平成25年消防出初式


左・永田消防長式辞 右・幼年消防クラブの行進

 防府市消防本部(永田眞消防長)による平成25年度「消防出初式」が5日、緑町の公会堂とその周辺で開催され、消防職員や消防団員、幼年消防クラブの園児たちなど約700人が参加。観閲行進や救助訓練の展示、一斉放水は多くの観客で賑わった。
 式典には消防職員や団員などが出席。国歌斉唱、松浦正人市長が「昨年の防府市では大きな災害は無かったが、引き続き官民が協力し、災害の無い平穏な一年であってほしい」と式辞。
 永田消防長の告示、渡辺睦政消防団長の訓辞に続いて山口県消防協会長表彰・市長感謝状・消防団長表彰が行われ、功労者や永年勤続者計73人と1団体の表彰が行われた。
 また、県知事、県消防協会長の祝辞が代読された他、行重延昭市議会議長、有馬玄二防府警察署長、桝屋敬悟衆議院議員が祝辞を述べた。
 式典終了後、会場を公会堂西側道路に移して観閲行進が行われ、多くの市民が見守るなか、華城幼稚園・右田保育園・双葉幼稚園・玉祖幼稚園・玉祖保育園・牟礼保育園・東牟礼保育園の7園から参加の幼年消防団の幼・保育園児約260人を先頭に、消防署員や団員、消防自動車が堂々の行進を披露した。
 行進の後には公会堂西側駐車場で救助活動展示が開催。ビルの上に取り残された人をロープを使って救助するという想定で行われた。
 最後に公会堂噴水で一斉放水が行われ、真上に吹きあがる水柱に歓声と拍手が上がった。
2013年01月07日(月) No.2634 (未分類)

No. PASS