第5回市老人クラブ連合会俳句大会


市長賞を受ける赤松さん(7月24日・文化福祉会館)

 第5回防府市老人クラブ連合会俳句大会が7月24日、文化福祉会館で開かれ、市長賞には小野の赤松多栄子さんの作品「梅雨の猫叱られており泥の足」が選ばれた。
 同大会は俳句を通した文化交流と親睦、仲間づくりが目的で、防府市老人クラブ連合会文化部が主催。今回は同連合会の会員から当季雑詠(今回は春・夏)の作品138句(1人2句まで)の投句があった。
2008年07月31日(木) No.716 ()

県警音楽隊コンサート


旗を振ってのカラーガード演技も

 鐘紡町のロックシティ防府ショッピングセンターで30日、山口県警察音楽隊の総勢31人による「まちかどコンサート」が2回に分けて行われ、多くの家族連れの買い物客らが一糸乱れぬ演奏とカラーガードの演技に立ち止まった。夏休みで子どもも多く訪れていたこともあって夏休みの諸注意をはじめ、広い年代に向け防犯についての啓発も行われた。
 行進曲をバックに、大きな旗を振ってのカ..
2008年07月31日(木) No.715 ()

8月の日報カレンダー


全国学校合奏コンクール山口県大会


1〜3年95人による演奏で金賞を受賞した防府西高吹奏楽(24日・公会堂)

 第2回山口県総合芸術文化祭協賛事業・平成20年度全国学校合奏コンクール山口県大会(山口県音楽教育連盟主催、山口県など共催、文部科学省など後援、防府市小学校教育研究会・同中学校教育研究会音楽研修部主管)が24日・25日、公会堂で開かれた。市内からは16校(17団体)が出場し、日頃の練習の成果を発表。8校(9団体)が金賞を受賞した。
2008年07月30日(水) No.713 ()

平成20年度大村能章顕彰会総会


あいさつする桑原一朗会長

 26日15時半から駅前の松月会議室で平成20年度大村能章顕彰会の通常総会が開催された。
桑原一朗会長が、県内各地から、参集した会員を前に、昨年、名誉顧問の大村一夫一家が來防されたことや、現在、進められている遺品の整理、データベース化、冊子刊行準備など、顕彰活動の様子、また、大村能章先生の3女相沢喜久子さんから多額の寄付が寄せられたことが披露され、感謝状を贈呈することな..
2008年07月30日(水) No.712 ()

第2回防府市民自由律俳句大会


あいさつする富永さん

 19日13時から、防府市文化福祉会館3階大会議室で、第2回防府市民自由律俳句大会が開催された。
 門田美和子さんが司会、富永鳩山氏が主催者挨拶の後、来賓の嘉村悦男副市長、橋口照男文化協会会長が祝辞。
 方言研究家の森川信夫氏が「山頭火の句における方言などの使用例」をテーマに「ほろほろ酔うてこの葉ふる」など具体的な句を示しながら、面白くてためになる山口弁よもやま話。参加..
2008年07月29日(火) No.711 ()

村田郁夫のセピア色の青春 昭和31年夏、富海海水浴場


 休日は終日、カメラを持って海水浴場風景を撮影しました。日報連の第1回コンテストで特選になった記念すべき作品です。前面の3人の若者をあえて逆光で撮影、背景の賑やかな海水浴客の風景を強調させました。(村田さん談)
2008年07月29日(火) No.710 ()

三田尻港で港まつり・防府まつり開幕


31チームが熱戦を繰り広げたカッターレース大会(26日)

 防府市の発展の基になっている港を再認識し、さらなる発展と安全を願う「港まつり」が26日、三田尻港野島渡船船乗り場奥の広場と海上を舞台に開催された。カッターレース大会や巡視船見学などの催しを市民らが楽しみ、関係者らが港安全祈願祭も行った。同まつりで「防府まつり」が開幕。防府天満宮「御誕辰祭」までの期間、防府市が熱気に包まれる。
 「港まつ..
2008年07月28日(月) No.709 ()

