防府市文化協会による文化振興奨励賞4個人・2団体に決定


山本歩さんが手がけた周防国分寺聖天堂

 防府市文化協会による平成24年度防府市文化協会文化振興奨励賞の表彰者4個人・2団体が決定した。表彰式は22日(金)13時から防府市文化福祉会館3階4号大会議室で開催の同協会第14回総会の席で行われる。表彰者次の通り(敬称略)。
[個人の部]
▽山本歩(56歳)美術(木彫):全国で唯一といわれる女性社寺建築彫刻師として、各地域の神社仏閣の彫刻に携わり貢献している。‥租文化を継承する彫刻師として、伊藤博文公記念館(県重要文化財)再建に関わる彫刻、周防国分寺聖天堂の建築彫刻全般を制作。個人の技術向上を図る作品として、1999年第6回木彫りフォークアートおおや伊藤文化財銀賞受賞、2001年第22回九州新工芸展鹿児島県教育委員会賞、2011年日本新工芸展奨励賞受賞。8民館の講座・サークル活動を27年間続ける。
▽眇三千恵(72歳)美術(染織工芸):防府市美術連盟理事。防府市工芸染色部門で積極的に指導、後進のアドバイザーとして活躍。平成元年に飴村秀子さんに師事。平成3年に日本現代工芸美術展初入選。平成4年に現代工芸中国会展奨励賞受賞。平成5年に同展山口県教育長賞受賞。平成11年に同展山口県会議長賞受賞。平成16年に周南市郷土美術博物館尾崎正章記念館で個展。現在、日本現代工芸美術家協会本会員、日本現代工芸中国会常任委員。
▽中野光栄(84歳)文芸(短歌):長年短歌の創作に励み、会の主要役員として尽力。現在、防府市民短歌会の役員として短歌大会では選者を務めるなど活躍。昭和45年〜46年「あらつち」会員。昭和47年〜平成13年「山口県短歌会」会員。平成14年〜現在「華浦短歌会」会員。平成15年〜現在「日本歌人クラブ」会員。平成15年〜現在「防府市民短歌会」役員、「防府市民短歌大会」選者。毎日歌壇、毎日新聞主催短歌大会、防府合同短歌大会などで入選。合同歌集「華浦」現代万葉集(日本歌人クラブ)に作品掲載。防府市民短歌会役員、防府市民短歌大会選者として市民文化向上に尽力。
▽杉山玲子(79歳)生活文化(華道):長年にわたり現代的ないけばなを地域に広め、公共施設で活躍。平成9年草月流一級師範理事。平成17年防府市民教養講座10年以上。平成23年草月会山口県支部において受賞。平成7年から16年間大道公民館華道講師および文化福祉会館講師のちにサークル講師として活躍。平成16年から7年間、こどもいけばな教室を実施。防府日韓親善文化交流芸術展で15回出展。防府市文化祭華道展に他数出品。
[団体の部]
鴻峯吟詠防府朗吟会(代表:金石拓夫)邦楽:昭和42年4月に宗家(本部)を山口市に置き、県内各地に支部を設けて活発に活動している吟詠の団体。防府市では昭和42年に防府朗吟会として発足。防府市の吟詠団体として最も古く、多くの会員を有する団体。市内の公民館等を中心に各地区で研鑽に励む傍ら、地域文化の振興発展に尽力。地域行事への参加、施設慰問も実施し評価されている。会のモットーは「吟道は人道なり」。詩吟連合会では裏方的役割を進んで引き受け、行事の円滑化に多大の功績。文化協会の行事などにも協力的。
▽中関小学校吹奏楽部(校長:中野政彦)音楽:平成5年4月設立。全国学校合奏コンクールに出場し、山口県大会で最優秀賞、中国地区大会で最優秀賞となり、中国地区代表に。各地区から提出されたテープ審査で第50回全国学校合奏コンクール全国大会最優秀賞を受賞。全日本小学校バンドフェスティバル山口県大会で金賞、コンクール特賞、中国地区大会で金賞、グッドサウンド賞となり、全国大会出場への推薦を受けた。第30回全日本小学校バンドフェスティバル全国大会では金賞を受賞。
      (縄田陽介)
2012年06月20日(水) No.2473 (未分類)

No. PASS