子育て支援企画12回目・防府っ子の集い賑わう


大勢の親子が参加して賑わったわいわい防府っ子の集い(27日・武道館)

 防府市母子保健推進協議会(羽島幸子会長・155人)が主催する子育て支援の催し、「わいわいHOFUっ子の集い」が27日、武道館で開かれた。未就園児と保護者が対象で、12回目(年1回)の今年は親子約250組、500人以上が参加。母子保健推進員と共催の食生活改善推進協議会、シルバー人材センター、ファミリーサポートセンター、市役所健康..
続きを読む
2007年09月28日(金) No.370 ()

玉祖神社・秋の例大祭


伝統の占手神事

 22日、23日の両日、大崎の周防国一ノ宮・玉祖神社の秋の例大祭が行なわれた。
 22日11時から中浦浜辺で釣垂神事、16時から松浦市長も参列、土鼎奉納式、17時から相撲の原点として日本相撲協会の機関紙にも紹介された占手神事が保存会の松永博視さんと土屋悟さんらにより奉納された。
 23日は11時から本殿で祭典、15時、玉祖校区子ども会による奉納子どもみこしで盛り上げた。
 境内では市内の..
続きを読む
2007年09月28日(金) No.369 ()

来年4月水産総合交流施設誕生


水産総合交流施設1階のイメージ

 防府水産物荷受協同組合(中村資弘理事長)は来年4月、市内新築地町2―3に水産総合交流施設を開設することになり、現在公募にて施設名を募集している。採用者には賞金1万円が贈られるほか、オープンセレモニーに出席して芸能人ゲストとの記念撮影と、海鮮料理フルコースのペア招待がプレゼントされる。〆切は10月31日。
 この施設は鉄骨2階建で、延べ2614屐1階は魚介類の..
続きを読む
2007年09月27日(木) No.368 ()

10月の日報カレンダー


30日、繁枝神社で秋季例祭


例祭で奉納される「十二の舞」(平成16年)

 大道の繁枝神社(林伸彦宮司)で30日、秋季例祭が行われる。今年は3年に一度の「十二の舞」も12時(予定)から拝殿で奉納される。
 同神社の「十二の舞」は大道旦東地区の人らが諸悪退散、五穀豊穣を祈願して古くから奉納してきたもの。近年の急激な社会的、経済的な変化で保存・継承も困難になってきていたが、現在は地元の保存会によって郷土芸能として伝承されている。..
続きを読む
2007年09月26日(水) No.366 ()

交通安全功労者等表彰


佐々井防府警察署長から表彰

 秋の全国交通安全運動が始まった21日、防府交通安全協会(藤井清美会長)は中央町のJAほうふとくぢ農協本所大ホールで交通安全功労者や優良運転者等47人を表彰した。会場には関係者多数が出席、受賞者に表彰状と記念品が贈られた。受賞者次の通り(敬称略)。
[中国5県表彰]▽交通安全功労者=田中譲(華城)▽優良運転者=山崎和代(華陽)、小川禎一(華城)。
[県表彰]▽交通..
続きを読む
2007年09月25日(火) No.365 ()

宇佐八幡宮で秋まつり・子どもら腰輪踊り奉納


宇佐八幡宮例大祭で腰輪踊りを奉納する鈴屋地区の子どもら(鈴屋公会堂)

 秋まつりのシーズン。22日・23日は鈴屋の宇佐八幡宮(石村守宮司)で秋の例大祭が行われる。22日は奉祝前夜祭、23日は例大祭や御神幸など。23日は例大祭の終了後、11時半頃から市指定無形民俗文化財「腰輪踊り」が奉納される。
 「腰輪踊り」は鈴屋と奈美の子どもらが交替で奉納しており、今年は鈴屋が当番。胴取り、棒使い、鉦打ちの12人の子..
続きを読む
2007年09月21日(金) No.364 ()

第16回玉泉湖瓢箪コンクール


瓢箪コンクール入賞者と関係者(玉泉湖温泉)

