3月の日報カレンダー


満開の梅日和・梅花祭


記念写真撮影の稚児舞奉納関係者

 2月27日、最高の梅日和のなか、一斉に咲いた梅の香のただよう防府天満宮で、第6回目の梅祭りが開催された。10時本殿で梅花祭。7人の奉仕児童による稚児舞「紅わらべ」の奉納が行われた。
 2月11日から全国陶器市が梅林駐車場ではじまっており、境内回廊では池坊防府支部奉納のいけばな展。3月1日にお払いが行われる奉納された古い人形が展示(1日から5日まで人形の里親探し)..
続きを読む
2011年02月28日(月) No.1927 (未分類)

梅まつり梅花祭開催


春の陽気に梅の花を楽しむ人らで賑わっている防府天満宮(24日)

 防府天満宮(鈴木宏明宮司)で開催されている第6回『梅まつり』は、少しずつ春らしくなってきた陽気に境内の梅の花も数を増し、お参りの人らで賑わっている。27日は梅の花を神前に供える梅花祭が10時から本殿で行われ、稚児舞も奉納される。同日は催しとして出世梅配布と梅酒試飲会(11時〜)▽琴演奏会(10時〜15時)▽大道芸・多国籍料理(終日)▽梅ま..
続きを読む
2011年02月25日(金) No.1926 (未分類)

防府地区から火災予防作品最優秀賞2人


防火標語最優秀表彰を受ける竹重満夫さん

 防府市消防本部で23日、平成22年度火災予防作品の最優秀賞(標語の部)の伝達式が行われ、防府地区では中央町の竹重満夫さんが「安心を 見張る 知らせる 警報器」で最優秀賞を獲得し、秋山信肋男苗垢ら賞状を受け取った。防府地区で他に最優秀に選ばれたのはポスター小学生の部の山本望愛(みちか)さん(右田小学校6年)で、後日伝達される。竹重さんの標語と山本さんのポス..
続きを読む
2011年02月25日(金) No.1925 (未分類)

てっぱんB級グルメフェスタに8000人 11団体のメニュー完売


招待団体の津山ホルモンうどん(左)や防府みそ焼きマイマイ(右)に長蛇の列

 天神町銀座商店街アーケードで20日、鉄板で作れるB級グルメを中心に集めた「ほうふてっぱんB級グルメフェスタ」が開催され、約8000人が安くてうまいグルメを求めて長蛇の列を作った。主催は天神町銀座商店街振興組合とまちづくり防府。岡山県津山市からの招待団体「津山ホルモンうどん」をはじめ、防府B級グルメ開発会議によるこがし味..
続きを読む
2011年02月25日(金) No.1924 (未分類)

国際RC106周年例会


あいさつする戸田智博北RC会長

 21日、グランドホテルで防府、防府南、防府北3ロータリークラブ合同による「国際ロータリー106周年記念夜間例会」が開催された。
 1905年2月23日、アメリカのシカゴで4人の実業家が、小さな事務所に集まり「奉仕の精神により人の和を計ることこそ、よりよき社会を造る道である」とスタートさせた。
 その会合が、ロータリーという素晴らしい実り、奉仕と親睦の百年を育..
続きを読む
2011年02月24日(木) No.1923 (未分類)

第20回子ども創造工作展


華浦小1年生の作品「ふしぎないきもの大しゅうごう」

 第20回子ども創造工作展(同実行委員会主催)が18日・19日の2日間、華浦小学校体育館で開催された。今回は防府地区内の小学校30校から265点が出品され、最高賞の会長賞には共同の部が華浦小学校1年生74人の「ふしぎないきもの大しゅうごう」、個人の部は佐波小学校3年・谷口輝幸さんの「ミラクル遊園地」が選ばれた。
 同展は無限の創造力を持っている子ど..
続きを読む
2011年02月23日(水) No.1922 (未分類)

