重要文化財の消防訓練



一斉放水の様子

 多々良1丁目の毛利氏邸で1月28日、消防や毛利氏邸の関係者ら約60人・消防車9台・救急車1台が参加し、重要文化財消防訓練があった。同所では5年ぶりの実施。
 この訓練は同26日の文化財防火デーに合わせ毎年この時期に市消防本部などが行っている。文化財防火デーは昭和24年1月26日奈良・法隆寺金堂の火災をきっかけに昭和30年に制定され、文化財を多く所蔵する寺社や施設で、全国的に文化財消防運動が展開されている。
 訓練は毛利氏邸事務室から出火。北側と東側へ延焼という想定で行われた。119番通報の後に水消火器を使っての初期消火、通報で駆けつけた市消防署や消防団の消火に引き継がれ、観覧者の避難誘導、逃げ遅れた負傷者救助や消火活動が展開された。
 講評では田中博士消防署長と兄部純一毛利報公会常務理事が、文化財保護の重要性と普段からのの防火意識高揚、協力体制の確立を訴え、今後の協力をお願いしていた。
2018年01月31日(水) No.4017 (未分類)

No. PASS