21日の6時30分に今年の第1回目があった。この回には7歳から80歳までの101人(男性78人・女性23人)が参加。男性はふんどし姿になり、女性は白衣を着て冷水に入り身を清めた。
 みそぎは「身を削ぐ」ともいい、自分を厳しく鍛えることによって強く健全な心身を作るもの。
 同神社の大寒みそぎは..
続きを読む
2016年01月21日(木) No.3467 (未分類)

防府市のあちこちで雪化粧



【左】吹雪に見舞われる防府天満宮(19日9時40分・写真は吉野敦裕)
【右】石橋にも雪が積もった毛利氏庭園(19日10時)


 日本各地に雪が舞った19日、県内でもさまざまな影響が出るなか、山口市では10僂寮兩磴箸覆辰拭3僂寮兩磴あった防府市では、雪合戦をする元気な子供らが見られた。
 気象庁の発表によると、19日の防府市の平均気温は0・4度で、最高気温は1・8度、最低気温はマイナス0・6度..
続きを読む
2016年01月20日(水) No.3466 (未分類)

丸久が移動販売「いくまる号」をスタート



いくまる号のそばで田中社長(右)と松浦市長が笑顔

 高齢化が進み、遠くまで買い物に行けない「買い物弱者」が増加する中で、スーパーの丸久蠅18日、市内の富海・牟礼地区に商品を直接届ける移動販売車「いくまる号」の運行をスタートさせた。同社が移動販売に本格的に取り組むのは初めて。
 移動販売には専用の軽四トラックを運用する。取扱商品はその日に作った弁当、惣菜や加工食品のほかトイレットペーパー..
続きを読む
2016年01月19日(火) No.3465 (未分類)

阿弥陀寺で防火訓練



ホースで放水をする自衛消防隊

 牟礼の阿弥陀寺(林寛孝住職)で17日、文化財防火訓練が行われた。26日(火)の文化財防火デーに合わせて、1966年から毎年実施している。
 檀家でつくる阿弥陀寺自衛消防隊や地元の坂本自治会(米沢克巳会長)、市消防署から約50人が参加。昨年11月末に茅葺き屋根の修復工事が終わった仁王門(市有形文化財)東側の山林から出火したという想定で実施した。
 林住職らが「出..
続きを読む
2016年01月18日(月) No.3464 (未分類)

浜子うたを永く後世に伝えるため 保存会が恒例の唄い踊り初め



浜子うたの唄い踊り初めが行われた

 市指定無形民俗文化財の「浜子うた」を伝承する保存会(古谷昇会長)が12日、文化福祉会館で唄い踊り初め会を行った。会員や関係者約20人が出席し、伝承者らによる素朴な歌詞と力強いリズムが特徴の唄と合わせて、永田菅堂さんの尺八の音色とともに、花柳鶴千榮さんらの踊りも披露された。
 浜子うたは、かつて全国屈指の製塩地であった三田尻塩田で働く作業員(浜子)の労働歌..
続きを読む
2016年01月15日(金) No.3463 (未分類)

高齢消費者の見守りサポーター研修



市内の民生委員や福祉員など約80人が参加した

 高齢消費者を狙った悪質商法などの未然防止に向けて、地域見守り活動を行う民生委員らを対象とした研修会が13日、文化福祉会館で開催された。市内から約80人が参加。実情報告、関連法律、防止と見守り活動について、専門家3人による講演があり、民生委員らが被害の早期発見や相談窓口への誘導方法などを学んだ。市社会福祉協議会による地域福祉推進セミナーの一環。
..
続きを読む
2016年01月14日(木) No.3462 (未分類)

防府音楽祭「ニューイヤーコンサート2016」



交響曲を総勢200人あまりが会場に響かせた

 新春恒例の防府音楽祭「ニューイヤーコンサート2016」が8日から11日まで、市内各所で開かれた。
 最終日には市公会堂でファイナルコンサートがあり、県内各地から合唱約100人、オーケストラ約100人の総勢200人あまりが参加。ベートーベン作曲の交響曲第9番(歓喜の歌)を迫力ある歌声と演奏で披露した。同曲の1〜4楽章すべてを聞ける珍しい機会とな..
続きを読む
2016年01月13日(水) No.3461 (未分類)