牟礼公民館で講座・サークル合同発表会


山頭火をテーマに紙芝居吟詠

 牟礼公民館(惠藤豊館長)で19日と20日、第31回講座・サークル合同発表会が開催され、両日とも牟礼郷土誌同好会の古地図や会報をはじめ、絵手紙、むつみ川柳会、トールペイント、華道、Penクラブ、油絵、牟礼油絵同好会コリーグ、陶芸、手編、パソコン入門、書道、水墨画など各講座・サークルによる作品展示などが行われた。主催は同実行委員会(椛谷章委員長(パソコン講座受講生))と牟..
続きを読む
2011年02月23日(水) No.1921 (未分類)

第18回愛情防府マツダ駅伝大会


駅伝参加の54チームのスタート風景

 20日マツダ防府工場で、第18回目を迎えた愛情防府マツダ駅伝競走大会が開催された。
 同大会は愛情防府の一環として開催され、マツダ及び協力企業と取引先の従業員、家族、そして地域住民の参加を得て「協走する」「応援する」ことを通じて、相互理解と親睦を図ることを目的としている。開会式では成末明博総務部長が、参加者や家族、見学者ら2千人を前に「楽しく走りましょう」と..
続きを読む
2011年02月22日(火) No.1920 (未分類)

23年度県公立高校入学志願登録者数


大道公民館活動発表会


時間と社会のかかわりについて話す辻さん

 大道公民館で19日と20日、第15回「公民館活動発表会」が開催され、水墨画、木彫り、華道、茶道、俳句、書道、パッチワークなど講座・サークル・高齢者教室による作品展が行われた。初日の19日は「大道地区のひとづくり(生涯学習のまちづくり)の推進」をテーマにした第12回文化講演会「時間学からみたまちづくり、人づくり」もあり、約50人が聴講した。講師は山口大学時間学研究..
続きを読む
2011年02月21日(月) No.1918 (未分類)

ソラールのSL写真展 幅広い世代の人気呼ぶ


大雪の中を幼児から高齢者までが参加した鉄道模型運転競技会(12日・ソラール)

 防府市青少年科学館ソラールの冬の企画展『昭和40年代の蒸気機関車〜写真でつづる鉄(くろがね)の勇者たち〜』が子どもから高齢者まで幅広い世代の人気を呼んでいる。関連イベントとして12日・13日には鉄道模型大運転会と運転競技会が開催され多くの人が参加し、同展最終日の3月6日にはミニSL走行会も開催される。
 同展では山陽本..
続きを読む
2011年02月18日(金) No.1917 (未分類)

20日にほうふてっぱんB級グルメフェスタ


仏教団がお釈迦さまの命日の涅槃会


お釈迦さまが亡くなる時の様子を描いた涅槃図を拝観する人ら

 お釈迦さまの命日に当たる15日、防府市仏教団(団長=林寛孝・阿弥陀寺住職、38カ寺)が主催するお釈迦さまの教えを偲ぶ仏教の年中行事『涅槃会(ねはんえ)』が周防国分寺で行われた。約60人の善男善女が法要で僧侶らと一緒にお経を唱えた後、法話や国分寺所蔵の大「涅槃図」の拝観でお釈迦さまの生涯や教えを学んだ。
 お釈迦さまの命日の涅槃会(2月15..
続きを読む
2011年02月17日(木) No.1915 (未分類)

毛利博物館で早春告げるお雛さま展


今年の段飾りの次郎左衛門雛と楽人人形

 3月3日の「ひなまつり」に因んだ恒例の企画展『お雛さま』が多々良・毛利邸内の毛利博物館で開催されている。毛利家の雛人形が交替で登場する段飾りは今年は「次郎左衛門雛」。その他、雛道具や毛利家のお姫さまを彩った品々など総数約200点が華やかに早春の訪れを告げている。同展は4月3日まで。
 「ひなまつり」は雛人形を飾って女子の健やかな成長を祈る伝統行事。毛..
続きを読む
2011年02月17日(木) No.1914 (未分類)

