池田豊新市長が初登庁「連携、常に頭に入れて」



女性職員(右)から花束を受け取る池田新市長=21日午前9時

 5月の市長選で初当選した前県総務部長の池田豊新市長(61)が21日、市役所に初登庁。約200人の幹部職員を前に「市民の声をしっかり聴いて、常に関係団体の連携を頭に入れて仕事をしてほしい」と初訓示をした。(4面に関連記事)
 池田市長は「20年ぶりの市長交代で不安もあるだろうが、市民が主役であり、市民のために働くということに変わりはな..
続きを読む
2018年06月22日(金) No.4121 (未分類)

松浦市長が任期満了で退任



右手を上げ「ありがとう」と叫んで市役所を後にする松浦市長=20日午後0時20分

 防府市としては最長となる5期20年務めた松浦正人市長(75)は20日、任期満了で退任した。松浦市長は課長補佐級以上の約200人の幹部職員を前に、「7305日、17万3千時間。長い年月だった。一生懸命に働いたが、いかほどの仕事もできていない。大変申し訳なく思っているが、懸命に走り切ったということでご理解願いたい」と最後の..
続きを読む
2018年06月21日(木) No.4120 (未分類)

交通事故遺族の竹田さん講演



竹田さんが生徒たちに命の大切さを語った

 小野中(徳本正校長)で19日、別のことをしながら運転する「ながら運転」による交通事故で、娘を亡くした岐阜県の竹田直美さん(47)が講演した。竹田さんは「みんながルールを守れば悲しい思いはしなくてすむ。命を大切にしてほしい」と呼びかけた。
 グリーフサポートやまぐちといのちのミュージアムによる「いのちの授業」の一環。同校のランチルームに全校生徒64人が..
続きを読む
2018年06月20日(水) No.4119 (未分類)

県総合防災訓練に1700人



左・シェイクアウト訓練で身を屈める市民ら(潮彩市場)
右・溺れた人をボート救出する水難事故対応訓練(潮彩市場)

 大規模地震などに備える「県総合防災訓練」が17日、防府市と山口市で開催された。県内の消防や関係機関、市民など約1700人が参加し、水難事故や多重衝突事故の対応訓練などを実施した。
 防府市では、佐波川断層による大地震が発生し、最大震度6強を観測したなどと想定。訓練会場となっ..
続きを読む
2018年06月19日(火) No.4118 (未分類)

阿弥陀寺で花供養



感謝を込めて仏前に花を供える園児たち

 牟礼の阿弥陀寺で17日、26回目となるアジサイ祭り花供養・献花式(花供養あじさい会=佐戸レイ子代表=主催)が執り行われ、花の命や美しさに感謝した。この日は快晴だったこともあり、朝早くから夕方まで約3千人以上の参拝客が訪れ、見頃を迎えたアジサイを鑑賞したり、カメラに収めていたりした。アジサイ祭りは30日(土)まで。
 本堂で行われた花供養は、「風の会」に..
続きを読む
2018年06月18日(月) No.4117 (未分類)

練習に熱こめる防府グリークラブ



本番に向け防府教会で練習する団員ら

 男声合唱の防府グリークラブ(打道晋一団長)が24日(日)に戎町1丁目のアスピラートで、横浜国立大グリークラブOB合唱団と初のジョイントコンサートを行う。すでにチケットが完売するという期待の高まりも受けて、団員も熱をこめて切磋琢磨している。
 12日には約30人が防府基督教団防府教会(栄町1丁目)に集まり、「中也の四季」などを練習。厳かな雰囲気の中で、本番..
続きを読む
2018年06月15日(金) No.4116 (未分類)

牟礼小5年生 田植えに挑戦



水田に一列に並んだ児童たちが、苗を手植えしていった

 牟礼小(西岡尚校長)の5年83人が13日、学校近くの水田で、手植えによる田植えに挑んだ。機械がなかった時代の農作業を体験してもらおうと、牟礼郷土誌同好会が近隣農家と協力して毎年実施している。
 快晴の下、児童たちは素足になって水田に入ると、泥に足を取られながらも一列に並び、手には早苗を持って準備完了。同好会らの号令とともに、一斉に腰をか..
続きを読む
2018年06月14日(木) No.4115 (未分類)

セルビア大使秘書が佐波小で交流



民族衣装の長門ティアナさんが、児童らにセルビア語を教えた

 在日セルビア共和国大使館大使秘書の長門ティアナさん(41)が8日、佐波小を訪問し、授業参観をしたり、体育館でセルビアの紹介やセルビア語を教えて交流した。2020年東京五輪・パラの事前合宿で来防するセルビアに興味を持ってもらおうと、市がホストタウン推進事業として実施した。
 この日、民族衣装に身を包んだティアナさんは、体育館に集ま..
続きを読む
2018年06月13日(水) No.4114 (未分類)

「シックススターフィニッシャー」 世界6大マラソン走破の福元さん



6大会の開催地が刻まれたシックススターのメダルと、完走証を手にした福元さん。首には各大会で得たメダルも。

 牟礼在住の福元誠さん(63)がこのほど、世界6大マラソンを走破した「シックススターフィニッシャー」として名を刻んだ。6大会の完走証と記念のメダルを手にして「マラソンで大きな人生の楽しみを得た。シックススターのことをより広く知ってもらい、6大マラソンに挑戦してみたいという人が増えれば」..
続きを読む
2018年06月12日(火) No.4113 (未分類)

下右田遺跡で発掘調査説明会



奈良時代の建物の跡が確認された発掘現場で行われた説明会

 弥生時代から室町時代にかけての建物跡が数多く見つかっている下右田遺跡で第39次発掘調査が行われており、その成果を発表する現地説明会が10日、右田小南側の発掘現場で行われた。これまでの調査で、一帯には飛鳥時代から平安時代にかけて地方の行政機関「佐波郡」の役所があったと推定されていたが、新たに奈良時代の建物跡を確認。市教委文化財課は「規模..
続きを読む
2018年06月11日(月) No.4112 (未分類)