防府天満宮で菊花展


華やかな菊の花々と防府菊花会の皆さん(10月30日・防府天満宮)

 菊花爛漫の秋。防府天満宮(鈴木宏明宮司)では10月30日から第53回防府菊花展がはじまった。市内の愛好家らの会、防府菊花会(佐伯嘉和会長・会員10人)による恒例の催しで、今年も会員らが丹精した大菊厚物や管物などの大型の菊から福助づくりや達磨づくりなどの小型に仕立てられた菊、見事な懸崖や細やかに手入れされた盆栽の菊など約200点が出品され..
続きを読む
2008年10月31日(金) No.835 ()

第7回全国社会人9人制バレーボール大会


準優勝の防府市セッションチームメンバー

 10月18、19日、沖縄県那覇市民体育館で開かれた平成20年度第7回全国社会人9人制バレーボール女子優勝大会で山口県代表として出場した防府市のセッションが準優勝を遂げた。
 セッションは過去全国大会ベスト8に入った事もある強豪。防府西高・三田尻女子のバレー部OGを中心に20〜30歳のメンバーで熱戦を決勝まで勝ちあがった。準決勝は逆転で勝利。決勝もフルセットの戦..
続きを読む
2008年10月31日(金) No.834 ()

緑化ポスター優秀作品・優良花だん表彰


緑化ポスターコンクール表彰者

 平成20年度の防府市緑化ポスターコンクールと防府市花いっぱい運動花だんコンクールの表彰式が29日、防府市役所で行われた。コンクールの主催は防府市と防府市緑化推進委員会。
 緑化ポスターは秋の都市緑化月間行事の一環として緑化ポスターをコンクール形式で市内小・中学校の児童・生徒から募集したもの。応募のあった11小学校からの157点、8中学校からの94点、合計251点から..
続きを読む
2008年10月30日(木) No.833 ()

96才近木さんの楽書展


会場の近木さんと山頭火ふるさと会メンバー

 24日から30日まで、下関駅前の西中国信金別館ギャラリーで、防府出身の自由律俳人種田山頭火と親交のあった下関市長府在住の自由律俳人、絵画も堪能な、近木圭之介さん(96歳)の初の個展「圭之介の楽書展」が開催された。
 近木さんは昭和8年6月、自宅前の路上で山頭火の後姿を写真撮影したことでも知られているアーチスト。俳句を通じて交流があり、山頭火の日記にも登..
続きを読む
2008年10月30日(木) No.832 ()

11月の日報カレンダー


11月3日合奏コンテスト全国大会に松崎小吹奏楽部が出場


全国大会に出場する松崎小学校吹奏楽部

 松崎小学校(林健司校長・児童数601人)の吹奏楽部が11月3日に東京の文京シビックホールで開催される2008年第14回日本管楽合奏コンテスト〈文部科学大臣賞〉に出場する。同校吹奏楽部は40年近い歴史と数々の全国大会に出場した伝統を誇り、今年度も充実した活動を続けているといい、部員らは日頃の成果を十分に発揮できるよう張り切って練習に取り組んでいる。
 同コン..
続きを読む
2008年10月29日(水) No.830 ()

第4回の防府市消費生活講座


環境アドバイザーの曽我邦雄さんが話した第4回(21日・文化福祉会館)

 平成20年度第4回の防府市消費生活講座(防府市・防府市消費生活研究会主催)が21日、文化福祉会館で開催された。今回のテーマは『地球環境問題について』。山口県環境アドバイザーの曽我邦雄さん(宇部市在住)が「今こそ思いやりの心や優しさが求められている」などと呼びかけ、約40人が耳を傾けた。
 曽我さんははじめに山口県出身の画家・香..
続きを読む
2008年10月29日(水) No.829 ()

牟礼南小でミュージカル


元気いっぱいの歌やダンスで共演した児童ら(20日)

