7月定例市議会の一般質問


防府天満宮で夏恒例「梅の土用干し」



梅の実がまんべんなく乾くよう作業するみこたち

 猛暑日が続く中、防府天満宮(鈴木宏明宮司)で「お福梅」の土用干しが17日から行われている。6月1日にあった行事「梅ちぎり」で収穫した梅を塩漬けにしたものを、晴天の日に干す作業を約1週間予定している。
 祭神である菅原道真が梅をこよなく愛したことにちなんで、防府天満宮境内には約1100本の梅の木が植えられている。今年は、昨年より100舛曚病..
続きを読む
2018年07月19日(木) No.4141 (未分類)

7月定例市議会の一般質問


モンロー高校生が市長表敬



モンロー市の高校生と池田市長(右)が歓談

 市の姉妹都市である米国ミシガン州モンロー市の高校生5人が、引率者2人とともに12日から防府市を訪れている。13日には市役所で池田豊市長を表敬訪問し、自己紹介やプレゼント交換を行った。
 モンロー市からの高校生受け入れは、防府市の青少年語学研修派遣事業の一環として行われており、今年で24回目。
 池田市長は高校生ら一人ひとりと握手を交わして「ようこ..
続きを読む
2018年07月18日(水) No.4139 (未分類)

7月定例市議会の一般質問


港まつり カッターレースで熱戦



一般の部で優勝した「SKY MT」の決勝戦

 「海の日」にちなみ、恒例の「防府港まつり」が15日、新築地町の道の駅潮彩市場防府周辺で開催された。21回目となるカッターレース大会には市内外の企業などから計33チーム(一般31、女子2)が出場。一般の部はマツダ防府工場の「SKY MT」、女子の部は「宇部カッタークラブ チーム女子KAI」がそれぞれ優勝した。
 快晴で朝から気温が30度を超える中、午前..
続きを読む
2018年07月17日(火) No.4137 (未分類)

航空自衛隊南基地 卒業式



731人が新たな門出を迎えた

 航空自衛隊防府南基地(基地司令=山本方之1等空佐)で12日、第13期自衛官候補生の卒業式が開かれた。全国から集まった731人(うち女性80人)が3ヶ月間の厳しい訓練を乗り越え、航空自衛官としての第一歩を踏み出した。これから2等空士として、全国各地の部隊や術科学校に配属される。
同基地によると、今回の卒業によって、航空自衛隊の女性自衛官の課程教育修了者が1万人..
続きを読む
2018年07月13日(金) No.4136 (未分類)

競輪場の改修工事完了 全国初「幸せますカラー」 



【左】バンクの内径走路にピンク色が走る
【右】市出身の選手たちも新バンクに太鼓判(ゴール前ステージ)

天神山そばの防府競輪場(国分寺町)で、老朽化していたバンク(コース)などの改修工事が完了した。市のブランド「幸せます」のイメージカラーに合わせて、最も内側にある内径走路などをピンク色に統一。333メートルのバンクをぐるりと彩った。
 内径走路は、レースでゴールした選手がクールダウン..
続きを読む
2018年07月12日(木) No.4135 (未分類)

丸久が市内初の厚労相認定



認定通知書を受け取った国分取締役(右)と金刺局長

 女性が活躍する企業を厚生労働相が認定する「えるぼし認定企業」に、防府市内から初めてスーパーの丸久(江泊、田中康男社長)が選ばれた。4年前から全社を挙げて女性が働きやすい職場環境づくりに取り組んでおり、パートから店長へといった形で管理職への登用を積極的に進めるなどしてきた成果が評価された。
 同認定制度は、2016年4月に施行された女性..
続きを読む
2018年07月11日(水) No.4134 (未分類)

「山頭火を囲む人々」始まる



山頭火に影響を与えた3人の作品が並ぶ

 山頭火ふるさと館(宮市町)の特別企画展「山頭火を囲む人々」が6日に始まった。市出身の自由律俳人・種田山頭火に影響を与えた師匠などを紹介する企画展で、直筆の俳句・葉書など15点を初公開した。10月8日(月・祝)まで。
 今回は、俳人・正岡子規の高弟で、「新傾向俳句」を生み出した河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)、山頭火の師で、「自由律俳句」を提唱した荻..
続きを読む
2018年07月10日(火) No.4133 (未分類)