華城地域でどんど焼き


華城小児童らが参加した華城どんど焼き(9日・公民館南広場)

 正月も早くも中旬に入り、市内でも各地域などで正月飾りなどを燃やすどんど焼きがはじまっている。華城地域では9日15時から華城公民館南側のコミュニティ広場で、華城地区青少年健全育成協議会と華城校区子ども会育成連絡協議会が主催する恒例のどんど焼きが行われた。地域の人と華城小学校(寺内淳校長・児童数820人)の児童らが参加し、広場の真ん中に..
続きを読む
2008年01月11日(金) No.481 ()

新たな夢へ柔道鏡開き


元気に合同練習を行う子どもら(5日・武道館)

 平成20年防府地区柔道鏡開きが5日、浜方の市武道館で開かれた。防府市柔道協会(今井和男会長)が主催する防府地区の柔道関係団体による合同の稽古始めで、今年で7回目。幼児から一般まで約120人が参加し、新たな夢へ向かって合同練習などを行った。
 鏡開きには防府地区の柔道スポーツ少年団4団体の幼児・小学生や中学生、高校生、一般の人らが参加した。
 ..
続きを読む
2008年01月11日(金) No.480 ()

防府少年剣友会の元旦稽古始め


防府少年剣友会の元旦稽古始め

 元旦9時から佐波小の新しい体育館で、伝統の第46回防府少年剣友会の恒例「元旦稽古会」が開催され、小学生、中学生、高校生から一般、そして市外、県外からの参加者も含め百人が参加し、松原寛治さんらの指導でさわやかな汗を流した。
 同稽古会は、山口県の剣道界のリーダー役だった故時政鉄之助先生などにより、昭和38年に創設され、今も継続されている歴史と伝統のある有名な元旦練..
続きを読む
2008年01月10日(木) No.479 ()

第86回全国高校サッカー選手権大会・高川学園で3位報告会


大会の報告をする白井監督と出場選手ら(8日)

 第86回全国高校サッカー選手権大会で3位になった高川学園高校サッカー部の報告会が8日、同校講堂で開かれた。白井三津雄監督や小川純主将が「選手、応援の生徒や教職員、みんなが一丸となって戦った結果。感謝したい」などとあいさつし、高川晶校長が「偉大な結果は学園の財産」と選手らを讃えた。
 同大会は12月30日から首都圏9会場で開催され、高川は1回戦で岐阜..
続きを読む
2008年01月09日(水) No.477 ()

全日本アンサンブルコンテスト山口県大会開催


金賞を受賞した松崎小フルート四重奏(12月23日・公会堂)

 第1回山口県総合芸術文化祭・第31回全日本アンサンブルコンテスト山口県大会(山口県・山口県吹奏楽連盟など主催、防府市など共催、防府地区吹奏楽連盟など主管)が年末の12月22日〜24日、防府市公会堂で開かれた。市内からは国府中学校と防府西高校の5組が中国大会に出場する代表に選ばれた。両校の各1組は中学校の部と高校の部の最高賞も受賞した。また、松..
続きを読む
2008年01月09日(水) No.476 ()

恒例七草かゆの会に百人


2009/0108


健康を祈って七草かゆを食べる参加者
 7日朝6時半から、防府天満宮で、百人の善男善女が集い、恒例の天神七草粥会が開催された。
 七草粥の風習は古くから日本で行われている伝統の季節行事で、七草の野草を食べることで、新しいエネルギーを蓄え、災禍より逃れるという。
 市内各地から参加した百人の善男善女は、本殿で御祓い、高橋正典権宮司の先導で祝詞奏上、鈴木宮司からの新年卓話を聞..
続きを読む
2008年01月08日(火) No.920 ()

マツダ工場で初荷歓送式


ナイアガラシャワーと拍手で送り出される初荷

 マツダ防府工場(中野雅文工場長)西浦地区で初出勤日の7日、平成20年初荷歓送式が行われ、マツダの社員、労働組合、販売会社、協力会社などから約200人が参加し、今年の初荷を見送った。
 式では中野工場長が「今年はマツダアドバンスメントプランの2年目としてさらに飛躍を遂げる1年にしたい。今年は新型アテンザも生産開始予定。心を込めて生産することで、顧客..
続きを読む
2008年01月08日(火) No.475 ()

