イズミバレエが練習の成果披露



公会堂のステージでバレエを披露

 緑町の市公会堂で23日、「イズミバレエスタジオパフォーマンス2017」が開かれた。子供から大人までバレエの練習の成果を披露し、観客から舞台へ大きな拍手が贈られていた。
 右田のバレエ教室「イズミバレエスタジオ」(清家泉代表)によるもので、生徒34人が出演したほか、「OC BALLET ACADEMY」(山口市)の岡千容さんや、同教室生徒15人も賛助出演。ゲス..
続きを読む
2017年04月27日(木) No.3817 (未分類)

セルビア訪問団が帰国



訪問団とセルビアバレーボール協会関係者など

 16〜21日まで東欧のセルビア共和国を訪問していた松浦正人市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピックで、同国バレーボールチームが市内で事前合宿をすることで大筋合意したと発表した。正式な協定締結は7月ごろを予定している。
 防府市は、市内出身で駐セルビア大使を務めた長井忠さんが橋渡し役となって、昨年6月に同国バレーボールチームのホストタウン..
続きを読む
2017年04月26日(水) No.3816 (未分類)

春の幸せますフェスタを開催



防府天満宮参道の石段にお目見えした「幸せます」の花回廊

 今年で3回目となる「春の幸せますフェスタ」(防府商工会議所などでつくる実行委員会主催)が29日(土・祝)9時半〜16時まで、市中心部のJR防府駅〜銀座・天神商店街〜防府天満宮にかけての一帯で開催される。「幸せますウイーク」(5月7日まで)の一環。大型連休初日の防府の街で、威勢のいい「おんなみこし」や出店などさまざまなイベントが展開され..
続きを読む
2017年04月25日(火) No.3815 (未分類)

野島で学校・地域が合同で賑やかに汗流す



大漁旗のはためく下、児童生徒と教員らが「ソーラン節」を披露

 暖かな気候が防府市内を包む中、春の運動会シーズンが始まり、23日には野島で地域運動会、大道では地区体育祭が行われた。
 野島では野島小中学校(靄楙嗣盛残后砲離哀薀Ε鵐匹巴楼莟親芦颪開かれた。同校の児童生徒10人と、野島の住民数十人に加え、島外からの参加もあり、およそ150人が会場に集まり賑やかな1日となった。
 この日は雲一..
続きを読む
2017年04月24日(月) No.3814 (未分類)

県立美術館で「ジブリ・レイアウト展」開幕



左・式典では出席者らがテープカットで開幕をお祝い
右・レイアウト画が壁一面に並ぶ展示室も

 山口市の県立美術館で20日から「スタジオジブリ・レイアウト展」が始まった。「千と千尋の神隠し」などで知られるジブリ映画をはじめ、宮崎駿監督らが関わった全33作品のレイアウト画約1300点が公開され、初日から多くの人でにぎわった。6月18日(日)まで。
 同館でオープニング式典があった。村岡嗣政知事の..
続きを読む
2017年04月21日(金) No.3813 (未分類)

マツダ防府工場に38人 技能系新入社員の配属式



左・新入社員を代表して決意表明する岡村さん(左)
右・配属式後に記念撮影をする新入社員ら

 4月に自動車メーカー・マツダ(広島県府中町)に入社し、防府工場で勤務することになった高卒技能系新入社員38人(男性33人、女性5人)の配属式が19日、同工場西浦地区で開かれた。
 県内出身者が大半を占める新入社員1人1人の名前が読み上げられると、「はい」と大きな声で返事をして、その場に起立した。川上..
続きを読む
2017年04月20日(木) No.3812 (未分類)

剣道家パスカルさん誠英高剣道部と交流



パスカルさん、多和田さんを囲む誠英高剣道部員

 スイス生まれの剣道家パスカル・スティ・フェン・ホファさん(43)が誠英高剣道部顧問の多和田和郎さんと2015年から交流している関係で、21日まで同高剣道部の練習に参加、汗を流している。
 パスカルさんはイギリスのブライトン大で数学の教授をしているが、現在はアイスランドに単身赴任中。妻が防府市岸津出身でイギリスの日本大使館の元職員。今回、妻の帰..
続きを読む
2017年04月19日(水) No.3811 (未分類)