沖高井11号室で書といけばな・二胡演奏


書、灯、花、奏のあそび展

 25日から30日(水)まで、沖高井交差点信号横(吉田米店となり)のスペースルーム「11号室」で、地元の書家金重紅園さんを中心にユニークな「書、灯、花(雑草いけばな)、奏(二胡)のあそび展」(17時〜21時半)が開催されている。
 金重さんの友人で、小郡町の書家・ペン習字の田辺志雲さん、雑草いけばな指導の苅田一翠さん、二胡の奏者伊藤千春さん4人によるコラボレーション。
 ..
2008年07月28日(月) No.708 ()

富海水泳講習会開催


水泳講習会で跳び込みのために船に乗る児童ら(23日・富海)

 今年で第68回を数える伝統の富海水泳講習会が23日〜25日、富海海水浴場で開かれた。児童・生徒に海での泳力(特に遠泳力)を身につけさせ、水泳に対する自信を与え、水難事故より身を守らせようと防府市教育委員会と同体育協会が毎年実施しているもので、今年は市内の小学校の5・6年生125人(男子52人・女子73人)が参加。市内の小学校の教員29人の指導で..
2008年07月25日(金) No.707 ()

メルシー夏の贈り物


おかげさまと名水ゼリー詰め合せ

 宮市町のメルシーでは夏の贈り物やお中元におかげさまと酒垂の名水フルーツゼリーの詰め合わせを薦めている。
 おかげさまは創業当時から作り続けているマドレーヌと言うお菓子で、創業30周年のとき、おかげさまで30年も続けることができましたという感謝の意味で「おかげさま」と命名。おかげさまは台道の三輪広義さんが無農薬・無化学肥料で育てられた小麦粉、みずほの「なっとく卵..
2008年07月25日(金) No.706 ()

全国金魚すくい選手権


全国大会出場者の皆さん

 20日9時から、下右田片山の蟇嶋松翠園笑顔ステーション・右田で『第14回全国金魚すくい選手権大会予選・第3回山口県防府市大会』が開催された。
 個人戦で小中学生の部に126人、一般の部(高校生以上)に85人が参加、奈良の全国大会出場を目指して腕を競った。
 結果は小中学生の部で防府市の中学1年生陣川誉行くんが22匹をすくって優勝、2位には16匹すくった防府市の小学3年生..
2008年07月24日(木) No.705 ()

観光メイト・スマイル防府決定


次期スマイル防府に決定した林知代さん(左)と中川智絵さん

 防府市観光協会が募集していた防府をより幅広くPRする2008年〜2009年の「観光メイト・スマイル防府」審査会が13日に行われ、1次審査を通過した9人の中から中川智絵さん(23歳・国衙・西京銀行防府支店)と林知代さん(25歳・大道・FMわっしょい等のコミュニティFM局でパーソナリティ)の二人が選ばれた。
 二人は13日に防府市役所を訪れ、..
2008年07月23日(水) No.704 ()

村田郁夫のセピア色の青春昭和31年7月富海海水浴場


 この写真を撮影してから丁度52年目の夏がやってきました。今年も梅雨明けが早く毎日猛暑が続いていますが、昭和31年も例年になく暑い夏でした。暑さしのぎのレジャーは海水浴しかなくどこの海水浴場も大賑わいでした。(村田氏談)
2008年07月23日(水) No.703 ()

第13回三田尻の女尻相撲


ベスト4の上位入賞者の皆さん

 20日、21日とお茶屋町の老松神社で恒例の今天神祭が開かれた。
 20日は、16時から子供尻相撲大会、17時から前夜祭、18時からは第13回となる三田尻の女尻相撲大会が開催され野本あすかさんが初の横綱の座についた。
 21日は、14時から祭典、14時半に神幸発御、18時からは龍美女太鼓による奉納太鼓・山田社中による日本舞踊・カラオケなどの演芸大会が開かれた。
 今年の女尻相撲..
2008年07月22日(火) No.702 ()

