ふるさと館で企画展「山頭火とふるさと防府」



故郷に関する句や日記、葉書などを紹介している

 市出身の自由律俳人・種田山頭火を顕彰する「山頭火ふるさと館」(宮市町)で10日、企画展「山頭火とふるさと防府」が始まった。防府を出てからは再び住もうとしなかった山頭火がふるさとに抱いていた思いを、句や日記、葉書などを通して紹介する。5月6日(日)まで。
 展示されているのは、51歳で小郡に居候していた時に詠んだ直筆の短冊「雨ふるふるさとははた..
続きを読む
2018年03月13日(火) No.4049 (未分類)