市議会一般質問


【大田雄二郎議員】
(朋政会)
〇塞愎猷平契澆醗綮佞料員。豪雨災害義援金配分対象拡大、地籍調査事業は被災地を最優先に。ハザードマップの早期配布を。人丸橋と大崎第2橋の緊急安全対策。
▽松浦市長=々颪ら意見求められ、医師確保と周産期センターの充実を要望、防府健康福祉センターが取りまとめ、送られた。市単独の取り組みも含め検討するほか、国県に要望。意見踏まえ次回配分検討委員会で検討頂く。災害で地籍調査事業の有用性再認識、復興後行う。ハザードマップは土砂災害については地形図に避難路追加し今年度中に作成、佐波川洪水については来年度委員会を設置し更新。
▽阿部土木都市建設部長=この2橋について早急な補修必要と判定され、来年度応急補修。
【藤本和久議員】
(民主・連合の会)
^汰瓦悗亮茲蠢箸濛寮について、総括的に各部門を見る人が必要。地球温暖化対策地域推進計画の策定が遅れているのは専任職員がいないから。京都市には4人いる。商店街アーケードの安全は誰の管理責任下でどのように行われているか。
▽松浦市長=一人は配置しなければならない時代になったのかなと。職員全体のレベルアップも図る。
▽嘉村副市長=)菁6月に施設の安全確認指示し、事故のニュース出た場合も点検を指示。ご指摘、防災危機管理課の職務に加えたい。
▽阿部産業振興部長=E型青銀座商店街振興組合が管理。昭和41年、55年、平成5年に改修。美観維持、清掃、補修が行われている。行政も立入検査や補助も。
【原田洋介議員】
(息吹)
々埓改革について、市民サービスがよくなったという話を市民から聞かない。行政改革委員会を傍聴した人から「これは決まっているんですよね」という言葉が出たり、会議が1時間で終わったなどの声を聞いている。事業仕分けの取り組みについてどう考えているか。
▽松浦市長=々埓改革によって学校給食センター建設、毎年の屋外運動場の改修などができた。
▽浅田総務部長=”ずしも削減、カットが目的ではない。行政改革で市役所内で決められることは決めていくが、市民生活への影響が大きな所は行政改革委員会に諮る。
▽吉村財務部長=|算間での仕分け、明確な基準がないなどの問題もあり、事業の評価については見極めながら対応していきたい。
2009年12月14日(月) No.1347 (未分類)

No. PASS