まちの駅基本構想・計画


まちの駅施設が予定されている防府天満宮参道西

 防府市は防府天満宮参道西側に整備を計画中の防府市観光交流・回遊拠点施設「まちの駅」の基本構想と基本計画を策定し、18日に公表した。
 それによると平成20年度に提案される課題解決法を審査して設計者を選定する「プロポーザル方式」を採用しての実施設計を行い、21年度に建設工事、年度末にはオープン。施設規模は建物延床面積が500崢度で、設計者との協議の..
2008年07月22日(火) No.701 ()

VIP第1回防府パリ祭


第1回防府パリ祭風景

 20日、八王子のサルビアホテル防府2階光琳の間で、シャンソンの祭典防府パリ祭がアミューズメントVIPの主催で開催された。
 アミューズメントVIP藤井忍さんがシャンソン生活で出合った矢野美智子さんなど、数々のオーデションに合格した仲間が駆けつけ、各自の持ち味を活かした素晴らしい装いの衣裳で次々にシャンソンを披露した。
 今回の出演は矢野美智子、司麻、小山節子、小野恵..
2008年07月22日(火) No.700 ()

向島小児童エビ放流


稚エビを放流する向島小児童ら(15日・向島運動公園前海岸)

 県漁協吉佐統括支店の漁業者により組織された栽培漁業推進協議会が向島の施設で中間育成したクルマエビの種苗(稚エビ)を15日、向島小学校(藤井悟校長・児童数62人)の児童らが海に放流した。子どもらに水産業に対する理解と関心を深めてもらう目的で、参加した2年生10人と5年生8人は6月11日に施設の水槽に稚エビが受け入れられるところも見学している。..
2008年07月18日(金) No.699 ()

防府モンロー国際交流市民の会が総会


【上】南園HIFA会長の発声で乾杯【下】あいさつする脇会長

 防府市の姉妹都市、アメリカミシガン州モンロー市と毎年夏休み相互に高校生の交換ホームステイを行うなどの国際交流を推進している「防府・モンロー国際交流市民の会」(通称「モンロークラブ」・脇正典会長)の総会が16日、サルビアホテル防府で行われた。懇親会には14日に来防したモンローの高校生5人やホストファミリー、防府市の国際交流関係者や今まで..
2008年07月18日(金) No.698 ()

阿弥陀寺で重源上人しのぶ開山忌


林住職と市内外の僧らによる重源上人奉賛法要(14日)

 牟礼の東大寺別院阿弥陀寺(林寛孝住職)で14日、同寺を開創した俊乗房重源上人(1121〜1206年)の遺徳をしのぶ開山忌法要があった。厳しい暑さの中を市内外からお参りの人が訪れたが、法要が行われた本堂には時折涼しい風も吹き抜けていた。
 同寺は周防国の木材を用いて東大寺を再興した重源上人がこの地の拠点として文治3(1187)年に開創した名..
2008年07月17日(木) No.697 ()

野島で清掃活動や料理教室


野島漁協婦人部によるお魚料理教室

 5日、野島の津久美浜で、防府地区少年相談員連絡会(若月静人会長)と防府警察署少年係主催による環境保護、清掃活動が行なわれ、市内スポーツ少年団有志と国府中学校の少年リーダースなど生徒60人、関係者20人が参加した。
 同活動は、青少年に郷土の自然豊かで美しい環境を保全する清掃、島人との交流、さまざまな体験を通して、次代を担うリーダーづくりを目指して行なわれたも..
2008年07月17日(木) No.696 ()

防府ユネスコ協会がキャンペーン


平和の鐘を鳴らす脇会長と園児ら(12日)

