第42回県母のコーラスフェスティバル


サルビアコール合唱風景

 18日、防府市公会堂で第3回山口県総合芸術文化祭・第42回山口県母のコーラスフェスティバル「いつまでも残したい・伝えたいうた」(田村陽子実行委員長)が、県内34団体700余名が参加、盛大に開催された。
 開会式には主催の県母の合唱連盟田中敏夫会長、県知事(代理・中馬好行課長)、防府市長(代理岡田教育長)が祝辞、前会長の砂田担氏も駆けつけ挨拶した。
 プログラム「紅葉」の全員合唱でスタート、萩市の「コールさわらび」の童謡メドレーから、宇部市の女性合唱「花音」の「ラシーヌの雅歌」まで14グループが午前の部。
 午後は全員で「大地讃歌」合唱、防府市のサルビアコール(指揮河村京子さん・ピアノ山本希さん)の「美しいあしたを」ほか、最終グループ34番目に防府女性「遥」(指揮中島俊泰さん・ピアノ山根浩志さん)の「そっと届いた愛のうた」合唱。
 閉会式で田村陽子実行委員長が「7月21日の未曾有の豪雨被害はまだ完全復興となっていませんが、今日一日は澄み切った青空、サルビアコールと遥全員がスタッフとしてつとめ、無事終了喜んでいる」と挨拶。全員で「夕焼け」の大合唱で大会を終えた。
2009年10月19日(月) No.1257 (未分類)

No. PASS