佐波川本橋河川敷で灯籠流し


初盆の近親者のめい福を祈る

 16日18時から、佐波川本橋の河川敷で恒例の防府市仏教団(林寛孝団長)、佐波川漁業組合(清水玉夫組合長)共催でお盆恒例30年余、継続されている「平成23年灯籠流し」が盛大に開催された。
 18時半から防府吹奏楽団の奉納演奏が行なわれ、中島みゆきの「時代」などを演奏した。
 19時から林団長や松浦市長の挨拶があり、参列した2000人の人達が参拝するなか、初盆や先祖慰霊、東日本大震災で亡くなった方への慰霊、鮎供養の法要が行なわれた。
 19時半から、1800余の思いを込めた灯籠が蛍川に流され、本橋上から眺めると光の帯のように見えた。フィナーレには大花火も打ち上げられていた
2011年08月17日(水) No.2196 (未分類)

No. PASS