防府天満宮で絵馬焼納



勢いのよい炎が上がった絵馬焼納神事

 防府天満宮(鈴木宏明宮司)で25日、年末恒例の絵馬焼納神事が行われ、約3万5千枚の絵馬がおたき上げされた。
 昨年1月1日から12月31日までに奉納された受験合格や学業成就などの願いが込められた絵馬は、昨年の大みそかに絵馬奉納所から取り外され、1年間納められていた。神事は歴史館前の広場で執り行われ、神職が祝詞をあげた後、絵馬の山に火が入れられると大きな炎..
続きを読む
2015年12月25日(金) No.3453 (未分類)

ちょるる★大ファン感謝祭



会場を盛り上げるちょるるとぶっちー

 県PR本部長のちょるるが、応援してくれた人たちに1年間のお礼の気持ちを伝える「ちょるる★大ファン感謝祭2015」が23日、イオン防府店(中央町)で開催され、市内外をはじめ、東京や大阪からもファンが集まった。
 オープニングステージでは、サンタの衣装を身にまとったちょるると、応援に駆け付けた防府観光マスコットキャラクター「ぶっちー」が登壇。一緒にダンス..
続きを読む
2015年12月24日(木) No.3452 (未分類)

防府天満宮で年末恒例すす払い



神職が長い笹竹を使ってすす払い

 防府天満宮(鈴木宏明宮司)で21日、恒例行事の「すす払い」があり、神職や巫女、敬神婦人会あわせて約50人が建物や境内を掃除した。
 「すす払い」は「すす掃き」ともいわれ、年神様をお迎えする準備をするために行われる行事。
 この日はあいにくの小雨がふるなか、神職らは6〜7mの笹竹を使って建物の軒先や高い場所の彫刻などの埃を落とした。巫女や敬神婦人会は社殿の..
続きを読む
2015年12月22日(火) No.3451 (未分類)

第46回防府読売マラソン・藤原新選手が初優勝



1位でゴールする藤原選手

 第46回防府読売マラソン(中国陸上競技協会など主催)が20日、市陸上競技場を発着点、田島交差点北側を折り返しとする市内周回コースで行われ、初出場のロンドン五輪マラソン代表で、リオデジャネイロ五輪での復活に懸ける藤原新選手(34)が2時間11分50秒のタイムで初優勝した。2連覇が期待された川内優輝選手(28)は2位だった。
 女子の部では、吉松久恵選手(36)が2時間35分46..
続きを読む
2015年12月21日(月) No.3450 (未分類)

らんかん橋イルミネーション



らんかん橋でイルミネーションへのアンケートが行われている

 上天神のらんかん橋やあずま屋を中心に5日から点灯しているイルミネーション。17時〜22時までサンタやクリスマスツリーなどを表現した光が通りを彩るなか、今年もアンケートを実施中。
 らんかん橋前のさいとう人形・玩具に設置されている回収箱に、イルミネーションについてのアンケートを記入して応募すると、後日抽選で豪華賞品が当たる。
 な..
続きを読む
2015年12月18日(金) No.3449 (未分類)

多々良幼稚園で園児らがもちつき



左・みんなでもちを丸める
右・園児の見守るなか留学生ももちつき

 大崎の多々良幼稚園(原田勝美園長)で18日、年末の恒例行事として保護者や地域の人らも手伝ってのもちつきがあった。開園以来毎年実施しており、今年で40回目。今回は70圓里發訴討用意され、アメリカからの留学生も参加した。
 この日のためにもちつきの練習をしたという約190人の園児らが交代で石臼と杵を使って「よいしょよいしょ」と..
続きを読む
2015年12月17日(木) No.3448 (未分類)

防府天満宮で合格はちまきの洗濯



合格はちまきを干す巫女たち

 「絶対合格できる」―。防府天満宮(鈴木宏明宮司)で15日、年末恒例の合格はちまきの洗濯が始まった。約3500枚のはちまきを1週間かけて洗い、希望者に無料配布する。
 合格はちまきは「合格御守」(2500円)の中に御神札、お守りなどとともに納められている。団塊世代が受験戦争に突入した約40年前から、志望校などに合格した全国の受験生たちが後輩へのメッセージを書き込..
続きを読む
2015年12月16日(水) No.3447 (未分類)

自衛官候補生卒業式



修了証書を受け取る喜納2等空士(右)

 航空自衛隊防府南基地(航空教育隊司令=田中耕太1等空佐)で14日、第7期自衛官候補生の卒業式があり、全国各地から集まった10〜20代の172人(男性88人、女性84人)が航空自衛官としての第一歩を踏み出した。
 候補生を代表して喜納亜澄2等空士が修了証書と褒賞を受け取った後、航空教育隊副司令の川昌彦1等空佐が、田中司令の式辞を代読。「規則正しくまじめな生..
続きを読む
2015年12月15日(火) No.3446 (未分類)

国府中陸上部女子全国中学校駅伝大会初出場で5位



スタート(48番森廣選手)

 第23回全国中学校駅伝大会が13日、山口市の県セミナーパーク・クロスカントリーコース(5区間・12辧砲燃催され、開催地代表として初出場の国府中学校陸上部女子が41分29秒で5位に入賞した。
 レースは1区の森廣選手が4位と好スタート。2区の宮崎選手が区間5位、3区の安村選手も区間8位の記録で、チーム4位をキープ。4区の中元選手は区間28位だったもののチーム6位でアンカ..
続きを読む
2015年12月14日(月) No.3445 (未分類)