 19日、玉泉湖温泉で、山瓢の会主催、第16回瓢箪祭りコンクール表彰式が行われた。
 田中幹夫山瓢の会会長が「全国に数少ないコンクール、回数を重ね年々レベルの高い作品が出品されるようになり喜んでいる」と挨拶。
 今回、顧問職になる山本勇作前副会長に感謝状が贈呈された。
 表彰式に移り、グランプリの山口県知事賞(基本型)には、市内台道上り熊の中山良..
続きを読む
2007年09月20日(木) No.363 ()

山口銀行右田支店振り込め詐欺被害阻止


感謝状を受けた井上さんと金重さん

 山口銀行右田支店の、井上隆支店長(51)と同防府支店右田地区担当課長代理、金重悟さんが利用客の詐欺被害を未然に防いだとして14日、防府警察署で佐々井隆幸署長から感謝状贈呈された。
 井上さんは8月29日12時50分ごろ、山口銀行右田支店のATM機コーナーで防府市在住の男性、Aさん(80歳)がよく聞こえる声で携帯電話で会話しているのを見つけた。最近の振り込め詐欺の手口..
続きを読む
2007年09月19日(水) No.362 ()

市内各地区で敬老会


西浦のエヒメアヤメ一座の劇(西浦小)

 「敬老の日」だった17日、市内でも各地区で敬老会が開かれ、式典や演芸などで地域の高齢者の長寿を祝った。今年の市内の敬老会対象者(75歳以上)は男性5244人・女性9270人の計1万4514人(9月1日現在)だった。
 華城地区は華城小学校体育館で敬老会を開いた。式典でははじめに主催者を代表して同地区社会福祉協議会の針間照正会長が「年々、高齢者が増えている..
続きを読む
2007年09月18日(火) No.361 ()

日韓親善文化交流美術展


出品者記念写真

 16日・17日、ルルサス2階の多目的ホールで、防府市日韓親善協会と韓国藝術文化団体総連合江原道春川支会主催「アジア、私たちの未来に光は満ち溢れている・第17回日韓親善文化交流美術展」が開催され、16日10時から関係者によるテープカットが行われた。
 神徳通也防府日韓親善協会会長が、「春川市とスポーツ交流32年、芸術文化交流も17年目を迎え感慨無量、これからも、心と心が響きあう交流の輪を..
続きを読む
2007年09月18日(火) No.360 ()

防商ショップが開店


防商ホットショップがオープンし大勢の市民らで賑わった(13日・天神ピア)

 防府商業高校(山本信夫校長)の生徒らによる販売実習店「防商ホットショップ」が今年も天神町銀座商店街の天神ピアにオープンした。初日の13日にはオープニングセレモニーが行われ、生徒や市、商工会議所、商店街の代表らがテープカット。生徒らの元気のいい「いらっしゃいませ」の声が響き、待ち構えた買い物客らが早速、地元産の野菜や果物、..
続きを読む
2007年09月14日(金) No.359 ()

納骨殿の見学説明会


来年4月の完成をめざして建設中の納骨殿

 防府天満宮(鈴木宏明宮司)で23日13時〜16時、来年4月完成予定で建設が進められている納骨殿の見学説明会が開かれる。同天満宮では「広く市民の皆さんに知っていただきたい。規模や立地の状況などを見ていただきたい」と関心を持つ人らに呼びかけている。
 防府競輪場下(羅漢寺墓地北側)に建設中の納骨殿は敷地面積が約7700屐構造規模は鉄筋コンクリート造平屋建、..
続きを読む
2007年09月14日(金) No.358 ()

市議会一般質問


市議会一般質問


第28回天満宮杯将棋名人戦を開催


小中学生も活躍した将棋名人戦(9日・防府天満宮参集殿)

