食育ミニ交流会を開催


 防府市ファミリーサポートセンター主催の会員対象ミニ交流会が25、26日、ルルサス防府2階のフードスタジオで開催された。
 山口農政事務職員を講師に「食育について」学んだ。もみを脱穀して玄米にし、さらに精米して白米になる過程を親子で一緒に体験した。さらに山口県統一ブランド米「きら星」を使ったおむすびを作って試食した。
 山口県おこめ流通協議会(5卸業者・全農で組織)提供のきら星はヒノヒカリとひとめぼれのブレンド米。地元産米をどんどん食べてもらおうと企画された。
 食育ミニ交流会は今年度3回目。今回、両日ともに30人以上の参加があった。

きら星おむすびを試食
2007年03月01日(木) No.131 ()

No. PASS