30日に「腰輪踊り」奈美の児童 練習に汗



宇佐八幡宮の参道で動き方などを確認する児童たち=26日午後6時10分

 市の無形民俗文化財に指定されている「腰輪踊り」が30日(日)、鈴屋の宇佐八幡宮(石村守宮司)で行われる秋の例大祭で奉納される。今年は奈美地区の小野小児童(2〜6年)12人が、9月上旬から伝承者たちの指導の下で練習に励んでいる。
 同踊りは室町時代の1493年、10代将軍の足利義稙が戦に敗れ、大内義興を頼って山口へ下り、再起を..
続きを読む
2018年09月27日(木) No.4193 (未分類)