発酵温活女子力UPプロジェクト 発酵食品の大切さを学ぶ



発酵温活女子力UPプロジェクト

 台道の酵素風呂&エステサロン美楽で8日、発酵温活女子力UPプロジェクト第1弾が開かれ、約15人が参加した。
 午前中は嵯峨久美子さんによる来年のハッピーサイクルを、午後は岡村智美さんによる発酵スイーツ、吉田智恵さんによる酵素風呂の発酵について学んだ。
 発酵スイーツの話では、浜方でマクロビオティック(玄米・菜食)のSin料理教室を月2〜3回開催している..
続きを読む
2015年12月11日(金) No.3444 (未分類)

12月定例市議会の一般質問


国府中学校女子の駅伝が全国大会へ初出場



初の全国大会に臨む国府中女子駅伝メンバー

 山口市の県セミナーパークで13日(日)に行われる第23回全国中学校駅伝大会へ、国府中学校女子が初出場する。国府中は11月14日に同会場で開かれた県予選において、光市の浅江中学校(41分54秒)に次いで、2位(42分07秒)となり全国出場を決めた。
 駅伝部キャプテンの3年生森廣彩音さん(14)は、今年8月に1500mで県記録を31年ぶりに更新したという実力の持ち..
続きを読む
2015年12月10日(木) No.3442 (未分類)

12月定例市議会の一般質問


市内の紅葉深まる



紅葉を楽しむ人が訪れている茶室芳松庵

 温暖であった今年の秋。例年より2週間ほど遅れて、市内の紅葉が終わりを告げようとしている。防府天満宮の境内にある茶室芳松庵では、庭園に広がる真っ赤なもみじが訪れる人を楽しませている。
 友人に勧められて来たという牟礼在住の女性(70)は、「今日は来て良かった。とても綺麗で、特に木漏れ日との色合いがいい」と話していた。
 市内ではそのほか、多々良の毛..
続きを読む
2015年12月09日(水) No.3440 (未分類)

12月定例市議会の一般質問


読売マラソン応援のためにのぼり旗を作製



完成した旗と松崎小6年3組の児童ら

 市内小中学校の児童らが、20日(日)に予定されている第46回防府読売マラソン出場選手激励のため、応援メッセージなどが描かれた「のぼり旗」作りに取り組んでいる。
 今年は富海・牟礼・牟礼南・勝間・松崎の各小学校で都道府県別の旗を、佐波中学校で招待選手の旗を作製している。
 4日には松崎小学校(西田稔校長)で、6年3組の児童26人が神奈川県の旗を完成させた..
続きを読む
2015年12月08日(火) No.3437 (未分類)

12月定例市議会の一般質問


天下の奇祭「笑い講」



今年も元気な笑い声を響かせた

 大道小俣地区で800年以上前から伝わる「笑い講」が6日、頭屋の能野信一さん宅で行われ、紋付袴姿の地域農家(講員)らが元気な笑い声を響かせた。
 笑い講は、この地域の農家21戸が旧暦12月1日に農業の神様「大歳神」を迎え、今年の収穫に感謝し来年の豊作を占うために笑い合う神事。小俣八幡宮の社伝によると鎌倉時代の元治元年(1199年)に始まり、今年で817回目。全..
続きを読む
2015年12月07日(月) No.3436 (未分類)

華城小・中関小学校が市長を表敬訪問 全国大会への出場を報告


華城小・中関小の児童代表らが市長を訪問

 全国大会で素晴らしい演奏を披露した華城小学校と中関小学校の吹奏楽部が3日に市役所を訪問、松浦正人市長に受賞報告を行った。
 両校は大阪城ホールで11月21日に行われた第34回全日本小学生バンドフェスティバルに中国地方代表として出場。2年ぶり3回目の出場となった華城小が金賞、5年連続出場の中関小が銀賞を獲得した。
 3日は、両校の児童代表が校長や顧問の教..
続きを読む
2015年12月04日(金) No.3435 (未分類)

「いつでも幸せます弁当」完成



左・「いつでも幸せます弁当」を販売する生徒
右・「いつでも幸せます弁当」

 防府商工高(河本太校長)商業科3年の生徒が製作を進めていた「いつでも幸せます弁当」が完成し、1日、スーパー・アルクで発売された。21日(月)まで、県内の43店舗(桜木店は除く)で購入できる。
 同高の課題研究の一環。同高とアルクを運営する丸久(江泊)は、これまでにもすしや季節の弁当を期間限定で商品化しており、今回..
続きを読む
2015年12月03日(木) No.3434 (未分類)

防府天満宮で破魔矢の奉製始まる



破魔矢の奉製をする巫女たち

 防府天満宮(鈴木宏明宮司)で1日、新春用の破魔矢の奉製が始まった。20日(日)ごろまでに、3万5千本の破魔矢を5人の巫女たちが作り上げる。
 今年は、弓と破魔矢のセット(2500円)を初めて2千本用意。いずれも境内から邪気を払うものとされており、「縁起の良さを2倍にした」(同宮)という。また、家内安全鏑矢(2千円)は、3千本のうち200本を白木製とした。紅白..
続きを読む
2015年12月02日(水) No.3433 (未分類)

全国山頭火自由律俳句大会



「一般の部と学生の部の表彰式があった」

 市出身の自由律俳人、種田山頭火を顕彰する山頭火ふるさと会が11月28日、「全国山頭火自由律俳句大会」を開催し、アスピラートで入選句の表彰を行った。昭和55年から続く大会は今年で36回目。全国から一般の部約400句、学生の部約200句の投句があった。
 一般の部で最高賞となる山頭火賞に輝いたのは、重富佐代子さん(福岡県)の作品「少しちがった景色がこれから..
続きを読む
2015年12月01日(火) No.3432 (未分類)