「大人の古墳探検」初開催



左・車塚古墳の石室内で参加者に説明する平井さん(左)
右・鋳物師大師塚古墳を見学する参加者ら

 防府平野には、確認されているだけで約140基の古墳があるとされ、そのほとんどが6世紀以降に作られたとみられている。中には開発で原形をとどめていないものもあるが、43の古墳が現在も遺跡として残っている。有力者が埋葬された古墳は、石室の構造や石の種類などから、当時の政治の中心だった畿内や北部九州と..
続きを読む
2017年11月10日(金) No.3960 (未分類)