サントリーサンバーズの合宿最終日 バレーボール教室



中学生らを対象にしたバレー教室の様子

 浜方のソルトアリーナ防府で2日〜7日、社会人バレーボールチーム・サントリーサンバーズの合宿が行われた。最終日の7日にはトップアスリートバレーボール教室が開かれ、同チームの選手が市内の男子中学バレー部や男女バレースポツ少年団員ら約160人にポジション別で指導を行なった。
 サントリーサンバーズには、大道中出身の藤中謙也選手が在籍。昨年のV・プレミアリーグでは男子最優秀新人賞に輝いており、鋭いプレーを子どもたちの前で披露した。
 主催した防府市体育協会の澤田健規会長は「子どもたちにとってはいい経験になったのでは。Vリーグ公式戦の誘致に動いたが、観客席の収容人員の問題で頓挫。東京五輪でのセルビアバレーボールチーム受け入れもあり、今後さまざまなスポーツの合宿を誘致していきたい」と話していた。
2017年10月12日(木) No.3939 (未分類)

No. PASS