下右田遺跡で発掘調査説明会



奈良時代の建物の跡が確認された発掘現場で行われた説明会

 弥生時代から室町時代にかけての建物跡が数多く見つかっている下右田遺跡で第39次発掘調査が行われており、その成果を発表する現地説明会が10日、右田小南側の発掘現場で行われた。これまでの調査で、一帯には飛鳥時代から平安時代にかけて地方の行政機関「佐波郡」の役所があったと推定されていたが、新たに奈良時代の建物跡を確認。市教委文化財課は「規模..
続きを読む
2018年06月11日(月) No.4112 (未分類)