世界スカウトの大会に向けてPR開始 山口まるごとジャンボリー


左・世界スカウトジャンボリーオフィシャルサポーターに就任したちょるると山口活性学園が村岡知事に報告 右・ジャンボリー応援ソングを披露

 県庁で12日、「山口まるごとジャンボリー!」キャンペーンの開始式が開かれ、防府市に本拠を置くアイドル「山口活性学園」や、山口県PR本部長の「ちょるる」がキャンペーンに参加した。
 このキャンペーンは、平成27年夏に山口市阿知須「きらら浜」で予定されている世界のスカウトの大会「世界スカウトジャンボリー」の全県的な周知や機運醸成を図るため実施されるもの。同大会には世界162の国と地域から約3万人の青少年が集まり、体験・交流する。
 山口活性学園とちょるるは、(公財)ボーイスカウト日本連盟がジャンボリーのPR活動を推進するため任命した「世界スカウトジャンボリーオフィシャルサポーター」に就任。この日は山口活性学園のメンバー5人が村岡政嗣知事に就任の報告を行った。
 村岡知事は「日本中はもちろん、世界中から注目される機会。我々はもちろん、皆さんと頑張っていきたい」とPRへの期待を込めて話した。
 知事への報告に続いて、旧県会議事堂においてはキャンペーン開始式が行われ、キャンペーンで使用されるパネルの除幕や、グローバルチャレンジ宣言などが行われた。
 グローバルチャレンジ宣言は、世界スカウトジャンボリーを契機に、語学や国際理解に取り組んでいこうというキャンぺーンの一環で、ちょるると山口活性学園がそれぞれの目標を発表。ちょるるは「ジャンボリーで、世界中のスカウトとお友だちになる」といい、山口活性学園は、リーダーのYulyさんが「英語でパフォーマンスできるようになりたい」、防府市出身の常岡もいさんが「韓国語でもっと会話できるようになりたい」と宣言した。
 その後ジャンボリーの応援ソング「9Days Jumping」を山口活性学園が披露し、開催への雰囲気を盛り上げた。
 なお、グローバルチャレンジ宣言は、ホームページ(http://www.gc-yamaguchi.com)で県民からの目標を募集している。宣言の内容はホームページで公開されるほか、抽選でジャンボリーグッズのプレゼントもあるという。
2014年05月13日(火) No.3022 (未分類)

No. PASS