 牟礼南小学校(芝口英夫校長・児童数408人)で20日、文化庁の「本物の舞台芸術体験事業」学校公演が行われた。ミュージカルカンパニー・イッツフォーリーズがミュージカル『ファーブル昆虫記―コガネムシの愛―』を公演し、児童の代表らが歌やダンスで共演も体験した。全校児童と保護者、地域の人らが鑑賞し、児童らは「予想以上に楽しかった」などと話していた。
2008年10月28日(火) No.828 ()

2009年度防府青年会議所役員


理事長に立石浩之氏(襯織謄ぅ掘

 このほど2009年度(社)防府青年会議所の理事メンバーが決定した。役員は次の通り。(敬称略)
▽理事長…立石浩之(襯織謄ぅ掘法□δ樵依事長…中村大二郎(中村被服蝓法□50周年実行委員長会務担当副理事長…弘中貴之(乗円寺)、▽事業担当副理事長…中村宏司(訝翅璽咼襯機璽咼后法□Σ餔拡大会議議長…吉井秀樹(吉井畳店)、▽監事…原田洋介(襯魯薀請躑函法原田..
2008年10月28日(火) No.827 ()

第55回秋の壷まつり盛況


上・にぎわう壷まつり会場
下・陶の小径の陶板猫シリーズ

 25日、26日の両日、第55回秋の壷まつり(壷まつり実行委員会主催・田中洋三代表・事務局・堀越窯安沢秀浩)が、焼物の里、末田、堀越地区で盛大に開催された。
 同壷まつりは、地域を活性化しようと両地区の窯元が協力、昭和51年秋からスタート、焼物、陶器祭りとして定着、広島や福岡などからも沢山のファンがやってくる人気の防府の名物イベントとなって..
2008年10月27日(月) No.826 ()

西浦・金切神社で秋の大祭挙行


初の男女有志による神輿が出発

 約200年前に毛利のお殿様が海を埋めて開作を作ったときに始まる、西浦・金切神社(金田正仁宮司)の秋の大祭が5日、挙行された。今年は神輿をぜひ担ぎたいと、男女ボランティアで神輿担ぎが行われた。
 この日はあいにくの雨となり、用意した面などもあまり使えず、また神輿にもビニールシートがかけられたが、雨にも負けず集まったボランティア達が神社を出発。威勢よく声を上げて..
2008年10月27日(月) No.825 ()

富海でホタルを放流


ゲンジボタルの幼虫を放流する富海小児童ら(23日・富海新川)

 今年で発足10周年を迎えた富海をホタルの里にする会(平田豊民会長・会員31人)が23日、恒例になっているゲンジボタルの幼虫の放流を同地区石原の新川で行った。同会の会員10人と富海小学校(小野実代子校長)の3・4年生23人が幼虫約1500匹と餌のカワニナを放流した。幼虫は会員らが成虫を捕獲し、富海公民館で産卵・孵化、その後の飼育を行っているも..
2008年10月24日(金) No.824 ()

防府青色申告会が55周年


多くの会員や来賓が出席して行われた記念式典

 防府青色申告会(岸正人会長・会員1250人)の創立55周年記念式典が21日、サルビアホテル防府で開催された。功労者表彰などが行われ、岸会長は「健全経営を貫こう」と心を新たに決意を呼びかけた。
 青色申告は昭和22年4月に導入された所得税の申告納税制度として同25年1月からはじまった。中小の個人経営事業者が対象で、防府は同28年11月に山口県で最初の青色申告..
2008年10月23日(木) No.823 ()

21日〜26日舞衣で34回上田和生彫金展


舞衣会場の上田さん

 21日(火)から26日(日)まで、毛利邸ギャラリー舞衣で、台道在住の彫金家上田和生さん(山口芸短講師)の34回目の彫金展が開催されている。
 大きな工芸展で多くの優秀賞を受賞しているベテラン作家のセンス溢れるリング、ブローチ、ぺんだんと、いやりんぐ、たいぴん等350点が展示されている。入場無料。問い合わせは(25)1707舞衣。
2008年10月23日(木) No.822 ()

