2基目のガントリークレーン



三田尻中関港で供用を開始した2基目のガントリークレーン

 県が三田尻中関港で整備を進めていた2基目のガントリークレーンが完成し、1日から供用が開始された。自動車部品などコンテナ貨物の旺盛な需要に対応。作業の効率化や20フィートコンテナ換算で年間約6万個の取扱量の増加などに期待がかかる。
 同クレーンは、レール上を横へ移動しながらコンテナを船に積み下ろしする。高さは最大で60叩長さは69叩..
続きを読む
2018年04月02日(月) No.4063 (未分類)