「恋人ベンチ」大平山山頂に



左・恋人ベンチの正面(市提供)
中・ベンチに座って見える見晴らしの良さも魅力(市提供)
右・贈呈式に出席した池田市長(右)と長野社長

 牟礼の大平山山頂公園の展望台跡地に、大きなピンク色のハートをデザインした「恋人ベンチ」が設置されている。毎年、市内小学校に遊具を贈っている新橋町の建設企業・NACが市に寄贈したもので、市では新たな観光スポットの誕生に期待を寄せている。
 同社によると、ネット上で発見した「大平山山頂で告白すると100%成功する」という都市伝説にあやかって企画したもの。ベンチの腰掛け部分を「くの字」に曲げ、2人で座るとお互いが近づくような仕掛けを作ったほか、背景になるピンク色の大きなハートは、SNSのインスタグラムなどへの写真投稿に映えるという。さらに、座った時の見晴らしの良さも思い出づくりに一役買うと力を込める。
 同社がデザインしたベンチを、岡山県の遊具メーカーに依頼して製作した。材質は合成木材やスチールなどで、大きさは、座面までの高さ40センチ、横幅150センチ。
 12日に同社の長野猛社長らが池田豊市長を訪問し、目録を贈呈した。感謝状を手渡した池田市長は「恋人が一緒に座ればうまくいくというような観光の目玉になって、1人でも多くの人に来てもらえれば」と喜びを語った。
 長野社長らは「インスタ映えするような景色がよいところ。恋人や夫婦だけでなく、子供たちの姿なども写真に撮ってもらえれば」と話していた。
2018年09月18日(火) No.4187 (未分類)

No. PASS