第68回防府市成人式



左・「はたちの宣言」を行った5人(左から光安さん、堀内さん、大川さん、末吉さん、山下さん)
右・式に出席した新成人ら

 市公会堂で10日、第68回防府市成人式が開かれた。防府市の成人対象者は同日時点で1244人(男675・女569)で、式には757人(男337・女420)が出席。
 今回のテーマは「進撃の成人〜Follow your Dreams〜」。大きな壁にも立ち向かい、夢に向かって突..
続きを読む
2016年01月12日(火) No.3460 (未分類)

三田尻中関港に4年ぶり/クルーズ船「にっぽん丸」寄港



三田尻中関港に入港した「にっぽん丸」

 三田尻中関港に7日、乗客・乗員合わせて583人を乗せた国内クルーズ船「にっぽん丸」が寄港した。クルーズ船の県内寄港は、ことし初めて。同港へのクルーズ船の入港は、2012年以来4年ぶりとなる。
 にっぽん丸は日本国籍で商船三井客船(東京)の所有。総トン数2万2472邸∩環坑隠僑供Γ境叩定員524人。5日に神戸港を出港し、宮崎県日向市の細島港を経て..
続きを読む
2016年01月08日(金) No.3459 (未分類)

防府天満宮七草粥の会



七草粥をいただく参加者

 防府天満宮で七草粥の会が7日6時半から行われ約180人のお参りがあった。
 毎月1日の恒例行事として朔日詣朝粥会が行われているが1月は7日に七草粥の会として行われている。
 例年7日の七草粥の会はテレビの取材も入って、いつもの月より参拝者が増える。
 会は参拝者全員で大祓詞奏上し、宮司の講話を聞き、天満宮からのお年玉(お餅)を戴いた後、客殿で七草粥を味わっ..
続きを読む
2016年01月07日(木) No.3458 (未分類)

防府天満宮で「釿始式」



釿を打ち下ろす嶋田さん

 防府天満宮(鈴木宏明宮司)で5日、建築業界の仕事始めに当たる「釿始式(ちょうのはじめしき)」の神事が執り行われ、宮大工5人と神職が古式にのっとってことし1年の工事の安全を祈願した。
 同宮の工事を請け負っている嶋田工務店(本社・東京、防府事業所・惣社町)が毎年奉仕。この日はあいにくの雨となったため、神事は拝殿であった。神職が祝詞を奏上した後、回廊内の楼門そばに..
続きを読む
2016年01月06日(水) No.3457 (未分類)

市内の市場で初競り



水揚げされた魚が次々と競り落とされていく

 市内の市場では5日朝、初競りが行われ、ことしの最初の威勢のいい声が響き渡った。
 新築地町の県漁協防府地方卸売市場では、午前5時20分から関係者約60人が参加して式典が開かれた。県漁協吉佐支店の末冨豊利運営委員長と、来賓の松浦正人市長があいさつ。三本締めで、ことし1年の繁栄を祈った。続いて、松浦市長が模擬競りをした後、取引が始まった。この日は防府..
続きを読む
2016年01月05日(火) No.3456 (未分類)

防府天満宮初詣客は47万人



初詣客でにぎわう防府天満宮(2日15時ごろ)

 2016(平成28)年の幕開け。3が日の市内は穏やかで暖かい天候が続き、過ごしやすいお正月となり、初詣客らでにぎわった。
【天満宮初詣47万人】
 県内最大の43万人の初詣客が予想された防府天満宮(鈴木宏明宮司)では、1日から3日までの3日間で47万人が初詣に参拝した。これは、昨年の45万人を2万人上回る結果で、ことしは天候に恵まれたことが奏功した..
続きを読む
2016年01月04日(月) No.3454 (未分類)

1月 幸せますカレンダー