周防国衙跡で考古学体験



快晴の下、発掘作業に汗を流した参加者たち

 現在、発掘が進められている国衙の周防国衙跡で7月30日、「市民発掘体験!」が開催された。応募した参加者13人が約2メートル掘り下げられた発掘現場に足を踏み入れ、掘削などに挑戦。奈良時代の器の破片などを発見したりして、古代日本に思いをはせた。
 周防国衙跡は、奈良時代の律令制に関係する地方行政施設があったとされる遺跡。1937年に国史跡に指定、この..
続きを読む
2017年08月01日(火) No.3886 (未分類)