 防府ユネスコ協会(脇正典会長)が第2回平和の鐘を鳴らそうキャンペーンを12日、右田の乗円寺で実施し、同協会の会員や地元の幼稚園・保育園児らが鐘を鳴らして世界の平和を祈った。
 同キャンペーンは「民間ユネスコ運動・夏のキャンペーン」全国一斉活動イベントの一環として実施されたもの。1947年7月19日に疲弊した占領下の日本において世界初の民間ユネスコ協力会..
2008年07月16日(水) No.695 ()

地産・地消の店紹介◆{АΔΔ匹鸚賁臈后屬賓Гどん」


野菜たっぷりミックスかき揚げ丼セット

 ルルサス防府の丼・うどん専門店「ど丼がどん」(高橋健一店長)ではこのほど阿東町産の米と地物の野菜をたっぷり使った「野菜たっぷりミックスかき揚げ丼セット」(みそ汁セット:490円・小わかめうどんセット:590円(税込))の提供を開始。これにより山口地域地物推進協議会(志賀裕和会長)とやまぐちの農水産物需要拡大協議会(城市徹也会長)から地産・地消に取組む店..
2008年07月16日(水) No.694 ()

防府ジュニアバドミントンクラブが初の全国出場を果たす


初の全国大会へ出場する選手と監督(12日・富海小体育館)

 防府ジュニアバドミントンクラブ(山本則雄代表・団員25人)の子どもらが8月に京都府と熊本県で開催される全国大会へ出場する。同クラブからの全国大会出場ははじめてで、選手らは「自分たちの力が出せるようにがんばりたい」と練習に励んでいる。
 出場する大会は団体の第24回若葉カップ全国小学生バドミントン大会と個人の第9回全国小学生ABCバドミン..
2008年07月15日(火) No.693 ()

日本大学桜門会山口県支部防府分会


分会総会であいさつする塚原新会長

 6月28日(土)防府駅前の松月で、日本大学桜門会山口支部防府分会総会が開催された。
 吉井利行山口県支部長、大隅博志副支部長列席の下に、小松宗介世話人の司会で、校歌斉唱、分会の再結成の設立総会、塚原明世話人代表が「県支部長はじめ役員列席のもと、総会が開催出来、感謝でいっぱい、今回、有志の希望により、防府分会を再設立することになり、20年前に作成された名簿などを..
2008年07月15日(火) No.692 ()

村田郁夫のセピア色の青春┥赦31年と平成20年夏富海海水浴場風景


 昭和31年夏(上)と平成20年の夏(下)、半世紀をへだてた富海海水浴場風景です。同じところから撮影したものですが、海岸線がかなり低くなっているように感じました。昭和30年代は夏のレジャーも少なく海水浴は家族にとっての楽しいふれあいの場所でした。今は海水浴に行く人が本当に少なくなりましたね。(村田さん談)
2008年07月15日(火) No.691 ()

第29回山頭火全国自由律俳句大会募集要項


 第29回山頭火全国自由律俳句大会実行委員会では、「一般の部』と、『幼、小、中、高校生の部」、二部門の自由律俳句を募集している。
 選者は伊藤完吾、いまいきれ尚夫、窪田耕二、重富架光、清水八重子、田中陽、富永鳩山、那須正幹、久光良一、藤原よし久、山口穂銘、渡野辺朴愁各氏。
 募集規定は、自由律俳句・口語俳句であること。一般の部は、2句1組とし、1人3組まで、所定の応募用紙(コピー可)を使用するこ..
2008年07月14日(月) No.690 ()

佐波川鮎釣り大会開催


コロガシ釣り(後列)と友釣りの入賞者の皆さん

 アユ釣りシーズンの恒例イベントになった佐波川漁業協同組合(駅永享佑組合長)主催の「佐波川鮎釣り大会」が13日、開催された。天候にも恵まれ、防府市と山口市を中心に県内から参加した53人が、楽しみながら釣果を競っていた。
 同大会は多くの人に佐波川のアユ釣りを楽しんでもらおうと開かれている。釣り場は防府市から山口市徳地の島地川を含む佐波川水系。釣りの..
2008年07月14日(月) No.689 ()

