高川学園中学初入試


 27日、大道の高川学園で中学校入学試験が行なわれた。
 中高一貫校として市内でも初の中学受験に41人がチャレンジした。防府市内のほか、山口市、宇部市、周南市などからも受験生が集まった。
 試験は国語・社会・理科・算数の4科目と面接(保護者同伴)が行なわれた。
 今回はA日程で、合格発表は2月8日。
 また2月24日にはB日程の試験が予定されている。B日程の出願は2月13日〜20日。合格発表は2月28..
続きを読む
2007年01月31日(水) No.101 ()

防府天満宮節分祭


2月の日報カレンダー


28日防府市公会堂でNHKのど自慢


高川学園瑠璃山会発会


天満宮で梅が開花


 境内に1100本の梅樹がある防府天満宮(鈴木宏明宮司)から梅の開花の便りが届いた。ほぼ平年並みといい、まだちらほら(25日現在)。同天満宮では2月18日〜3月4日に梅まつりが開かれ、咲き誇る梅の花や催しを楽しめる。

防府天満宮で梅の花が咲きはじめた(25日)

2007年01月26日(金) No.96 ()

佐波川でアオサ採り


 冬の風物詩になっている佐波川のアオサ(青ノリ)採りがようやくはじまっている。暖冬と少雨の影響で岩にノリがつかず、例年なら暮からはじまるアオサ採りがほぼ1カ月遅れた。植松の佐波川土手沿いの家では21日頃からはじめたといい、24日には前日とその日の朝に採ったというアオサが冬の日差しと風に干されていた。佐波川のアオサはおいしく、安心して食べられると人気があり、同家では「今年はまだ出していないので、市場でも..
続きを読む
2007年01月26日(金) No.95 ()

寒風に挑む大会を開催


 牟礼地域の1月の恒例行事「寒風に挑む大会・ジョギング大会」が21日、牟礼小学校グラウンドを主会場に開かれた。子どもから大人まで地域の人ら約380人が参加し、ジョギングやぜんざいで健康増進と交流の楽しい一時を過ごした。
 同大会は牟礼青少年育成連絡協議会が主催、牟礼地域の多くの団体が共催して20年以上前から続いているという。大会の趣旨は「記録を競うのではなく、体力に応じて走り(歩き)、健康の増進と併..
続きを読む
2007年01月25日(木) No.94 ()

第12回大道健康マラソン大会


 第12回大道健康マラソン大会(大道走遊会・大道陸上教室主催)が21日、高川学園高校と周辺道路で開かれた。
 同大会は参加者の心身の健康保持・促進や生涯スポーツの推進、交流を目的に開かれているが、年々盛大になり、今回は県内各地から小学校1年生〜80代の316人がエントリーした。
 上位の成績は次のとおり。(敬称略)
【小学校1〜2年生の部(1辧法枌忙辧甅‐松海(長門市2年)3分51秒部坂大地(宇..
続きを読む
2007年01月24日(水) No.93 ()

市公有地公募検討委4回目の会合


大寒みそぎ


 20日6時半から、春日神社で、恒例の大寒禊が行われた。今回の第一回目の禊には、松浦正人市長ほか、86人という史上最高記録(昨年の記録76人を10人も上回る新記録)。境内に広場を走り準備運動した参加者は、2班にわかれて水温7度の禊池に入り、佐伯博祥宮司の先導で禊払い、一年間の無病息災を祈った。
 同禊は前宮司の佐伯虎之進さんが、昭和52年夏に奈良県桜井市の石上神社で禊講習会に参加、春日神社に禊神事がふさわ..
続きを読む
2007年01月22日(月) No.90 ()

玉祖幼、保園寒稽古


 玉祖幼稚園・保育園では1月11日朝10時30分より健康保育や躾教育の一助として、20年前からはじめた年長児(82人)の剣道の寒稽古の参観を行いました。(指導者・自衛隊OB栗崎良忠先生)幸い好天に恵まれ腹の底から「メーン」と大空に声を響かせ、竹刀を振り下ろす姿を見て保護者の方も感動されました。その後、全園児が輪になって、どんど焼きをして無病息災をお祈りし、親子でおしるこに舌つづみを打ち、心も体もリフレッシュ..
続きを読む
2007年01月19日(金) No.89 ()

防府駅前が変る


 5日から防府駅前の名物だった土産店、喫茶店山陽楼ビルの撤去作業がはじまった。山陽楼は明治30年、三田尻駅スタート時から110年の老舗、土産店は西側に隣接した和食部の建物内に移転した。

撤去作業がはじまった山陽楼ビル。土産店は隣の建物の移転(19日)
2007年01月19日(金) No.88 ()

防府ゆかりの11歳天才少女ピアニスト


 ニューヨークのカーネギーホールの舞台で、2度の演奏、天才ピアニストとして脚光を浴びている小林愛実さんが、4月2日アクロス福岡シンフ
ォニーホールでデビューリサイタルが決定。愛実さんが卒園した佐波幼稚園の小川善博園長は大喜びしている。
 愛実さんは宇部市生れ、幼児のころから抜群の才能、各大会で最年少受賞記録を塗り替え、山口県メダル栄光文化賞3度。
 2004年、小学2年の時、ショパン国際ピア..
続きを読む
2007年01月18日(木) No.86 ()

