防府地区防犯対策協議会通常総会


左・防犯功労団体で三田尻局の内パトロール隊が表彰され、代表して田中さん(左)に表彰状が手渡された右・防犯功労者では6個人に表彰状

 防府警察署(山下和男署長)で10日に防府地区防犯対策協議会(会長:松浦正人市長)の通常総会が開かれた。議事に加えて防府地区防犯対策協議会長と防府警察署の連盟表彰が行われ、1団体と6個人が松浦会長から表彰状を手渡された。
 山下署長はあいさつで、今年4月末現在の同署管内刑法犯認知件数が234件と昨年同期と比べ24%減少していることを挙げ、「ひとえに皆様の活動の賜物」と謝辞を述べた。ただ、肌で感じる治安の改善には十分でないとして、街頭活動や広報など、引き続き地域の防犯力向上へ取り組んでいくことが示された。
 議事においては、平成25年度の事業報告と決算報告、平成26年度の事業計画案と収支予算案、役員の改正案が示され、いずれも承認された。会長は引き続き松浦市長、副会長は市自治会連合会の廣石聖会長と防府地区防犯連絡所指導員協議会の冨永幹夫会長が務める。
 この度の表彰者は以下の通り(敬称略)。
【防犯功労団体】▽三田尻局の内パトロール隊(代表者:田中弘道)
【防犯功労者】▽吉川弘(防犯連絡所指導員・中関)▽小松圭次(同・新田)▽吉次憲夫(同・華城)▽木本千恵子(少年相談員・佐波)▽門田美和子(同・右田)▽弘瀬利雄(防犯ボランティア・新田)   
2014年06月11日(水) No.3044 (未分類)

No. PASS