障害者の雇用促進に向けて 市と商工会議所が連携へ



協定書を手にする松浦市長(右)と喜多村会頭

 市と防府商工会議所は4日、障害者の雇用の促進で連携するための協定を結んだ。障害者の実習受け入れ企業の拡大や助成金制度の説明会などを実施し、障害者が働きやすい環境作りを協力して進める。
 4月から民間企業の義務である障害者雇用の割合が2・2%に引き上げられる法改正を受けたもの。市によると、自治体と商工会議所が障害者雇用に関する協定を結ぶのは県..
続きを読む
2018年04月05日(木) No.4066 (未分類)