17日の市内、降雨84 爆弾低気圧で「春の嵐」



雨の中、傘をさして下校する高校生ら=防府駅みなとぐち付近、17日午後5時半ごろ

 急速に発達した低気圧(爆弾低気圧)の影響で、17日の市内は昼すぎから夕方にかけて強い雨となった。午後6時までの1時間に17世留量を観測。午後9時58分には14・6辰虜蚤臀峇嵒速を記録したほか、日中も4〜8旦瓩どが吹き、文字通り「春の嵐」となった。
 この日、市内では84世留が降り、4月の平年値(151・6澄..
続きを読む
2017年04月18日(火) No.3810 (未分類)

88升の「幸せ升みこし」お披露目



お披露目された「幸せ升みこし」

 29日(土・祝)の「春の幸せますフェスタ」(防府商工会議所などでつくる実行委員会主催)を前に、メーンイベントの一つとなる「おんなみこし連合渡御」で今年初めて参加する市内の企業・団体の女性有志が担ぐ88升の特注升を乗せた「幸せ升みこし」が14日、公開された。
 特注升は、幸せますグッズの升を作っている岐阜県の企業が作製。高さ35臓幅70造如∪橘未法峭せます」の..
続きを読む
2017年04月17日(月) No.3809 (未分類)

本橋そばの佐波川で堤防のシバザクラ見ごろ



 本橋町の佐波川左岸の堤防のり面にシバザクラが植えられ、見ごろを迎えている。濃いピンク色の鮮やかな「じゅうたん」が、堤防の上に植えられた散り始めたサクラとともに付近を散歩をする人たちの目を楽しませている。
 国と市が策定した「新橋地区かわまちづくり」計画に基づき、2015年度に本橋から下流に向けて1区画当たり約250平方叩閉垢橘50叩砲裡感莢茲里里衞未某∈呂靴拭今後、新橋にかけての6区画で..
続きを読む
2017年04月14日(金) No.3808 (未分類)

空自北基地で入隊式 66人がパイロットの道へ



航空学生らがパイロットへの第一歩を踏み出した

 航空自衛隊の防府北基地(基地司令=山頭彰1等空佐)で10日、第73期航空学生課程入隊式が行われた。競争率約27倍の難関を乗り越えた、全国各地の18歳〜21歳の66人(うち女性6人)が入隊し、パイロットへの第一歩を踏み出した。これから航空学生として2年間、座学や体力錬成などパイロットに必要な基礎教育を受ける。
 入隊式では航空幕僚監部の井筒俊司空将補か..
続きを読む
2017年04月13日(木) No.3807 (未分類)

空自南基地で候補生入隊式 795人が自衛官を目指す



正式な自衛官を目指して、南基地に795人が入隊した

 航空自衛隊の防府南基地(基地司令=山本方之1等空佐)で12日、第10期自衛官候補生課程入隊・入校式があった。全国各地の18歳〜26歳の795人(うち女性81人)が入隊。これから3ヶ月間にわたって自衛隊員としての基礎的知識や技能を学び、正式な航空自衛官を目指す。
 山本司令が「さまざまな状況、任務に対して結果の出せる隊員であってほしい。そのため..
続きを読む
2017年04月13日(木) No.3806 (未分類)

県立農大で入学式



入学式では、新入生1人1人の名前が呼ばれた

 県立農業大学校(牟礼)で11日、本年度の入学式があり、県内外から集まった18〜19歳の31人が将来の就農に向けた2年間の実習を前に決意を新たにした。
 式ではまず、コースごとに新入生1人1人の名前が呼ばれ、「はい」と返事をしてその場で起立。桑原恵利校長が「農業に対する夢と目標の実現に向け、初心を忘れず、有意義で充実した学生生活を送ってほしい」と式辞..
続きを読む
2017年04月12日(水) No.3805 (未分類)

市内公立中・高で入学式



左・拍手の中、緊張した面持ちで新入生が入場(華陽中)
右・新入生を代表して宣誓する大村君(右)


【華陽中学校 「3年間で多くのことを吸収して」】

市内の公立中・高で10日、入学式が挙行された。中学校は932人(男子455人、女子477人)、高校は680人(男子296人、女子384人)が新たな学び舎での生活を開始した。

 市立中11校で10日に入学式が行われ、計932人(男子..
続きを読む
2017年04月11日(火) No.3804 (未分類)