防府市内路線価格


市内最高価のサティ西側一帯

 1日付で広島国税局から、相続税や贈与税の土地評価額の基準になる平成20年分路線価が発表された。
 防府市関係の最高価は防府駅みなとぐち、市道大林寺協和線通りのサティ防府店の一画で、1屬△燭18万5千円。下落率は前年比マイナス5・1%で、10年連続の下落となった。ピーク時の平成4年から7年は35万円で、52・9%まで落ち込んだことになる。
 発表によれば防府市の商業地..
2008年07月14日(月) No.688 ()

市内幹線道路整備進む


平成19年度完成した一般県道大内右田線

 防府市議会の交通網整備促進特別委員会(中司実委員長)が8日に開催され、執行部から幹線道路整備状況等が報告された。幹線道路整備状況次の通り。
▽都市計画道路環状1号線(新築地町〜牟礼南小)=臨海工業地帯と、国道2号線を結ぶ幹線道路で、総延長は1665m(幅員35m)。工期は平成2〜22年度で、19年度は南工区では牟礼大橋上部工、舗装工、北工区では舗装工が行わ..
2008年07月11日(金) No.687 ()

山口地方法務局に統合


11日に業務終了、14日から本局に統合される防府支局

 存続を求めて市議会、商工会議所など関係機関が、署名活動などを展開していた山口地方法務局防府支局が、14日、本局の山口地方法務局に統合される。
 防府支局は、昭和22年5月3日に山口司法局出張所としてスタート、同24年6月1日に法務局出張所に名称変更、60年10月1日に防府支局に昇格、今年で61年目。
 法務省の出先機関の支局として、会社・法人の登記..
2008年07月11日(金) No.686 ()

第43回交通安全子供自転車県大会予選


全員の写真(写真提供・福田吉伸氏)

 5日、山口市の県総合交通センターで開催された第43回交通安全子供自転車山口県大会で、防府市代表として出場した大道小A、Bチームは、団体の部で優勝、準優勝。個人の部でも優勝、上位を独占する大活躍、昨年に続き全国大会に出場する。
 全国大会は8月8日、東京のビッグサイトで開催、47都道府県から各一チーム、代表の47チームが、自転車の運転と交通知識を競う。
 同..
2008年07月10日(木) No.685 ()

6日、佐波川流域で一斉清掃


6日行われた佐波川一斉清掃風景

 6日8時から防府健康福祉センター管内環境衛生連絡協議会、防府市環境衛生推進協議会の主催による恒例の佐波川一斉清掃が行なわれた。
 同清掃活動は「やすらぎのある暮らし」の実践活動として、7月の河川愛護週間を機に、地域住民が主役になって一斉清掃を行なうことにより環境保全意識の高揚を図ろうと、昭和49年から継続されている。
 8時、新橋の本部会場で松浦市長が挨拶..
2008年07月10日(木) No.684 ()

中関港に日本一のクレーン船


 7月6日4,100トンを吊り上げることの出来る日本一のクレーン船「海翔」が中関港から蠹豕鐵骨橋梁防府工場(今井静哉工場長)で製造した「晴豊2号橋・東京晴海と豊州を結ぶ550mの5ブロックのひとつ」130m×36m、重さ2535トンの巨大橋梁を輸送船に乗せた。上が作業中の様子、下が輸送船に乗せ終った橋梁。(撮影者・松本利夫さん)
2008年07月09日(水) No.683 ()

ソラールで防府市の近代工業の歴史展


塩田と自動車を対比した導入部

 防府市の明治時代以降の工業の興隆の軌跡と現在の会社の元気いっぱいの技術力を紹介しようという企画展『防府市の近代工業の歴史』が防府市青少年科学館ソラールで開催されている。
 「工業の観点から防府市を見直そう」という同展を見れば、「活躍している防府工業の実情やそれが市の文化、財政にも反映していることが分かり、ふるさとに誇りを感じることができる」という。会期は20日..
2008年07月09日(水) No.682 ()