華浦小6年河村進太郎君が「科学の芽」賞受賞


 華浦小学校6年の河村進太郎君(石が口)がノーベル物理学賞受賞者・朝永振一郎博士生誕100年記念「科学の芽」賞を受賞。12月23日に筑波大学で表彰式があった。
 同賞は筑波大学の主催で、日本物理学会などが後援したもの。全国から総数で645点の応募があり、河村君はそのうち小学生部門281点の中から選ばれた。
 河村君の受賞作品は「風力発電機の研究」。ものを作ることをとおして科学を学ぶ団体に所属してい..
続きを読む
2007年01月17日(水) No.85 ()

還暦を祝う和服の集い


 15日11時から、防府天満宮で、日本きもの連盟、山口和装振興会、和装教育国民推進会議山口支部(江村察夫支部長)共催による日本で初めての「笑って笑って楽しい人生・第2回還暦を祝う和服の集い」が開催された。
 充実した第3の人生の門出になる60歳、還暦に日本の伝統の和服を着てスタートを飾ろうというユニークな試みで昨年に続き2度目の企画。
 防府天満宮本殿でお祓いを受け、祈願祭の後、場所を駅南のパレス愛..
続きを読む
2007年01月16日(火) No.84 ()

誠英高 山下選手が出場


第6回防府音楽祭盛大に


 新年の幕開け、きらめく音楽の町「防府」をアピールする第6回目の防府音楽祭の後半が13、14日アスピラート音楽ホールで開催され、両日とも満席、内容的にも素晴らしかったと大好評だった。
 13日は14時から、お待ち兼ねの「わくわくコンサート・音楽会へ行こう」。
 第一部は、防府弦楽合奏団メンバーが、一流アーチストの景山誠治さん、景山裕子さん(バイオリン)、石田真奈美さん(チェンバロ)トリオとともに、角中..
続きを読む
2007年01月15日(月) No.82 ()

防府音楽祭が開幕


 「きらめく音楽の街」防府音楽祭が11日、開幕した。新年恒例になった音楽祭は6回目。阿弥陀寺でのオープニングコンサートに続いて、12日には街角コンサートなどがあり、13日・14日にはアスピラートでわくわくコンサートとファイナルコンサートが開かれる。
 オープニングコンサートは「東西文化の出会い」と題して行われ、筝の山野安珠美さん、ハーモニカの和谷泰扶さん、チェロの田中雅弘さん、バイオリンの景山誠治さんと..
続きを読む
2007年01月12日(金) No.81 ()

伝統の元旦剣道稽古初め


 お正月の元旦9時から佐波中講堂で、伝統の第45回防府少年剣友会元日稽古会が開催された。
 同稽古会は昭和38年元旦から継続されている県内では、有名な元旦練成会で、山口県の剣道界のリーダー役だった故時政鉄之助先生ほかスタッフが創設、市内は勿論、近郊の剣道少年が天満宮参拝の後、稽古初め、ぜんざいで打ち上げ、一年の精進を誓う伝統行事。
 今年は佐波小講堂が工事中で、場所を移しての稽古会、小・中・高から..
続きを読む
2007年01月12日(金) No.80 ()

富海で七草粥と野草に親しむ集い


 1月7日は「七草」。富海公民館ではこれに因んだ恒例行事「七草粥と野草に親しむ集い」が前日の6日に開かれた。同公民館の主催で、今年で12回目。小中学生などの子どもや地域外の人を含む約50人が七草などの野草を採取した後、一足早い七草粥を味わった。
 同集いは日本の伝統文化に触れるとともにふるさとの自然に親しんでもらおうというもので、毎年はじめに公民館周辺の休耕田などで七草(カブ、ダイコンを除く5種類)..
続きを読む
2007年01月11日(木) No.79 ()

第64回市内一周駅伝


高川学園高校女子ソフトボール部


威勢良くセリ発開式


好天気・平成19年いのしし年がスタート


 平成19年、猪年の幕開けは、例年のように防府天満宮目指しての車の列、松崎小、佐波中の臨時駐車場は大賑わいだった。境内ではFMわっしょいパーソナリテイの乾則文、山本志穂の元気コンビによるカウントダウン、 華やかに2007年がスタートした。
 今年の元旦も昨年に続き、近年にない好天気に恵まれ、大平山ロープウエイには、初日の出を見ようと、たくさんの市民が訪れ大行列、ロープウエイは、4時から受付を開始、..
続きを読む
2007年01月05日(金) No.75 ()

島津家当主島津修久さんら毛利邸訪問


 市内多々良の毛利邸に鹿児島の名家島津家当主の島津修久さんと妻の伊津子さん、長女の寛子さんが旧ろう12月10日来訪し、毛利家72代目に当たる毛利元栄さんと妻の暁栄さんが出迎えて邸内や庭園を案内した。この訪問は世界文化社発行の月刊誌『家庭画報』の創刊50周年号である3月号(2月1日発売)のお雛様企画の対談で実現した。
 島津さんと毛利さんは社団法人茶道裏千家淡交会の役員同士でもあり、修久さんの長男と元栄さ..
続きを読む
2007年01月05日(金) No.74 ()