市議会の議員定数に関する特別委員会 2請願代表から意見聞く


意見陳述を行う西本氏

 防府市議会(行重延昭議長)の議員定数を17人に変更する条例改正案直接請求などを審議している「議員定数に関する特別委員会」(久保玄爾委員長)が15日に開かれ、議員定数に関する請願を出した「議員定数削減問題を考える市民有志の会」の河村穆代表、「防府をよくする会」の西本正彦代表を参考人として招き、話を聴いた。
 河村氏は現在の条例定数27人からの削減は容認できないとし、市議会の..
続きを読む
2011年02月16日(水) No.1913 (未分類)

一枚の写真・牛替神事抽選奉仕児童


抽選児童の皆さん

 2月3日、市内各地から参加した防府天満宮節分祭の牛替神事当たり籤を抽選する奉仕児童の皆さんの記念写真。
2011年02月15日(火) No.1912 (未分類)

防府天満宮梅まつりスタート


梅まつりスタート・「紅わらべ」稚児舞

 13日から防府天満宮で第6回目の梅祭りが開催され、初日10時、本殿で始祭。7人の奉仕児童による稚児舞「紅わらべ」の奉納が行われた。
 既に11日から祭りを盛り上げる11日イベント、全国陶器市が梅林駐車場ではじまっており、同日、参集殿と芳松庵では、茶道裏千家社中による茶会が盛大に開催された。
 境内回廊には、3月1日にお払いが行われる奉納された古い人形が展示..
続きを読む
2011年02月14日(月) No.1911 (未分類)

日の丸行進で建国記念祝賀


天満宮大鳥居前から出発の日の丸行進

 11日、建国記念の日、9時、防府天満宮の大鳥居前に集合した、防府市奉祝大会参加者メンバーは、9時半から、島田明県会議長、松浦正人防府市長、木村康夫、渋谷正県議、行重市議会議長ほか8市議から、最年長86才の安達智さんまで、約2百人が、同地から日の丸行進、天神銀座、銀座商店街をパレードした。
 10時からは天神ピア会場で奉祝大会式典、防府青年会議所山根専務の進行..
続きを読む
2011年02月14日(月) No.1910 (未分類)

13日、梅まつり開幕


13日に梅まつりが開幕する防府天満宮では境内の梅の花も増えてきている(9日)

 今年で第6回を迎える防府天満宮(鈴木宏明宮司)の梅まつりが13日に開幕する。初日は10時から本殿で始祭・稚児舞奉納が行われる。梅林駐車場では11日から全国陶器市が開催され、3月1日の人形感謝祭でお祓いが行われる古い人形の受付も11日からはじまる。境内の梅の花は寒のもどりで足踏み状態だが、あちらこちらでまとまった花も楽しむこ..
続きを読む
2011年02月10日(木) No.1909 (未分類)

モダンアート作家展


モダンアート展を開催中の山口支部の作家の皆さん(アスピラート)

 2011モダンアート協会山口支部作家展が13日までアスピラート展示ホールで開催されている。防府市の岡田博幸さん・瀧口葉さん・矢田由紀子さんと下関市の鵜木かおるさん・鵜木政幸さん・川崎誠和さん・岸勤さん・椙村勝さん・正木文恵さん・森戸多津子さんの10人の小品から大作までの35点を展示。作品は抽象を中心とした絵画だが、事務局の岡田さんは..
続きを読む
2011年02月10日(木) No.1908 (未分類)

市議会の議員定数に関する特別委員会 15日に2請願代表招く


市役所議会棟で行われた委員会(9日)

 防府市議会の議員定数を17人に変更する条例改正案直接請求などを審議する市議会の「議員定数に関する特別委員会」(久保玄爾委員長)が9日に開かれ、議員定数に関する請願を出した「防府をよくする会」(西本正彦代表)、「議員定数削減問題を考える市民有志の会」(河村穆代表)の代表者を参考人として招く日程を15日(火)とすることを申し合わせた。直接請求の代表者で「議員定..
続きを読む
2011年02月10日(木) No.1907 (未分類)

