蟷依Г高齢者の運転卒業者サポート制度に協力


協定書に調印した綾目社長と古川防府署長、林山口署長ら

 運転免許を自主返納した高齢ドライバーに交付される「運転卒業者サポート手帳」を持つ人に支援を行う協賛企業にこのほど駅南町の株式会社三友(藤元正邦会長)が加わることになり、13日に防府警察署で協定書調印式が行われた。支援内容は三友がNTTドコモの代理店として運営している「ドコモショップ」防府店・ロックシティ防府店・ゆめタウン山口店とドコモ携帯ショップゆめタウン防府店で手帳を提示した本人とその家族に対して携帯電話購入代金の1000円割引を行うというもの。13日から既に実施されている。
 この日は防府警察署署長室に綾目義一社長が訪れ、防府警察署の古川眞平署長と山口警察署の林正樹署長が応対。綾目社長と古川署長の間で協定書の署名・調印と交換が行われ、協賛支援証も交付された。綾目社長は「昭和40年代からガードレール、ミラー、白線などを扱っており、交通安全に少しでもお役に立てれば」と話していた。松浦市長も「市民にあらゆる機会とらまえて広報していきたい」とあいさつした。
 県警では交通事故の発生件数や死傷者に高齢者の占める割合が高いことから、高齢ドライバーの事故防止対策として運転免許証の自主返納者に各種特典がある「運転卒業証」制度を一昨年11月1日から始めた。防府署管内では8月末現在323人が返納、うち197人が手帳交付を受けた。山口署管内では268人が返納、160人が交付を受けている。
 市内ではこうした支援サービスが11組織により13用意されており、日の丸・防府構内・防府山電・周防・日名内・三田尻・湯田都・SDSチャレンジャーの8タクシー事業者が料金1割引、玉泉湖温泉入浴料割引(840円→630円)、住民基本台帳カード発行手数料(500円)の無料化や、三田尻塩田記念産業公園入園料と防府市青少年科学館ソラール観覧料割引(300円→200円)などの特典がある。
2010年09月15日(水) No.1698 (未分類)

No. PASS