富海でホタルを放流


ゲンジボタルの幼虫を放流する富海小児童ら(4日・富海新川)

 来年の再会を楽しみに富海地区の地域の人と小学生らが4日、ゲンジボタルの幼虫を同地区の新川に放流した。平成9年に設立された富海をホタルの里にする会(伊藤義登会長・会員31人)が毎年実施しているもので、同14年からは地元のホタルを捕獲し、富海公民館で産卵・飼育した幼虫を放流している。今年は約2000匹を同地区の東を流れる新川に放流し、約5..
続きを読む
2007年10月05日(金) No.378 ()