町の風物詩/コスモス地蔵


成海寺のコスモス地蔵

 市内迫戸町成海寺(清水栄芳住職)境内入り口にあるお地蔵さんは、この時期になると、コスモスに囲まれる「コスモス地蔵」として町の風物詩。
 今年は台風もなく、すくすく育ったコスモスは地蔵の背丈をはるかに越えて、風に揺れる満開のコスモス隙間から穏やかに微笑んでいた。
2008年10月22日(水) No.821 ()

第18回図書館まつり賑わう


古本市で掘り出し物の本を探す市民ら(18日・ルルサス防府多目的ホール)

 第18回『防府図書館まつり』が18日、ルルサス防府で開催された。今年ははじめて愛情防府フリーマーケットと同時開催とされ、人気の古本リサイクル市など例年以上の賑わいだった。
 同まつりは多くの人に図書館や本に親しんでもらおうと読書の秋に合わせて開催されているもので、防府図書館で活動しているサークルや利用者らによる実行委員会が..
2008年10月21日(火) No.820 ()

タカガワ新山口カンツリー倶楽部第一回ジュニアゴルフ大会


ジュニアゴルフ大会風景(11日)

 11日、タカガワ新山口カンツリー倶楽部で、第一回タカガワカップジュニアゴルフ大会が開催された。
 大会には県内の高校、中学、小学生男女36人が参加、開会式では今村陽一副理事長が「私共の倶楽部は10月1日より、リニューアル、新しいスタート、今後もジュニアゴルファーの育成につとめていきたい」と挨拶。
 秋晴れの絶好のゴルフ日和のなか、改装が終わったゴルフコースで熱..
2008年10月21日(火) No.819 ()

松田農園みかん狩り


みかん狩り楽しむ親子

 西浦の松田農園で10日から、みかん狩りが始まった。同園には防府出身の自由律俳人種田山頭火の句碑40基が建立されている。入場料金は1人4百円(幼稚園児〜3歳児は3百円)で園内食べ放題。焼肉1人前1300円(予約要)。みかん狩りは12月中旬まで。11月中旬まで芋ほりもOK。(29)0252(9時から16時営業)。
2008年10月21日(火) No.818 ()

第16回愛情防府フリーマーケット賑わう


晴天の下、人でごった返すアスピラート前

 汗ばむ晴天に恵まれた18日、防府駅てんじんぐち前から市内中心商店街を会場に西日本最大規模の路上フリーマーケット、第16回愛情防府フリーマーケットが開催された。今回の出店数は一般137店舗、プロ・県外69店舗、企業13店舗の計219店舗293区画。掘り出し物目当ての多くの人で賑わった。
 防府駅てんじんぐち前にはセンターステージが設けられ、小野地区・宇佐八幡..
2008年10月20日(月) No.817 ()

桑山八幡宮入口の石段そば/光を求めて「根性竹」


鳥獣保護区の看板の上に葉を繁らせた根性竹

 桑山中学の隣にある、桑山八幡宮入り口の石段そばの、約2・5メートルはある鳥獣保護区の看板のてっぺんから、竹の葉を繁らせはじめ、びっくりした近所の人達は、「根性竹」と名付け、話題になっている。
 看板の近くは孟宗竹の群生地となっており、何かのはずみで、パイプ隙間に紛れ込んだ竹の芽が、わずか数センチの空間をものともせずに、頂上の光を目指して成長、つい..
2008年10月20日(月) No.816 ()