楫取素彦顕彰会を設立


大楽寺南側の楫取夫妻の墓所

 防府市にゆかりのある楫取素彦男爵が亡くなって今年(8月24日)が百回忌になる。
 楫取男爵は萩生まれだが、華浦の越氏塾の先生をしており、明治2年から4年まで3年間、三田尻管掌(今の市長職)、明治26年に毛利邸建設の見守りのため、東京から岡村町に移住、大正元年8月14日に亡くなった。その間、明治35年には防府天満宮千年祭の総裁、天神山の緑化、文化振興に尽くした。
 同..
続きを読む
2011年02月10日(木) No.1906 (未分類)

華城地区社会福祉協議会が設立50周年


社会福祉事業功労表彰を受ける人ら

 華城地区社会福祉協議会(古谷正明会長)の設立50周年記念・第27回華城地区社会福祉大会が6日、華城小学校屋内運動場で開催された。さらなる地域福祉の充実発展を期した大会として、古谷会長はこれまでを振り返りながら「さらにきめ細かな福祉が必要になってきている。地域のパワーで今後もご尽力を」とあいさつ。大会では表彰や福祉活動発表、記念講演などが行われた。
 華城地区..
続きを読む
2011年02月09日(水) No.1905 (未分類)

山口防府地域農山漁村女性のつどい


約300人が参加して開催されたつどい(4日・JA防府とくぢ本所)

 平成22年度山口防府地域農山漁村女性のつどい『女性の力をねっとワークフォーラムin防府』が4日、JA防府とくぢ本所多目的ホールで開催された。今年度のテーマは「男女(とも)に進める6次産業化」で、防府市の「むれ楽々ふれあい店舗」などの活動紹介や先進地の事例報告、農山漁村の女性の代表らによるパネルディスカッションなどが行われた。
 ..
続きを読む
2011年02月08日(火) No.1904 (未分類)

第34回防府お針祭り


針供養

 6日、防府天満宮で、第34回防府お針祭り(同祭り実行委員会主催)が開催され、多くの人が使い古したり、折れた針をジャンボ豆腐に刺して感謝と供養を行なった。
 この祭りは裁縫技術の向上を願った人々が針を休め、折れた針などを集めて供養するために始まった。
 参集殿前にある針塚で神事があり、式典では防府市観光協会の大村俊雄会長が「お針祭りが行なわれているところは全国的にも少ない。次の世代..
続きを読む
2011年02月07日(月) No.1903 (未分類)

天満宮で第100回の節分祭牛替神事賑わう


春のような陽気に広場いっぱいの人が集まった防府天満宮の開運招福豆まき(3日14時過ぎ)

 防府天満宮(鈴木宏明宮司)で2日・3日の両日、今年で第100回を迎えた牛替神事が行われた。牛替券を番号券と引き替えて11月の御神幸祭「裸坊祭」で奉仕する神牛などの景品を当てる年のはじめの運試しの行事で、両日とも大勢の参拝者で賑わった。3日は節分祭として午後3回の開運招福豆まきが行われ、平成11年生まれの12歳か..
続きを読む
2011年02月04日(金) No.1902 (未分類)

多々良園児も豆まき


職員が扮した鬼に向って豆をまく多々良幼稚園児ら(3日)

 大崎の認定こども園・多々良幼稚園(原田勝美園長・園児数133人)でも3日、恒例の節分の集いが開催され、園児らが豆まきをして自分らの心の中にいる鬼を追い払った。同園が日本の伝統行事を伝えていこうと長年続けているもの。園児らは先生から節分の行事の由来を聞いたり、鬼の話の紙芝居を見たり、節分の歌をうたったりして行事について学び、親しんだ。職..
続きを読む
2011年02月04日(金) No.1901 (未分類)

向島でひとり暮らし高齢者の会開催


脳の活性化にと手品も披露された会(1月28日・向島公民館)

 向島地区の「ひとり暮らし高齢者の会」が1月28日10時半〜13時半、向島公民館で開催された。同会は「福祉の輪づくり運動」の一環で、一人暮らしの高齢者を地域でサポートするのが目的。この日は同地区の対象者35人が参加し、世話をする地域の人らと一緒に高齢者の健康管理を学び、脳を活性化しようという手品や会食、ビンゴゲームなどを楽しんだ。
 同地区..
続きを読む
2011年02月03日(木) No.1900 (未分類)

