防府天満宮の節分祭にぎわう



「鬼は外!福は牛!」が響いた春風楼

防府天満宮(鈴木宏明宮司)の節分祭「牛替神事」が2日と3日の両日に執り行われた。今年の干支である戌年生まれの年男・年女による「開運招福豆まき」、生きた牛が当たる「開運招福お鬮上げ」の当選番号発表などがあり、多くの参拝者でにぎわった。今年で107回目。
 豆まきは、春風楼前で3日午後から3回行われた。袴姿の奉仕者の年男・年女37人と、ちょるる、ぶっちー、くまモンなどのゆるキャラが参加。「鬼は外! 福は牛!」と声を上げ、参拝客で埋め尽くされた会場に向かって豆の入った袋を3万個ほど投げた。
豆まき奉仕者最年長の上野雅也さん(84)は「天気も良く、すがすがしい気持ちで豆を投げられた。この歳まで生きてこられたことに感謝したい」と話していた。
 18時からは、本殿でお鬮上げの当選番号の抽選があった。今年の「裸坊祭」で神牛役になる牡牛は「い組000337」、牝牛の当選番号は「ち組003304」となり、そのほか約4千点の当選品の番号が決まった。
 また、境内では神牛が披露され注目を集めたほか、この両日で牛替券を番号券にする引換所に行列ができた。景品引き換え期間は、10日(土)までの各日9時〜17時となっている。
2018年02月05日(月) No.4020 (未分類)

No. PASS