ほたみ珈琲のオリジナルブレンド


珈琲の贈り物ギフトも勢揃い

 台道遠ヶ崎のほたみ珈琲では暑い季節にぴったりの贅沢な水出しコーヒーやお店のオリジナルブレンドを使った無糖アイスコーヒーを提供。贈り物にぴったりの竹編み箱や竹篭、着物地巾着のギフトセットも取扱う。
 同店ではまろやかな水出しコーヒーが家庭などでも気軽に楽しめるよう、後は水に浸すだけのコーヒーバッグを用意。マンデリンやタンザニアなどの豆をブレンドし、水でも出やすい..
2008年07月09日(水) No.681 ()

アトランタ五輪水泳選手の伊藤俊介さん/向島小プールで児童指導


オリンピック選手から直接指導を受ける向島小児童たち

 向島小学校(藤井悟校長・児童数62人)に文部科学省の「トップアスリート派遣指導事業」で全国高校総体3冠やアトランタオリンピック出場など輝かしい実績を持つ水泳選手、伊藤俊介さん(32歳)が来校し、全校児童に水泳指導を行った。
 この事業は文科省から日本体育協会が委託を受け、トップアスリートがその豊かな経験と卓越した技術をもとに子どもたちに指導..
2008年07月08日(火) No.680 ()

全国中学生テニス選手権県予選で1位/桑山中硬式テニス部


試合でも好成績おさめた部員たち

 クラブチーム等でメンバーが個々に練習を続け、このほど初めて学校の団体チームとして出場した桑山中学校の臨時部「硬式テニス部」が6月に行われた第35回全国中学生テニス選手権大会山口県予選大会で男子団体1位に輝き、7月23日から広島市で行われる中国大会に出場する。
 3年生3人、2年生5人、1年生2人の部員らは小学校の頃から硬式テニスを始め、なかには早くから始めたの..
2008年07月08日(火) No.679 ()

富海・田の浦・野島海開き


神事で安全を祈願する関係者ら

 夏もいよいよ本番。市内の富海・田の浦・野島の3海水浴場は5日、そろって海開きした。富海海水浴場では合同安全祈願祭が行われ、関係者らが安全と賑わいを祈願した後、地元や市内から集まった約600人の人らが風船飛ばしや地引き網体験などで海水浴シーズンの開幕を祝った。
 合同安全祈願祭でははじめに海の家で地元の国津姫神社・佐伯聖之宮司による神事が行われ、佐伯宮司がお祓..
2008年07月07日(月) No.678 ()

村田郁夫のセピア色の青春Ь赦31年夏、富海海水浴場風景


 ほかに楽しみが少なかった昭和30年代の夏の最大のレジャーは海水浴でした。富海海水浴場は駅からも近く光の虹ヶ浜と並んで、県内を代表する海水浴場として有名でした。私もカメラを持って良く出かけました。(村田さん談)
2008年07月07日(月) No.677 ()

防府の夏を盛り上げるサマーコンサート開幕


HCBカウントエースの演奏でサマーコンサートが開幕(2日・天神ピア)

 銀座商店街入口の天神ピアで2日、天神サマーコンサート2008が開幕した。防府の夏を盛り上げるイベントとして天神ピア・まちづくり防府が主催する同コンサートも今年で6年目。年を重ねるごとに市民らを中心にした出演団体の数も増えて多彩になり、今年はさまざまな音楽の演奏からフラダンスや朗読などまで昨年よりも約10団体多い約40団体が1..
2008年07月04日(金) No.676 ()

