はんが甲子園に出場


 21日から新潟県佐渡市で開かれる第7回はんが甲子園に防府商業高校の3人が出場する。
 出場するのは大村聡美さん、齋藤彩圭さん、中村凌太さんの3人。
 予選には全国から45校が応募。本選にはそのうち14校が勝ち残った。
 競技は3人共同で「佐渡」をテーマに1作品を制作する。22〜24日に取材と制作を行う。
 防府商業高校美術部は現在1〜2年生15人が在籍。予選には3チーム出場、1チームが本選に進んだ。この大会は3年前に本選に出場し全国3位に相当する佐渡版画村賞を受賞している。
 選手の大村さんは「賞に入れるようがんばりたい」、中村さんは「納得の行くものが作れて優勝できれば」、齋藤さんは「佐渡の魅力をうまく表現したい」と抱負を語った。監督の岡村泰子先生や引率の岩本和江先生は前回以上の成績を目指し「大丈夫でしょう」と生徒の実力に信頼を寄せている。 

予選の作品を手にする3人
2007年03月12日(月) No.145 ()

No. PASS