宇佐八幡宮のアサガオ生垣が咲く



 鈴屋の宇佐八幡宮の本殿前の参道で、アサガオの生垣が完成し、青や水色、赤紫色などの涼しげな花を咲かせている。6月に地元の小野保育園児10人が計30鉢のプランターに植えたものだ。
 生垣は、参道を挟んで2つ設置され、それぞれ約10メートル。並べられたプランターからしっかりとツルが伸び、青々とした生垣を作り上げている。見頃は今月下旬までという。
2017年08月18日(金) No.3896 (未分類)