防府商業高校が天神まちかどフェスタ


クラスごとに販売実習に取り組む生徒ら(9月29日・銀座商店街)

 防府商業高校(山本信夫校長・生徒数476人)の「天神まちかどフェスタ」が9月29日、天神町銀座商店街とルルサス防府で開かれた。生徒全員が街に出て行う販売実習イベントで、今年で5回目の同フェスタはすっかり防府市の秋の恒例行事になっている。会場をルルサス防府まで広げたのは今年がはじめてで、商品の販売の他、アトラクションなどもあった。
2007年10月01日(月) No.374 ()

繁枝神社秋祭り賑わう


十二の舞(四ッ太刀)

 9月30日、大道の繁枝神社で秋季例祭が行われ、今年は3年に一度の郷土芸能「十二の舞」が十二の舞保存会によって奉納された。
 また下津令神楽保存会による代神楽(獅子舞)も奉納された。
 どちらも諸悪退散、五穀豊穣を祈る舞。
 十二の舞は名前の通り、^貎与棲據↓∧召良顱↓三方荒神、て鷽与棲據↓サ櫃良顱↓四ッ太刀、二人薙刀、┻瓦良顱↓一人薙刀、王子の舞、岩戸..
2007年10月01日(月) No.373 ()

宇佐八幡宮秋の例大祭


宇佐八幡宮名物の腰輪踊り

 22日、23日の両日、鈴屋の宇佐八幡宮で秋の例大祭が行なわれた。
 22日17時半から前夜祭のカラオケ大会、23日11時から社殿で例大祭、社殿前の広場で、5百年の歴史のある名物の腰輪踊りが、地元の小野小学校児童により、華やかに披露された。
 腰輪踊りの後、餅まき大会、子どもみこしも町内を練り歩いた。
 境内では豪華景品の当たる福みくじ、苗もの、花木、鉢物などの出店もあり..
2007年10月01日(月) No.372 ()

ふるさとひとまわり有線放送登録曲へ


「ふるさとひとまわり」を熱唱する三田尻雑歌団

 昭和48年に発足した防府フォーク村のOBで結成した三田尻雑歌団(藤村敏リーダー)が、フォーク村時代の昭和52年に、ふるさと賛歌のご当地ソングとして発表した「ふるさとひとまわり」は、「この町に生まれてよかった、僕の想い出がそばにある」のイントロで、「大平山から天神様へ、右田岳から佐波川まで」で始まる、郷土愛の溢れるふるさとソング。
 8月に市内のF..
2007年10月01日(月) No.371 ()