 日本将棋連盟防府支部(本多幸雄支部長)が主催する第28回天満宮杯将棋名人戦が9日、防府天満宮参集殿で開かれた。今回はプロ棋士の有吉道夫9段と矢倉規広6段をゲストに迎え、県内外から将棋愛好者ら103人が参加。熱戦の結果、名人戦では市内台道の自営業、北村公一さん(42歳)が優勝を飾った。
 名人戦は総平手トーナメント方式で行われ、5位までが..
続きを読む
2007年09月13日(木) No.355 ()

市議会一般質問


市内の百歳以上63人に


市議会一般質問


日本新聞協会配達に関する代表標語・竹重満夫さんの作品に


竹重満夫さん

 5日、日本新聞協会は第60回新聞週間に当たって、募集していた「新聞配達に関する標語」の代表標語に、市内中央町の竹重満夫さん(73歳)の作品「変わる世に変わらぬ信頼配達制度」を選んだと発表した。
 竹重さんは職場を定年後、若いころから興味のあった標語やキャッチフレーズ、川柳、短歌つくりに挑戦。いろいろな分野の作品募集に応募、今回は日頃思っている新聞配達の人たちへの感謝をこのキャッ..
続きを読む
2007年09月11日(火) No.351 ()

総合社会福祉大会を開催


式典で功労者や団体の表彰が行われた大会(7日・公会堂)

 第25回防府市総合社会福祉大会(防府市・防府市社会福祉協議会など主催)が「〈元気〉を支えるあたたかい福祉のまちづくり」をスローガンに7日、公会堂で開かれた。功労者表彰の他、閼伽井坊(下松市)名誉住職・三池孝尚さんによる記念講演「今を大切に」や福祉展もあった。
 式典で市社会福祉協議会の西村謙会長は「隣りを思いやる心が大切。共助の力を発..
続きを読む
2007年09月10日(月) No.350 ()

防府酒販組合が独自の清酒「周防郷乃香」発売


オリジナル清酒の発表をする酒販組合の松島理事長(6日・商工会議所)

 防府酒販協同組合(松島満理事長)がかねてより目標にしていたオリジナル清酒を完成し、6日から発売をはじめた。吟醸酒「周防郷乃香(すおうさとのかおり)」は山口県のオリジナル酒米「西都の雫」を100%使用(精米歩合55%)して、金光酒造株式会社が醸造。ほのかな香りのすっきりとして飲みやすい、やや辛口のお酒に仕上がっているという。今..
続きを読む
2007年09月07日(金) No.349 ()

9日、中学校運動会


厳しい残暑の中で騎馬戦の練習に取り組む右田中生徒ら(6日)

 2学期がはじまり、学校では早くも運動会シーズンが開幕。9日には市内の中学校(富海・野島を除く)で運動会が開催される。練習期間も短いため、各校では生徒らが残暑の厳しい中、始業式の日から熱心に練習に取り組んでいた。
 右田中(山本隆一校長・生徒数445人)のスローガンは「絆」。山本校長は「スローガンのとおり、3年生を中心に1・2年生..
続きを読む
2007年09月07日(金) No.348 ()

右田中吹奏楽部29回定期演奏会


右田吹奏楽部とOBの合同演奏風景

 2日13時半から防府市公会堂で、右田中学校(山本隆一校長)吹奏楽部第29回定期演奏会が開催された。
 同吹奏楽部は昭和47年スタート、ちょうど今年で35年目、たゆまぬ努力を重ね、昭和56年に山口県合奏コンクールA部門金賞以来、県内屈指の吹奏楽部として精進している。
 第1ステージは、コロボックルの棲む渓谷・神居古譚、不思議な冒険ストーリー、続いてさわやかなマーチ..
続きを読む
2007年09月07日(金) No.347 ()

少林寺流全国空手道大会


全国大会準優勝の武田千紘さん(会場で)

