第65回市民陸上競技選手権大会


選手宣誓を行う西高の大谷和也さん

 第65回市民陸上競技選手権大会(防府市陸上競技協会主催)が12日、浜方の防府市陸上競技場で開催された。この日は朝から雨の降るあいにくの天候だったが、小学生から一般までの260人が参加し、トラック競技とフィールド競技の16種目で日頃の練習の成果を競い合った。(成績後号)
 同大会は広く陸上競技の普及振興を図り、明るく健やかな市民の育成とスポーツ精神の高揚に資するという趣旨で、防府市教育委員会、防府市体育協会の後援で開催されている。市内に在住・在勤・在学している人が参加でき、今回の参加者の内訳は小学生24人(男子14人・女子10人)▽中学生93人(男子58人・女子35人)▽高校生114人(男子76人・女子38人)▽一般29人(男子25人・女子4人)だった。
 雨のため玄関ロビーで行われた開会式でははじめに、前回大会のリレーで優勝した大道小学校男女と国府中学校男女が優勝杯を返還し、レプリカが贈られた。
 続いて大会会長の防府市陸上競技協会・行重延昭会長が「歴史のある大会で、多くの選手が活躍している。日本陸上競技規則に則った公式記録になる大会。日頃の力を発揮して頑張ってほしい」とあいさつ。岡田利雄教育長も「記録に挑戦してほしい。この中から2年先の山口国体へ出場する選手が出ることを願っている。また、元気なまちづくりの一助となるよう頑張ってほしい」と激励のことばを述べた。
 最後に選手を代表して防府西高校3年の大谷和也さんが選手宣誓を行い、健闘を誓った。
 競技はトラックの100m・200m・400m・800m・1000m・1500m・3000m・5000mと4×100mリレー・4×400mリレー、フィールドの走幅跳・走高跳・三段跳・砲丸投・円盤投・やり投が行われた。
2009年09月14日(月) No.1212 (未分類)

No. PASS