防府天満宮で「金鮎祭」



左・福山住職(左)から鈴木宮司に若鮎が手渡された
右・奉納された若鮎12尾


 アユ漁の豊漁と安全を祈願する「金鮎祭」が15日、防府天満宮(鈴木宏明宮司)で執り行われた。6月1日の佐波川でのアユ漁解禁を前にした恒例行事で、佐波川漁協など関係者約80人が出席。同漁協が14日、佐波川で特別に捕獲した若鮎12尾が奉納された。
 この祭は、天満宮の祭神・菅原道真が昌泰4年(901年)に防府へ立ち寄っ..
続きを読む
2016年05月16日(月) No.3552 (未分類)