第13回高野山旗学童軟式野球選手権・佐波スポ少野球部が出場


7月25日からの全国大会に出場する選手達

 佐波スポーツ少年団野球部が6月1日と14日に西京スタジアムで開催された、高円宮賜杯全日本軟式野球大会山口県決勝大会で準優勝し、和歌山県高野町で7月25日から29日まで開催される第13回高野山旗学童軟式野球選手権大会に出場することが決まった。7月2日には17人の出場部員や山本真作監督らが防府市役所を訪れ、松浦正人市長へ出場を報告した。
 松浦市長は「白熱した予..
2008年07月04日(金) No.675 ()

防府市文化協会記念総会


アスピラート音楽ホールで盛大に開催された総会(橋口会長の挨拶)

 28日、アスピラート音楽ホールで、満席の会場で、防府市文化協会主催の第10回記念総会と表彰式が盛大に開催された。
 式典では、橋口照男会長が「本会は藝術・文化を通じて市民の文化意識の向上を図るとともに、自主的な文化活動を促進し、薫り高い文化の街づくりの貢献することを目的に発会、多くの支援者の協力を得て、記念すべき10周年を迎えた、..
2008年07月03日(木) No.674 ()

村田郁夫のセピア色の青春昭和32年春・迫戸川を行く娘たち・半世紀後の現在の風景


 迫戸川沿いの小経はとても風情のある雰囲気でした。当時はまだ田んぼも残っており、川沿いには水車もありました。徳地方面から天満宮に参拝する道にもなっており、賑やかな生活道でもありました。さっそうと歩いているこの娘さんたちは、もう70歳のなかばになっていると思います。どういう人生を送られたでしょうね(村田さん談)
2008年07月03日(木) No.673 ()

富海クリーン作戦


富海小中学生ははじめて合同縦割り班を作って活動した

 富海海水浴場で1日、5日の海開きへ向けたクリーン作戦が実施され、地域の人やはじめて参加した航空自衛隊防府北基地の隊員ら約520人が清掃活動を行った。地域の人らは「水も浜辺もきれいな富海海水浴場に、たくさんの人に来てほしい」と話していた。
 「富海クリーン作戦」と名づけた海水浴場や周辺地域の清掃活動は富海地区社会福祉協議会と富海小・中学校..
2008年07月02日(水) No.672 ()

地産・地消の店紹介 .ぅ織螢⇔鼠オステリア・アンコーラ


パスタ“フェットゥチーネ”による鱧のパスタランチ(1600円)

 ルルサス防府のイタリア料理店「オステリア・アンコーラ」(大久保憲司オーナーシェフ)ではこのほど防府で水揚げされた天神ハモと山口市嘉川産の小麦「ニシノカオリ」を使った自家製生パスタによる「鱧のパスタランチ」(1600円(税込))を提供。これにより山口地域地物推進協議会(志賀裕和会長)とやまぐちの農水産物需要拡大協議会(城市徹也会長)..
2008年07月02日(水) No.671 ()

防府天満宮で御田植祭と名越神事


上・ミニ神田で巫女らが田植えをした御田植祭(6月30日)下・参拝者らが健康を願って輪くぐりをした名越神事

 防府天満宮(鈴木宏明宮司)で6月30日、「御田植祭」と「名越神事」が行われた。
 1年の折り返し点のこの日に今年の豊作を祈り、暑い夏を乗り越えて後半の半年間を健康に過ごそうと願う年中行事で、梅雨の中休みの好天にも恵まれて大勢の参拝者や神事を撮影するアマチュア・カメラマンらで賑わった。参拝..
2008年07月01日(火) No.670 ()

村田郁夫のセピア色の青春・昭和32年春・佐波川本橋と半世紀後の風景


 昭和32年春、佐波川桜土手の桜の風景です。バックに見えるのは本橋です。(昭和32年4月12日撮影)その頃は、4月の花見時期になると市民は勿論、近郊から大勢の方が花見にこられてそれは賑やかでした。下の写真は現在(平成20年6月25日)同じところから撮影した写真です。(村田さん談)
2008年07月01日(火) No.669 ()