西浦出身若月紫蘭の生涯


若月紫蘭について解説する森川信夫さん

 防府図書館で15日、文学セミナー「ふるさとの文学者・若月紫蘭―メーテルリンク『青い鳥』翻訳から『松平大和守日記』翻刻まで」が開催され、西浦出身の若月紫蘭について郷土文学研究家の森川信夫さんが解説した。
 紫蘭は明治12年2月10日、当時の佐波郡西ノ浦生まれで、本名は保治(旧姓藤本)。父の若月(旧姓藤本)他人は「庶業」と呼ばれる、地主や庄屋階級に当たり、明治..
2008年10月20日(月) No.815 ()

中関小で狂言教室


上・野村万禄さんらが「盆山」を演じた狂言教室(16日・中関小学校)
下・狂言教室で狂言の自己紹介などを体験する中関小児童ら

 日本の伝統文化を生で鑑賞したり、体験したりしながら学ぶ狂言教室が16日、中関小学校(上田保明校長・児童数744人)で開催された。同校では5月に5・6年生が実技指導を受けており、狂言教室は2回目。今回は前回の教室で指導した狂言師の宮永優子さんと宮永さんの師の重要無形文化財..
2008年10月17日(金) No.814 ()

ほうしん講演会盛大開催


楽しい笑いにつつまれた中村メイコさんの講演

 15日3時半から、アスピラート音楽ホールで、名子役でデビュー、七色の声で有名な中村メイコさんを迎え、防府信用金庫主催の「ほうしん講演会」が盛大に開催された。
 嶋本博理事長が「毎回、本店ホールで開催していたが、今回ゆったりした雰囲気で楽しい講演を聞いていただこうと、この会場に変更した。今、振込み詐欺が横行しており気をつけましょう」と挨拶の後、恒例..
2008年10月17日(金) No.813 ()

利用者らの団体が図書館活用講座を開催


「図書館の明日をひらく」と題して菅原さんが話した第1回(10日・図書館)

 市民に図書館のことをもっとよく知ってもらおうという図書館活用講座の第1回が10日、ルルサス防府3階の防府図書館研修室で開かれた。図書館を利用したり、図書館で活動したりしている市民ら35人が参加。講師の図書館計画施設研究所所長の菅原峻さんは『図書館の明日をひらく』と題して、「図書館を育てるのは市民の皆さん」などと語りかけた。..
2008年10月16日(木) No.812 ()

ふじ丸2度目の来防


雄大な船旅へと出港

 中関港発着のチャータークルーズ、「豪華客船『ふじ丸』でいくナチュラルアイランド奄美大島クルーズ」に伴って10日、外航クルーズ客船「ふじ丸」(畠村外志行船長)が中関港3号岸壁に入港した。クルーズを主催する防府クルーズ振興協議会(澤田光穂会長)は歓迎セレモニーを開催し、300人以上の乗客を奄美への旅へ送り出した。
 防府クルーズ振興協議会は県土木建築部港湾課、県防府港務所、..
2008年10月16日(木) No.811 ()

女優浅野温子さんの語り舞台「日本神話への誘い」公演


上・防府天満宮楼門前の特設舞台での公演
下・浅野温子さんの迫真の語り

 13日18時から、防府天満宮楼門前の大広場に設置された特設舞台で、女優浅野温子さんの語り舞台「日本神話への誘い」が開催された。
 平成15年、天満宮創建1100年記念事業の一環として、大階段のろうそくの光をバックにして浅野さんの語り舞台「神話の世界」が行なわれており、今回は2回目の公演。
 東天に輝く満月の下、楼門から本..
2008年10月15日(水) No.810 ()

一枚の写真・華城保育園で運動会


練習の成果を披露する園児たち

 9月29日華城保育園(田村園長)の秋の大運動会、園生全員による「ヤッターマンの歌」体操でスタート、続いて桜、藤組の園生が、練習を重ね心をひとつに組み体操に挑戦、扇、帆かけ船、ピラミッドなど難しい演技を成功させ、満員の観客から大拍手を浴びていた。
2008年10月15日(水) No.809 ()