音楽で描く山頭火


 「風の中声はりあげて南無観世音」「風の中おのれを責めつつ歩く」の2句を取り上げた4曲目「声はりあげて」では苦痛の人、苦悩の人であった山頭火に着目。熊本に行く1年前、大正4年「弱者の手記」に「苦悩は内から湧いてくる、戦っても勝てない、抱きしめて解けていく、抱きしめなければならない」という趣旨の記述があるが、山頭火は苦悩を抱きしめるということができず酒に溺れてしまう。この曲では句を追加したかったが、..
続きを読む
2011年02月03日(木) No.1899 (未分類)

第2回市議会改革フォーラム基調講演(前編)


辻山幸宣さんが基調講演

 防府市議会が1月29日にルルサス防府2階多目的ホールで開催した第2回防府市議会改革フォーラム「議会は変わる!」のなかで、地方自治総合研究所所長、辻山幸宣さんによる基調講演「議会改革と議会基本条例」が行われた。
 辻山さんは今まで10ほどの自治体で議会基本条例の制定に座長などとして関わり、講演ではまず議会基本条例は「議会の使命を明らかにして書き上げたもの」、議会の役割・..
続きを読む
2011年02月02日(水) No.1898 (未分類)

いけばな池坊展開催


124人の会員によるいけばなが並んだ

 「花のいのちに問いかける…」のテーマのもと、華道家元池坊防府支部(中山育代支部長)は1月30日と31日、「いけばな池坊展」をアスピラート2階で開催し、124人の会員および伝統いけばな子ども教室の生徒など約80人が作品を披露した。後援は防府市教育委員会、防府市文化協会。協賛は財団法人池坊華道会。
 会場では23人の引立教授者を筆頭に、壮年部会員、青年部会員、一..
続きを読む
2011年02月02日(水) No.1897 (未分類)

第6回鍋―1GPで計10団体が鍋の競演


優勝したチーム肉太郎「秋吉台高原もつ鍋」

 防府天満宮の節分牛替神事(2月2・3日)開催を前にした1月30日、天神町銀座商店街アーケードと駅通り駐車場で「節分鬼まつり第6回鍋―1グランプリ」が開催され、寒空の下、温かい鍋を目当てに約7000人が会場に詰めかけた。主催は防府商工会議所、TMOまちづくり防府と同実行委員会。来場者の箸投票による競技の結果、3度目の参加となる「チーム肉太郎」の「秋吉台..
続きを読む
2011年02月01日(火) No.1896 (未分類)

第68回市内1周・第13回貞永杯駅伝大会


区間賞を受けた一般・高校と中学生の選手ら

 1月9日に開催された、第68回防府市内一周駅伝競走大会兼第13回貞永杯中学校駅伝大会の区間賞授与式が28日、防府市役所で行われた。今回の大会では、2人の区間新記録が出た。
 式では杉山一茂教育長と西村治防府市体育協会会長代行が選手達ひとりひとりに賞状とメダルを授与した。受賞者次の通り(敬称略・区間新には◎)。
【一般・高校男子】▽第1区=上沖稔(コバ..
続きを読む
2011年02月01日(火) No.1895 (未分類)

対談・音楽で描く山頭火


参加者に平易な口調で語りかける吉田さん

 ほうふ日報地方文化研究所は対談「音楽で描く山頭火―防府音楽祭10周年記念作品・合唱組曲『漂泊の俳人 山頭火』について―」を1月22日にアスピラート2階リハーサル室にて開催し、約40人が参加した。後援は防府市文化振興財団。防府市公会堂で1月10日に開催された第10回防府音楽祭ファイナルコンサート(防府市文化振興財団主催)で合唱組曲『漂泊の俳人 山頭火』が初演され..
続きを読む
2011年02月01日(火) No.1894 (未分類)