国分寺のサルスベリ開花



赤や白の花が元気に咲き始めた

 国分寺町の周防国分寺(福山秀道住職)で、サルスベリが赤や白の花びらを咲かせ始め、参拝客らを楽しませている。3日現在で3分咲き。満開は8月中旬頃という。
 市や市観光協会が支援して平成17年に植樹した。本尊薬師寺如来の花とされ、福山住職は「お参りし、境内を散歩することで今生きているわたしたちの災いや厄をすべり落としてもらえれば。夏の暑い時期に一生懸命に咲く花..
続きを読む
2017年08月08日(火) No.3891 (未分類)