豪雨災害の窯元を遠方支援 東峰村の小石原焼を販売



小石原焼を持つ徳富さん

 7月5日に発生した豪雨災害によって、福岡県・東峰村の小石原焼の窯元が大きな被害に遭った。それを受けて、被災地でボランティア活動を行っていた徳富雅博さん(69・中泉町)が少しでも窯元の復旧を支援しようと、小石原焼の商品を預かり、市内で販売を始めた。
 湯飲みや茶碗、鉢、皿などの日用品およそ20点がある。1点1000円で、カンパも受け付ける。徳富さんが自宅などを訪問し..
続きを読む
2017年08月03日(木) No.3888 (未分類)