螢┘皀帆藁50年目


防府駅前アスピラート

 浜方の螢┘皀箸肋赦35年(1960)4月6日、高倉で江本建設蠅箸靴特太検第一次石油危機など過酷な試練を受けながら、昨年4月新体制の下、再出発し、社員・スタッフ一体となって社業推進、創立半世紀を迎えた。
 同社は1961年、将来を見越した建築鉄骨の加工の鉄工部門を設置、昭和49年(1974)1月、本社、工場を鶴浜鉄工団地に移転、昭和52年に蠹豕鐵骨橋梁製作所(現株式会社東京鐵骨橋梁)と技術提携、橋梁製作を開始した。
 昭和54年(1979)に工場増設、敷地は12万屐■核トン級の大型船が横付け可能な中関港に隣接、2000トンの巨大鉄骨を工場から直接積み込まれる特色を活かし、安全、しかも経済的に、大型鋼構造物、橋梁などを日本はもとより世界各地に届けている。
 1991年10月、螢┘皀箸房厂省儿后
 これまでの主要鉄骨工事としては、みなとみらい21・横浜ランドマークタワー、東京国際フォーラム、横浜大桟橋国際客船ターミナル、東京ミッドタウン。
 主要橋梁工事では、明石海峡大橋、北備讃瀬戸大橋、因島大橋など。
 役員は次のとおり
      敬称略
▽代表取締役社長
       加藤 裕
▽常務取締役
 営業本部長 竹山信夫
▽常務取締役
 管理本部長 宗内文彦
▽常務取締役
 生産本部長 豊田正作
▽取締役生産本部
 副本部長  小薄和夫
▽取締役営業本部
 副本部長  半田勝秋
▽監査役   太丸康夫
2010年04月05日(月) No.1475 (未分類)

No. PASS