誠英高で入学式



新入生代表の眩卮波さんが宣誓した

 東三田尻の誠英高校(降矢順治校長)で10日、入学式が挙行された。市内外から男子119人、女子159人の計278人が入学し、新生活をスタートさせた。全校生徒数は男子282人、女子424人の計706人となった。
 式では、降矢校長が式辞で「学校生活の中で、建学の精神である『至誠一貫』をよく理解し、実践してほしい。そして、学校や自宅で主体的に意欲を持って学..
続きを読む
2017年04月11日(火) No.3803 (未分類)

「玉の祭」、参拝客でにぎわう



【左】眼鏡をおたき上げする神事。神職がたいまつで火をつける
【右】相撲の原点とされる「占手神事」の奉納もあった

 周防国一ノ宮・玉祖神社(大崎、氷室亘宮司)で9日、昭和の初めから続く春の大祭「玉の祭」が執り行われ、多くの参拝客でにぎわった。
 まず、本殿には氏子や地元の関係者らが集まり、商売繁盛や家内安全を祈願する祭典を挙行した。続いて、古い眼鏡を供養するおたき上げ神事。同神社が「三..
続きを読む
2017年04月10日(月) No.3802 (未分類)

国内最大のクルーズ船「飛鳥供廚初寄港



三田尻中関港に初寄港することが決まった「飛鳥供廖粉箙餽繊県観光政策課提供)

 わが国最大のクルーズ船として国内外で人気の高い豪華客船「飛鳥供廖複桔142邸砲、10月6日(金)に防府市の三田尻中関港へ初めて入港する。6日、県が発表した。同港へのクルーズ船の入港は、2016年1月の「にっぽん丸」以来となる。
 「飛鳥供廚脇本郵船(東京)の子会社が所有。1990年に別の船名で就航し、2..
続きを読む
2017年04月07日(金) No.3801 (未分類)

市内初ボルダリングスポット植松の「9A」



曲面が特徴的な壁を備えた「9A」

 市内では初となるボルダリングのスポット「9A(ナインエー)」が3月25日、植松207(フランスベッド山口営業所北側)にオープンした。さまざまなコースを用意しており、初心者や子供から上級者まで楽しめる。
 ボルダリングは、ホールドと呼ばれる人工の石などが配置された壁に、ロープを使わず手足を使ってよじ登る競技。ボルダリングを含むスポーツクライミングは、20..
続きを読む
2017年04月06日(木) No.3800 (未分類)

サクラの満開はいつ?



満開となった春日神社のハート型の「陽光桜」=4日午前11時20分ごろ

 下関地方気象台(下関市)は3月29日、サクラ(ソメイヨシノ)の開花を宣言した。平年より2日、昨年より1日遅い。一方、防府市内でも同27日の防府天満宮で花を咲かしているのが確認されたが、昨年より7日も遅い。花見のピークになるとみられていた週末の今月1〜2日には、市内のサクラの名所ではほとんど咲いていなくて肩透かしを食らった人も..
続きを読む
2017年04月05日(水) No.3799 (未分類)

2017年度がスタート 市役所、32人が入所



市役所では新入職員32人が入所

 市役所の入所式では3日、本年度の新規採用職員に松浦正人市長らから辞令が手渡された。新入職員は18歳から34歳までの32人(男性21人、女性11人)で、うち社会人経験者は10人。
 松浦市長は訓示で「まずは自己管理をして、1日1日を大切にしてほしい」と話した。市内出身で、服務の宣誓を行った収納課の河村直彦さん(24)は「日々成長できるよう一生懸命努力したい。市民に愛され..
続きを読む
2017年04月04日(火) No.3798 (未分類)

二輪のサクラ祭賑わう



防長民謡会のステージ

 桜が咲き始めた2日、多々良の佐波神社境内及び周辺で第111回佐波神社春季例大祭奉賛行事として今年で13回目を迎える『二輪のサクラ祭』が大村能章顕彰会(池永光男会長)主催で開かれた。協賛は多々良自治会、後援は市観光協会、市文化協会、協力は、防府菓子組合、防府外郎、防府酪農組合、いけなが、サウンドY。
 祭は大村能章顕彰碑・防府囃子歌碑前で献酒や献花、献歌が行われ、防..
続きを読む
2017年04月03日(月) No.3797 (未分類)