2017年度がスタート 市役所、32人が入所



市役所では新入職員32人が入所

 市役所の入所式では3日、本年度の新規採用職員に松浦正人市長らから辞令が手渡された。新入職員は18歳から34歳までの32人(男性21人、女性11人)で、うち社会人経験者は10人。
 松浦市長は訓示で「まずは自己管理をして、1日1日を大切にしてほしい」と話した。市内出身で、服務の宣誓を行った収納課の河村直彦さん(24)は「日々成長できるよう一生懸命努力したい。市民に愛される公務員を目指します」と決意を語った。
 午後に課長級以上の職員約100人を前にした訓示で、松浦市長は「市民の視点に立った行政を実践してほしい」と呼び掛けた。
2017年04月04日(火) No.3798 (未分類)

No. PASS