市内巡るはぐれサル 山口市秋穂に去る?


大道公民館で目撃されたサル(14日、読者提供)

 市内では6月から、野生のサルの目撃情報が相次いだ。
 群からはぐれた1匹の小柄なサルと見られており、市農林水産課によると、最初は富海、その後は桑山中グラウンドや向島、華城、中関、牟礼など約3カ月にわたって市内各地で姿を見せた。14日には大道公民館周辺に出現し、フェンスをよじのぼったりした。その後、山口市秋穂方面に去ったとみられる。この間のサルによる人的被害などは報告されていない。
 市内の住宅地に野生のサルが紛れ込んだのは珍しいという。同課では再び戻ってくる可能性もあるとして、「見かけても近づいたり、目を合わせり、大きな声を出したりせず、落ち着いて行動してほしい」と呼びかけている。
2018年09月19日(水) No.4188 (未分類)

No. PASS