第17回塩田まつり


上・塩田の浜作業を体験する子どもら(12日)
下・えんしん幼稚園児らによる「塩浜太鼓」

 第17回「塩田まつり」が12日、浜方の三田尻塩田記念産業公園で開催された。塩づくり体験やクイズなどがあり、訪れた親子連れなどの市民らが塩田の歴史や昔の人の苦労などを学んでいた。
 同公園は三田尻塩田という防府市の産業の歴史と功績を知ってもらい、後世に伝えていくための施設。まつりはより多くの人にそれを知って..
2008年10月14日(火) No.808 ()

華やかに花神子社参式


時代絵巻を繰り広げた花神子社参式の行列(12日)

 防府市の秋を華やかに彩る防府天満宮(鈴木宏明宮司)の恒例の花神子社参式が12日、アスピラート前から商店街を通って同天満宮に至るコースで行われた。往時の大名行列を偲ばせる絢爛優雅な時代絵巻が繰り広げられ、沿道の多くの見物客らを楽しませた。
 同社参式は今年は11月22日に行われる同天満宮の最大の祭り、御神幸祭「裸坊祭」に供奉する大行司役と小行司役が..
2008年10月14日(火) No.807 ()

佐波小児童が稲刈り


田んぼの学校で稲刈りを体験する佐波小5年生(8日・迫戸町)

 防府土地改良区(古谷昇理事長)が佐波小学校(大庭敏幸校長・児童数520人)の協力を得て実施している「田んぼの学校」の稲刈りが8日、迫戸町の水田であった。次代を担う子どもらに農業・農村への理解・関心を深めてもらうのが目的で、6年目。総合的な学習として取り組んでいる5年生81人が6月に自分らで田植えをした水田で、成長した稲を昔ながらの鎌..
2008年10月10日(金) No.806 ()

防府市科学作品展を開催


特選になった新田小2年・岡田真理子さんの「しゃくとり虫の運動会」(ソラール)

 平成20年度防府市小中学校科学作品展が9月30日〜5日、防府市青少年科学館ソラールで開かれ、県展に出品される特選作品が決まった。「サイエンスやまぐち2008・山口県科学作品展」は31日〜11月16日、県立博物館で開かれる。
 同展には市内の小中学校の児童生徒が夏休みに取り組んだ科学作品のうち、各学校で選出された優秀作品が..
2008年10月10日(金) No.805 ()

大分国体バレーボールで8年ぶり2回目/誠英バレー優勝報告会


全生徒の大拍手受ける選手たち

 27日から10月7日まで大分県で行われていた第63回国民体育大会に県代表としてバレーボール少年女子に単独出場、見事8年ぶり2回目の優勝を果たした誠英高校バレーボール部が8日、同校での優勝報告会に臨んだ。
 報告会では田渕正美監督がトーナメントを勝ち上がっていく経過と各選手の奮闘ぶりを全校生徒に紹介。先陣を切って今まで見たことのないプレーを見せ、大爆発したレフト大須..
2008年10月09日(木) No.804 ()

『群妙』第4号を発行


岡部忠則さん表紙デザインの『群妙』第4号

 結社の壁を越えて自由律俳句を盛り上げる運動体をつくろうと昨年6月創刊された山口県発の雑誌「自由律俳句クラブ群妙」の第4号が発行される。表紙デザインは防府在住の二科の画家、岡部忠則さんが担当している。発行部数は1300部で、頒価は1冊1500円。文栄堂や県庁1階刊行物センターでも取り扱っている。
 主宰者である富永鳩山さんは自由律俳句が俳句史から忘..
2008年10月09日(木) No.803 ()