 3日8時半から佐波小学校講堂で行われた2学期始業式で、6年生の武田千紘さんは、全生徒の前で習得した少林寺流空手道の型を裂帛の気合とともに披露、大拍手を浴びた。
 武田さんは小学1年生のときから同山口道場の山本栄一先生から指導を受けており、めきめき上達、初段の腕前、昨年7月、広島市で開催された「2006年少林寺流錬心館(30万人)空手道全国大会小学生高..
続きを読む
2007年09月06日(木) No.346 ()

徳地の新谷酒造が設備一新して初の新しい清酒「新」を発売


新谷酒造のラインナップに新たに加わった「新(にゅう)」

 山口市徳地の新谷酒造株式会社(新谷義直社長・事務所兼販売所=堀)が山口県オリジナル酒米「西都の雫」を使用した新しい清酒を発売した。その名も「新(にゅう)」。新谷社長は「いろんな新しいが込められたお酒を味わってみてほしい」と話している。
 「新」は幻の米とされる「穀良都」と「西海222号(親=山田錦)」を交配・選抜して生まれた「西都の..
続きを読む
2007年09月06日(木) No.345 ()

第33回防府市・春川市交歓陸上大会


第33回大会記念写真

 防府市体育協会と春川市体育会は第33回防府市・春川市交歓陸上競技大会を1日、防府市陸上競技場で開催し、春川からは男子13人、女子9人、防府からは男子23人、女子18人が選手として参加した。第66回防府市民陸上競技選手権大会も同時開催され、男子210人、女子179人が参加した(市民陸上結果は次号以降に結果詳報)。
 1975年の姉妹結縁後、防府市体育協会と春川市体育会は両市を交互..
続きを読む
2007年09月05日(水) No.344 ()

秋一番・妙見神社例大祭


赤ちゃん両方大泣きで引き分け

 1日、2日両日、車塚妙見神社の秋の大祭が開催された。
 同社は霊験あらたかな商売繁盛、子どもの神様として有名で、県内はもとより広島、九州方面からの参拝者もいる。
 1日は前夜祭イベント、16時から、華浦小時代の貴闘力が参加したこともある歴史のある子ども相撲大会、そして新しい名物になった赤ちゃん泣き相撲大会、今年も坪郷盛也さんの名司会で、史上最高の43人が参加し..
続きを読む
2007年09月05日(水) No.343 ()

インストラクターの指導で川あそび


左・遊べる水辺マップづくり 右・最優秀の吉野さんと宮尾センター長

 財団法人河川環境管理財団子どもの水辺サポートセンターは全国から子ども達が水辺でやってみたい夢の計画を募集する第5回「集まれ!水夢きっず」を開催。防府市内を中心に川遊びや水生生物調査、水質調査を行う子ども団体「水の自遊人しんすいせんたいアカザ隊」所属の牟礼中1年の吉野智美さんがみんなで遊べる水辺のマップづくりを提案し、1位相当..
続きを読む
2007年09月04日(火) No.342 ()

第39回目の防府市民俳句大会


入賞者の皆さん

 2日12時から緑町の防府市文化福祉会館で、第29回防府市民俳句大会(参加80人)が開催された。
 参加者の互選の結果、大崎の田中盟子さんが孫のために心を込めて握ったおむすびのことを詠んだ「秋暑し小さく握る塩むすび」でグランプリの防府市長賞、2位の市議会議長賞には富海の伊藤よしとさん、3位の教育長賞に泉町の篠原久子さんが入賞した。
 以下次のとおり
▲レパスの緑減らして夏終..
続きを読む
2007年09月03日(月) No.341 ()

防府医師会などが市民公開講座開く


【上】あいさつする松本良信医師会長  (8月25日・アスピラート)【下】入場できない人らは会場の外のモニターを見ながら話を聞いた

 防府医師会など主催の市民公開講座「その物忘れは年のせい、それとも…〜認知症のこと、正しく知ろう〜」が8月25日、アスピラートで開かれた。医師や介護支援専門員ら4人の専門家による講演があったが、入場できない人が会場の外でモニターを見ながら話を聞くなど予想を大きく上回る..
続きを読む
2007年09月03日(月) No.340 ()