市生涯学習フェス開催



左・「まちの達人」の表彰式の様子
右・ものづくり体験をする子どもら

 日ごろの学習や練習の成果を発表する市生涯学習フェスティバル(市生涯学習推進協議会など主催)が12日、ルルサス防府(栄町)とアスピラート(戎町)で開催された。本年度のテーマは「温故知新〜今までの防府を知り、これからの防府を作る〜」をテーマに、ステージ発表やものづくり体験など、さまざまなコーナーが展開され、多くの来場者でにぎわった。
 ルルサス防府のわっしょい広場に設けられたステージでは、14個人・団体がギターや太鼓、バンドの演奏、フラダンスやソシアルダンス、きものファッションショーなどを披露。多目的ホールや研修室では、押し花作りや工作・折り紙教室、絵本の読み聞かせ、笑いヨガ、木彫りの展示といった催しが繰り広げられ、親子連れや高齢者を中心に体験をしていた。アスピラートでは、文化センター市民教養講座の受講者による作品展もあった。
 また、正午すぎからはセレモニーがあり、ボランティア講師として活躍した4個人1団体が「まちの達人」として、同協議会(本部長・松浦正人市長)から表彰されたほか、合唱組曲「佐波川」を歌う会が歌声を響かせた。
  ◇  ◇  ◇
 表彰者は、次の通り。(敬称略)
 ほほえみ賞(講師派遣・開講回数10回)=林洋子(生活文化=フラワーアレンジメント、茶道裏千家)▽同=森本康子(健康管理=笑いヨガ)▽同=内田みさ保(スポーツ・レクリエーション、バウンドテニス)▽ふれあい賞(同50回)=田秀子(洋楽・邦楽、コーラス)▽うるおい賞(同30回)=さざなみ21(舞踊・演劇、朗読劇)
2017年03月14日(火) No.3782 (未分類)

No. PASS