平成元年の華城100周年タイムカプセルを開封


20年振りに掘り出されたタイムカプセル

 華城コミュニティ推進協議会(清水玲持会長)は華城120周年記念事業の締めくくりとして5日、華城公民館でタイムカプセルの開封と新たな埋設を行い、地域から30人以上が参列した。次回は平成41年に開封される予定。
 明治22年4月1日に仁井令村、伊佐江村、植松村が合併して佐波郡華城村が誕生して100周年となる平成元年にタイムカプセルが華城公民館前庭に埋設された。..
続きを読む
2008年01月07日(月) No.919 ()

西京高校出身の新人漫画家山根聖史さん


好評発売中の「彼女とキスする50の方法」

 講談社発行のマガジンスペシャルに連載中で、昨年11月に単行本1巻が新発売された西京高校出身の新鋭漫画家山根聖史さん(現在埼玉県在住・32歳)の漫画「彼女とキスする50の方法」(講談社刊・400円)の人気が急上昇している。
 山根さんの本名は上村聖史さん、市内天神2丁目のジュエリー・ミツヤ取締役光谷和浩夫人さおりさんの実弟で、防府市にもゆかりの漫画家。
 ..
続きを読む
2008年01月07日(月) No.918 (未分類)

平成20年防府市消防出初式


表彰などがあった式典(5日・公会堂)
 今年1年の安心安全な地域社会づくりへの決意を新たにする平成20年防府市消防出初式が5日、公会堂と周辺の道路などで行われた。消防職員や消防団員、幼年消防クラブの園児など約700人が参加。式典と観閲行進や一斉放水があった。
 式典でははじめに松浦市長が「日頃の皆さんの活動に敬意を表する。市民の安心と安全の確保のために万全を期して行政の役割を果たしたい。今年も防..
続きを読む
2008年01月07日(月) No.474 ()

防府天満宮で新春恒例の「釿始式」


「やーっ」とかけ声とともに釿が打ち下ろされた(5日)

 防府天満宮(鈴木宏明宮司)で5日、新春恒例の「釿(ちょうの)始式」が行われた。宮大工らが古式に則って今年1年の工事の安全や建築業界の発展を祈願し、境内を埋めた初詣の参拝者らがめずらしい神事を興味深げに見守った。
 釿始は建築業界の仕事始めの伝統的な儀式。同天満宮では古くから行われていたといい、現在はもろもろの工事とともに神社の営繕事業..
続きを読む
2008年01月07日(月) No.473 ()

防府天満宮で新春恒例の「釿始式」


2009/01/06

玉串拝礼をする鈴木宮司

 防府天満宮(鈴木宏明宮司)で5日、新春恒例の「釿(ちょうの)始式」が行われた。宮大工らが古式に則って今年1年の工事の安全や建築業界の発展を祈願し、境内を埋めた初詣の参拝者らがめずらしい神事を興味深げに見守った。
 釿始は建築業界の仕事始めの伝統的な儀式。同天満宮では古くから行われていたといい、現在はもろもろの工事とともに神社の営繕事業の安全を祈願..
続きを読む
2008年01月06日(日) No.917 ()

防府天満宮3ヶ日43万人


雪景色の平成20年の初日の出(桑山山頂より)

 平成20年、子年の幕開けは、例年のように防府天満宮目指しての車の列、今年は前日からのみぞれ混じりの悪天候で、足並みは少し鈍かったものの、松崎小、佐波中の臨時駐車場へは列の出来る賑わい。
境内ではFMわっしょいパーソナリティの乾則文、山本志穂の元気コンビによるカウントダウン、華やかに2008年がスタートした。
 今年の年明けまでは、昨年とは大違..
続きを読む
2008年01月04日(金) No.472 ()

1月の日報カレンダー