第37回市民短歌大会


大会では一首ずつ歌評が行われた

 平成20年度第39回市民文化祭の一環として、第37回防府市民短歌大会が5日、防府市文化福祉会館で開催された。主催は防府市民短歌会、共催は防府市文化協会。
 今回は一般の部に46人、生徒の部に427人、計473人から応募があり、大会では参加者へ一句ずつ歌評がなされた。
 今回の選者は西村茂夫、筒井久夫、渡邉長月、中野光栄の4氏。選者選と、応募者による互選の2本立て..
2008年10月08日(水) No.802 ()

華城120周年記念大会


記念大うちわバックにあいさつする清水会長

 華城コミュニティ推進協議会(清水玲持会長)と華城120周年記念事業実行委員会(河村龍夫実行委員長)は5日、華城小学校屋内運動場で華城120周年記念大会を開催した。
 明治22年4月1日に仁井令村、伊佐江村、植松村が合併して佐波郡華城村が誕生し、今年は120周年の節目の年にあたる。戸主会、婦人会、青年会、教育団なども結成されて活発で積極的な地域づくり..
2008年10月07日(火) No.801 ()

大平山秋の公園まつり


家族連れなどで賑わった大平山山頂公園(4日)

 大平山の山頂公園で4日、「秋の公園まつり」が開催され、市民らが大声大会などのイベントや地元ボランティアによるバザーなどで楽しんだ。この日は「市長の一日里親」も同公園で行われ、福祉施設の子どもらが松浦市長と公園まつりのイベントや昼食などを楽しみながら過ごした。
 同公園は市民の憩いの場として市が整備し、平成16年10月2日にオープン。公園まつりはよ..
2008年10月06日(月) No.800 ()

天神まちかどフェスタ


ルルサスでは小中学生ビジネスコンテストの表彰式も

 防府商業高校(山本信夫校長・生徒数479人)の生徒が街に飛び出しての学園祭「天神まちかどフェスタ」が4日、天神町銀座商店街とルルサス防府で開催され、多くの買い物客で賑わった。
 この催しは防商生総出で毎年秋、市内の商店街に出向いて行う販売実習イベントで、今年で6年目を迎える。9時50分からのオープニングセレモニーでは山本校長が「消費者の目線..
2008年10月06日(月) No.799 ()

防商のビジネスアイデアコンテスト


新田小3年谷口真奈さんの作品「防府うめやき」

 山口県立防府商業高校(山本信夫校長・生徒数479人)は夏休み期間中、市内の小中学生を大賞に「ビジネスアイデアコンテスト」を開催し、このほど最優秀賞をはじめとする各賞が決定した。各賞の表彰は4日(土)に防府商業高校主催「天神まちかどフェスタ」中、ルルサスわっしょい広場にて10時50分から11時まで行われる。
 「これだ!防府のおみやげコンテスト」と題..
2008年10月03日(金) No.798 ()

天満宮花神子社参式


花神子に決定した森本有咲さん

 12日(日)防府駅前のアスピラートを14時15分にスタート、駅通り商店街、銀座商店街から立市、天満宮までの沿道を彩る「花神子社参・行列」が行われる。
 この防府天満宮(鈴木宏明宮司)の恒例神事は11月22日(土)に斉行される御神幸祭で重要な役割を果たす、一夜づくりの御神幸酒を清浄無垢な花神子に奉献させ、御神幸祭の無事を祈願するもので、本陣のルルサス多目的ホールで潔斎式..
2008年10月02日(木) No.797 ()

「知っちょる!?防府・歴史ウォーク」を開催


防府天満宮でリハーサルを行うガイド役の高校生ら(9月21日)

 高校生の案内で防府市の歴史を訪ねて歩く『知っちょる!?防府・歴史ウォーク』が26日10時〜15時、防府天満宮〜周防国分寺〜毛利氏庭園・毛利博物館の3カ所を巡って開催される。現在、参加者を募集中だが、9月21日には観光ガイド役の高校生らが現地でリハーサルを行った。
 同歴史ウォークは防府青年会議所・防府市観光協会・防府市観光ボランティアガ..
2008年10月01日(水) No.796 ()